タタルの決意

タタルの決意

  • 依頼主 :ミンフィリア(暁の間 X6-Y5)
  • 受注条件:レベル50~
  • 概要  :石の家のミンフィリアは、冒険者に身体を休めてほしいようだ。

ミンフィリア
「それじゃあ、あなたもゆっくり身体を休めて・・・・・・。」
タタル
「失礼しまっす!
 先ほど、ウルダハからの使者さんが、
 ミンフィリアさん宛てのお手紙を、届けにきたのでっす。」
ミンフィリア
「この封蝋は・・・・・・ウルダハ王政庁のものね。
 いったい何かしら・・・・・・?
 ・・・・・・なるほど、ね。
 手紙の内容は、「暁の血盟」への招待状だったわ。
 近日中にウルダハ王宮で、
 イシュガルド防衛線の「戦勝祝賀会」を催すそうなの。
 冒険者部隊を率いたあなたと、
 情報共有に貢献した「暁の血盟」一同を招きたいそうよ。
 ・・・・・・まったく、都合のいい話よね。
 エオルゼア同盟軍が派遣した援軍は、
 いずれの都市も、冒険者部隊のみだった・・・・・・。
 正規軍を派遣していないのに、
 「ともに戦ったものとして、戦勝を祝いたい」だなんて・・・・・・。
 各国の首領たちにしてみれば、
 これを機に、イシュガルドとの友好ムードを確かなものとし、
 「エオルゼア都市軍事同盟」への復帰に繋げたいのでしょうけど。
 大切な仲間を失った直後で、
 祝い事という気分でないというのに・・・・・・。
 ・・・・・・でも、エオルゼアの団結を呼びかけてきた手前、断れないか。
 申し訳ないけど、あなたにも出席をお願いするわ。
 もっとも、戦勝祝賀会の開催までには、
 少し時間があるけれどね。
 タタルさん、
 賢人のみんなにも、連絡してもらえるかしら?」
タタル
「はいでっす。
 では、失礼しまっす。
 ・・・・・・ふぅ。」
ミンフィリア
「タタルさん、ため息なんかついちゃって、
 どうしたのかしら?」
ミンフィリア
「タタルさんの様子・・・・・・ちょっと気になるわね。
 もしよかったら、声をかけてあげてくれないかしら?」
イダ
「ウヒヒヒヒヒ・・・・・・
 も、もうダメ、面白すぎて、
 お腹がよじれちゃいそうだよ!」
パパリモ
「テンパードだったら、信仰は永遠に続くけど、
 ただの愛人ならそうはいかない。
 彼女たちの心のリミットが、
 ブレイクしないことを祈るよ。」
ヤ・シュトラ
「呆れた・・・・・・。
 それ以外に言うべきことがあって?」
サンクレッド
「おいおい、みんな落ち着いてくれよ・・・・・・。
 って、うわっ! Nikuqじゃないか!
 これはだな、その・・・・・・
 ちょっとばかり、複雑な事情があるんだ。
 ハ、ハハハハ・・・・・・。」
(ヒューラン女
「希少な鉱石を用立てたのは
 このアタシなのよ?」
エレゼン女
「彼は、いつもアタシに
 叱咤してくれるのよ!」
ヒューラン女
「このドロボウ猫!」
ミコッテ女
「黙った方が
 身のためにゃ!」
ミコッテ女
「あんな子たちなんて、
 ほっとこうよ・・・ね?」)
フ・ラミン
「見てご覧なさい?
 あれが色男さんの末路よ・・・・・・。
 さてはて、どうやって乗り切るつもりやら。」
ヒギリ
「誠実さが美徳とされるドマでは、
 ちょっと考えられない光景ですね・・・・・・。
 「文化の差」では、割り切れない思いがあります。」
指定地点でタタルを探す
タタルの姿が見当たらない・・・・・・。
フ・ラミンと話す
フ・ラミン
「タタルさんを、見かけなかったかですって?
 彼女なら、さっき外に出ていったわ。
 珍しく、ため息なんかついちゃって・・・・・・
 何かあったのかしら?」
レヴナンツトールでタタルを探す
タタル
「ああ、Nikuqさん・・・・・・。
 心配してくれるでっすか・・・・・・ありがとうでっす。
 実は、ちょっぴり、悩んでることがあるでっす・・・・・・。
 皆さんが大変な時に、
 身勝手なことなんて言えなくって・・・・・・。
 でも、こういう時だからこそ、相談するべきでっすよね・・・・・・。
 ・・・・・・やっぱり、ミンフィリアさんに言ってみまっす!」
石の家のミンフィリアと話す
タタル
「・・・・・・うぅ、勇気を出して相談でっす。」
ミンフィリア
「タタルさん、相談したいことって何かしら?」
タタル
「言おうかどうか、ずっと迷ってまっしたが、
 冒険者さんとお話して、決心がつきまっした。
 ・・・・・・しばらく、お暇をいただきたいでっす!」
ミンフィリア
「休暇がほしい・・・・・・ということかしら?
 もちろん、タタルさんの激務を考えれば、
 私からも休んでほしいくらいよ。
 ・・・・・・でも、何か別の理由がありそうね?」
タタル
「ミンフィリアさんは、何でもお見通しでっす・・・・・・。
 実は、休みを使って、挑戦したいことがあるでっす。
 「暁」に所属する賢人や冒険者さんたち、
 それから、クリスタルブレイブの皆さん・・・・・・。
 ずっと任務続きで、危険な戦いに明け暮れていまっす。
 今では、警備役のホーリー・ボルダーさんたちにまで、
 任務を回さなければいけないほど・・・・・・。
 だから、私も戦う力がほしいのでっす。
 本場で修行するため、お暇をいただきまっす!」
ホーリー・ボルダー
「・・・・・・うわっ!
 タタル女史が、物凄い形相で出ていきましたが・・・・・・
 何かあったのですか?」
ミンフィリア
「ちょっとね・・・・・・でも、心配は無用よ。
 ・・・・・・それより、何かご用かしら、ホーリー・ボルダーさん。」
ホーリー・ボルダー
「おっと、失敬。
 いっしょに任務に向かう予定だった冒険者が、
 直前の任務で、大怪我を負ってしまいましてね。
 エーテル学者の護衛任務の人員に、
 穴が空いてしまったのですよ。
 こんな事をお願いするのも、はばかられますが、
 Niuniuさんの力を、
 お貸しいただけないものかと。」
ミンフィリア
「事情は解りました。
 検討したいので、少し待ってもらえるかしら?」
ホーリー・ボルダー
「了解です、盟主殿。
 では、失礼しますよ。」
フ・ラミン
「嵐が過ぎ去り、
 ようやく静かになってくれたわね。」