酔うに酔えない男

酔うに酔えない男

  • 依頼主 :ジブリオン(イシュガルド:下層 X13-Y11)
  • 受注条件:レベル50~
  • 概要  :忘れられた騎士亭のジブリオンは、常連客に酒をおごりたいようだ。

ジブリオン
「お前さん、ちょっと頼まれてくれるか?
 階段下で飲んでいる男に、
 この「ホットワイン」を届けてやっちゃくれないか?
 ウチの常連客なんだが、
 最近、仕事を失っちまってなぁ・・・・・・。
 傷心のやっこさんに、一杯おごってやりたいのさ。」
酔うに酔えない男にホットワインを渡す
酔うに酔えない男
「なんだって・・・・・・なんだってこんなことに・・・・・・。
 無常すぎるぜ・・・・・・こんなの・・・・・・。」
(ホットワインを渡す)
酔うに酔えない男
「・・・・・・ジブリオンの旦那からだって?
 こいつはありがてぇ・・・・・・。
 何もかも・・・・・・忘れたい気分なんだ・・・・・・。
 つい先日まで、俺はある貴族に仕える騎兵だったんだ。
 だが、その家の夫人が異端告発されて、すべて変わっちまった。
 結局、旦那の爵位まで剥奪されて、俺も解雇ってわけよ。
 これを飲んで全部忘れちまいたい・・・・・・
 ・・・・・・いや、やっぱり止めとこう。
 いくら飲んでも、今は酔えやしねぇ・・・・・・。
 この「ホットワイン」を、代わりに俺の元主・・・・・・
 「元貴族の旦那」様に、餞別として届けてくれないか。
 まだ「イシュガルド・ランディング」にいるはずだ。
 旦那様は何も知らなかったんだ・・・・・・あまりに不憫すぎる。
 せめて今までお世話になった礼をしたいが、
 顔を見たら、涙がとまらなくなっちまう・・・・・・頼むよ。」
イシュガルド・ランディングの元貴族の旦那にホットワインを渡す
元貴族の旦那
「・・・・・・はて、私に何かご用かな?」
(ホットワインを渡す)
元貴族の旦那
「・・・・・・あの騎兵が私に?
 そうか、彼にも悪いことをしてしまったな・・・・・・。
 異端告発された妻のため、私もできるだけのことはしたのだ。
 無罪を勝ち取ろうと「決闘裁判」に挑みもしたが、
 告発者との戦いに敗れ、妻の有罪が確定してしまった・・・・・・。
 すべては何も守れぬほど、私が弱かったことが原因さ。
 しかし、戦神が下された神判なら、受け入れるしかあるまい。
 さて、もう搭乗する時間だが・・・・・・息子はどこに行ったのだ?
 すまないが、いっしょに探してはくれないだろうか。」
元貴族の子息と話す
元貴族の子息
「父上が、探しているって?
 ・・・・・・ありがとう、すぐに行くよ。
 皇都を去る前にね、「神聖裁判所」を見ておきたかったんだ。
 父上は、ここが戦神「ハルオーネ」の御前で戦って、
 「セイギ」を示す場所だと言っていたよ・・・・・・。
 でも、下された「セイギ」は、母上の命を奪った。
 僕が強かったら、母上のことも助けられたのかな・・・・・・。
 ・・・・・・もう行かなくちゃ。
 呼びにきてくれてありがとう、お姉さん。」
  ホットワイン:ジブリオンから託された香辛料入りのワイン