命の温もり

命の温もり

  • 依頼主 :ブリクト(イシュガルド:下層 X13-Y12)
  • 受注条件:レベル50~
  • 概要  :雲霧街のブリクトは、薪を探しているようだ。

ブリクト
「冒険者よ、手を貸してほしい。
 見てのとおり、傷ついた者たちが多くての・・・・・・。
 なんとかしてやりたいが、手が足りん。
 皆、ドラゴン族の襲撃でやられてしまったのだが、
 あまりの寒さに、怪我の回復を待たず亡くなってしまう。
 「神殿騎士団本部」の「ヴァンカネー」殿に窮状を訴えて、
 火をたくための薪をもらってきてくれぬか?
 よろしく頼む。」
ヴァンカネーと話す
ヴァンカネー
「む、いったい何の用だ?
 ・・・・・・なるほど、状況はわかった。
 しかし、薪とて貴重な物資である。
 簡単に譲れるものではないのだ。
 ただ、幸か不幸か、前回のドラゴン族の襲撃により、
 破壊された建物があったため廃材が出ている。
 わずかではあるが、薪として使うといいだろう。」
ブリクトに廃材の束を見せる
ブリクト
「「神殿騎士団本部」の「ヴァンカネー」殿に窮状を訴えて、
 火をたくための薪をもらってきてくれぬか?
 よろしく頼む。
 なんと、これほどの数の薪を・・・・・・ありがたい。
 凍えている住民に渡してやってくれんか。
 これで救われる者も多くいるはずだ。」
貧民に廃材の束を渡す
手足かじかむ貧民
「寒い・・・・・・もう、手も動かなくなっちゃう・・・・・・。」
(廃材の束を渡す)
手足かじかむ貧民
「これで暖を取れる・・・・・・。
 ありがとう! ありがとう!」
寒さに震える貧民
「くそ・・・・・・せめて最後くらい・・・・・・。」
(廃材の束を渡す)
寒さに震える貧民
「・・・・・・まさか夢か?
 願ったら、薪が届くなんて・・・・・・。
 ありがとう、恩人よ。」
凍えた様子の貧民
「寒いし・・・・・・もういいよね・・・・・・。」
(廃材の束を渡す)
凍えた様子の貧民
「私に生きろというのね・・・・・・わかったわ。
 本当にありがとう。」
オゾリーに廃材の束を渡す
オゾリー
「寒いよ・・・・・・寒いよぉ・・・・・・。」
(廃材の束を渡す)
オゾリー
「薪・・・・・・!? ありがとう!
 でも、私だけが暖をとるわけにはいかないよ・・・・・・。
 そうだ、その薪を全部ちょうだい!
 私が凍えた仲間に配るから!
 このあたりは、私のほうが詳しいからね!
 本当にありがとう!
 じゃあ、私、行くね!」
ブリクトに報告
ブリクト
「協力してくれてありがとう、本当に助かったぞ。
 さて、残りの薪は大切に使うとしよう。
 ・・・・・・なに、みんなに配るから少女に渡したと?
 むむ、それはここらで有名な盗人なのだ。
 あとで見つけて回収せねば・・・・・・。
 手荒な真似がしたいわけではないから、安心してほしい。
 ただ、助け合わねば、ここでは生きてゆけぬだけなのだ。
 貧しさが盗みなどをさせてしまっているのだろうが・・・・・・
 理解ができるぶん、困ったものだ・・・・・・。」
  廃材の束:薪として使えそうな廃材の束