四大名家巡り

四大名家巡り

  • 依頼主 :トルスフェル(イシュガルド:上層 X11-Y11)
  • 受注条件:レベル50~
  • 概要  :フォルタン伯爵邸付近のトルスフェルは、誰に仕事を頼むか迷っているようだ。

トルスフェル
「・・・・・・なんと、冒険者様が仕事を受けてくださると!?
 申し訳ありませんが、お言葉に甘えさせていただきます。
 我が家を除く、四大名家の家々を巡り、
 この「晩餐会の招待状」を届けてください。
 次回の晩餐会に、各名家のみなさまを、お招きしたいのです。
 むろん当主の方に、直接お渡しすることは難しいでしょう。
 ですから、それぞれの家を守る門衛に手渡し、
 招待の旨を伝えるだけで構いません。」
アインハルト伯爵邸のバーテロットに晩餐会の招待状を渡す
バーテロット
「アインハルト家に何用だ?
 用件なら、私が承ろう。」
(晩餐会の招待状を渡す)
バーテロット
「フォルタン家からの「晩餐会の招待状」か。
 懇意にしていただいているし、ありがたいお誘いであると思う。
 ・・・・・・しかし、砦の防衛失敗や相次ぐ異端疑惑で、
 アインハルト伯爵閣下は、苦境に立っておられる。
 華やかな晩餐会に、出席なさる心のゆとりがあるかは・・・・・・。
 いや、すまぬ。
 今の話は忘れてほしい。
 「晩餐会の招待状」は、必ずやお館様に届けよう。」
ゼーメル伯爵邸のジェヌレットに晩餐会の招待状を渡す
ジェヌレット
「ここはゼーメル家の屋敷。
 用なき者が近づく場所ではない。」
(晩餐会の招待状を渡す)
ジェヌレット
「フォルタン家からの「晩餐会の招待状」か・・・・・・。
 主に必ず届けよう。
 だが、招待をお受けになるかどうかは保証しかねる。
 ここ最近は、ファルコンネストの復旧作業の関連で、
 ゼーメル伯爵閣下はご多忙の身・・・・・・時間を作るのが難しいのだ。
 何卒、ご理解いただきたい。」
デュランデル伯爵邸のフラモンシスに晩餐会の招待状を渡す
フラモンシス
「ここはデュランデル家の敷地だが、
 何か用かな?」
(晩餐会の招待状を渡す)
フラモンシス
「フォルタン家からの「晩餐会の招待状」?
 なるほど・・・・・・何か目論みがあるのか・・・・・・。
 黒地の紋章を掲げるフォルタン家とアインハルト家、
 赤地の紋章を掲げるゼーメル家とデュランデル家では、
 何かと意見の相違があって、しのぎを削っているんだ。
 まあいいさ、「晩餐会の招待状」は必ず主に届けるよ。
 四大名家として、礼儀を欠いては問題があるからね。」
トルスフェルに報告
トルスフェル
「晩餐会の招待状を渡していただけたようですね。
 お手数をお掛けいたしました。
 イシュガルド四大名家は、いずれも建国の英雄・・・・・・
 征竜将「ハルドラス」様とともに戦った「十二騎士」の末裔。
 そして、歴代教皇を輩出してきた名門でもあります。
 しかし、それ故にドラゴン族との戦いともなれば団結しますが、
 互いに権力の場で、しのぎを削り合う間柄でもあるのです。
 イシュガルドで活動する上で、覚えておくといいでしょうね。」
  晩餐会の招待状:フォルタン家が主催する晩餐会への招待状