護衛任務の代役

護衛任務の代役

  • 依頼主 :ミンフィリア(暁の間 X6-Y5)
  • 受注条件:レベル50~
  • 概要  :石の家のミンフィリアは、ホーリー・ボルダーの担当する護衛任務に協力してほしいようだ。

ミンフィリア
「ホーリー・ボルダーさんから頼まれていた、
 護衛任務の交代要員の件だけど、お願いしてもいいかしら?
 賢人のみんなには、別に頼みたいことがあって・・・・・・。
 ありがとう、本当に助かるわ。
 以前から「暁」では、蛮神のあたえる影響について調べるため、
 エオルゼア各地のエーテル濃度を調査してるの。
 複数のエーテル学者を雇ってね。
 その護衛任務を、「暁」に所属する冒険者さんたちに、
 手分けしてお願いしているんだけど・・・・・・。
 人手が足りていないわ。
 石の家の警備を主任務としている、ホーリー・ボルダーさんや、
 クルトゥネさんにまで手伝ってもらって、
 どうにか回しているのが現状よ。
 ところが、予定していた冒険者さんが負傷し、
 いよいよもって、代わりの人材がいなくなってしまった・・・・・・。
 申し訳ないけど、協力をお願いできないかしら?
 ありがとう、Nikuq。
 そう言ってもらえて助かるわ。
 じゃあ、任務の詳細について、
 「ホーリー・ボルダー」さんと相談してもらえるかしら。
 「石の家」の中で、待機しているはずだから。」
ホーリー・ボルダーと話す
クルトゥネ
「まさか、補充要員というのは、
 Niuniuさんのことだったのですか?
 すみません、ご足労をおかけします・・・・・・。」
ホーリー・ボルダー
「Niuniuさん!
 あなたが、来られたということは、
 護衛任務を手伝っていただけるということですね?
 おぉ、それは助かります。
 欠員が補充できたことも、もちろん嬉しいですが、
 何より、あなたと任務をともにできることが喜ばしい!」
クルトゥネ
「そうは言っても、ホーリー・ボルダー。
 護衛対象は3名いるのだから、我々で分担になるぞ。」
ホーリー・ボルダー
「ははは・・・・・・確かにそのとおり。
 しかしな、クルトゥネよ。
 ともに戦うという心持ちが大切なのだよ。」
クルトゥネ
「やれやれ、ホーリー・ボルダーは、
 あなたを前にすると、まるで英雄に憧れる子どものようです。
 ともかく、早いところ任務を片付けましょう。
 Niuniuさんの担当は・・・・・・
 黒衣森の「南部森林」ですね。」
ホーリー・ボルダー
「「キャンプ・トランキル」で、護衛対象のエーテル学者と、
 合流する手はずになっているのです。
 調査地の詳細に関しては、
 エーテル学者から、直接、説明を受けると良いでしょう。
 では、お互い気合いを入れていきましょうぞ!」
キャンプ・トランキルの神経質なエーテル学者と話す
神経質なエーテル学者
「君が「暁の血盟」が派遣した護衛かね。
 本来なら、すでに出発していなければならん時間だぞ。
 まったく、これだから冒険者というものは・・・・・・。
 どれどれ、最初の調査地は・・・・・・
 「イソム・ハーの穴蔵」のあたりだな。
 予定が遅れている・・・・・・さっそく向かうとしよう。」
イソム・ハーの穴蔵の神経質なエーテル学者と話す
神経質なエーテル学者
「この辺りでよかろう。
 周辺のエーテル濃度の測定を開始するぞ・・・・・・。
 繊細な作業ゆえに、集中せねばならんからな。
 魔物どもを、近づけさせんでくれたまえよ?」
神経質なエーテル学者と話す
神経質なエーテル学者
「・・・・・・ふむ、測定は完了だ。
 しかし、君・・・・・・
 もう少し静かに魔物を始末できんもんかね?
 集中力がある私だから良かったものの、
 そこらのヘボ学者なら、測定に失敗しておったところだ。
 次の調査地の「蛇殻林」では、くれぐれも静かに頼むぞ?」
蛇殻林の神経質なエーテル学者と話す
神経質なエーテル学者
「ふむ、この辺りにしようか・・・・・・。
 さぁ、例によって測定を開始するゆえ、
 しっかりと監視の目を光らせておくのだぞ?」
神経質なエーテル学者と話す
神経質なエーテル学者
「なるほど、これは興味深い。
 このような測定結果が出ようとは・・・・・・。
 ・・・・・・しかし、君、この辺りは薄気味悪いな。
 何やら邪教の儀式を思わせる、不気味な気配を感じるぞ。
 とっとと次の調査地、「根渡り沼」に移動しよう。」
根渡り沼の神経質なエーテル学者と話す
神経質なエーテル学者
「よし、測定の準備が整ったぞ?
 私は作業に集中するゆえ、しっかり背中を守るようにな!」
神経質なエーテル学者と話す
神経質なエーテル学者
「・・・・・・ほう、こんな値が計測されるとは。
 実に有意義な測定といえよう。
 しかし、君、ここらの匂いは何だね・・・・・・腐敗臭がするぞ!
 私の高級服に、匂いが染み付いてしまう前に、
 こんな場所とは、おさらばしようじゃないか・・・・・・。
 さぁ、「キャンプ・トランキル」に戻るとしよう。」
キャンプ・トランキルの神経質なエーテル学者と話す
神経質なエーテル学者
「・・・・・・遅いぞ、冒険者よ。
 護衛対象を、これだけ待たせるとはどういうことかね?
 待っている間に、測定結果を分析してみたが、
 やはり第七霊災の前後で、
 エーテル濃度が低下しておるようだな・・・・・・。
 この仮説を立証するには、もう少しデータを集めておきたい。
 追加調査を、実施するとしよう。」