イシュガルド防衛戦

イシュガルド防衛戦

  • 依頼主 :マルスラン(クルザス中央高地 X18-Y14)
  • 受注条件:レベル50~
  • 概要  :大審門のマルスランは、皇都防衛に協力してほしいようだ。

マルスラン
「・・・・・・では、皇都防衛に関して、簡単に状況を説明させてもらおう。
 主門である「大審門」と、皇都「イシュガルド」の間は、
 「雲廊(うんろう)」と呼ばれる石橋で結ばれている。
 「雲廊」は、雲海を渡るための橋であると同時に、
 巨大魔法障壁「ダナフェンの首飾り」の「要」でもある重要施設。
 すでに「氷の巫女」たちの襲撃で、
 最外層の魔法障壁が打ち消されており、
 ドラゴン族が雲廊の上に降り立てる状況なのだ。
 このまま、攻撃され続けたらどうなるか・・・・・・
 そう、巨大魔法障壁を失って無防備となった皇都の内部に、
 ドラゴン族が群れを成して傾れ込むだろう。
 我々、防衛部隊の役割は、
 「雲廊」に降り立ち、「要」を破壊しようとする敵の排除だ。
 貴公ら、冒険者部隊も、ただちに持ち場についてくれ。
 皇都の命運は、この一戦にかかっている。
 ・・・・・・頼むぞ、冒険者!」
「イシュガルド防衛戦」を攻略
極光のルキア
「皇都の命運は、この一戦に掛かっている!
 総員、戦神の化身となりて、「雲廊」を死守せよ!」
「くっ、癒し手を狙うつもりか!
 ドラゴンフライを、優先的に排除せよ!」
「生半可な攻撃では通用しないか!
 「対竜カノン砲」の発射準備を急げ!」
「魔法障壁が破られたか!
 だが、まだ二層の障壁がある! 怯まず攻撃を続行せよ!」
「ビアストどもが、対竜カノン砲を狙っているぞ!
 攻撃の要を守り抜け!」
「塔に登り、「対竜バリスタ」を使うのだ!
 焦らず、タイミングを測れよ!」
「命中を確認! いいぞ、効いている!」
(バリスタが外れた場合)
極光のルキア
「くっ、外したか!
 だが、「対竜バリスタ」は、あと2基ある! 次は決めるぞ!」
極光のルキア
「またもや、破られたか!
 残る魔法障壁は少ない、総員、死力を尽くすのだ!」
「敵増援の飛来を確認!
 前衛は、エイビスを討ち漏らすな!」
「ヤツめ、一気にケリをつけるつもりか!
 拘束魔器を作動させ、攻撃を阻止せよ!」
「いいぞ、よくぞやってくれた!」
(バリスタが外れた場合)
極光のルキア
「なにっ、回避しただと!?
 あの巨体で避けるとは・・・・・・!」
極光のルキア
「魔法障壁の突破を確認!
 残る「聖徒門」が最後の砦だ! 何としても死守せよ!」
「敵増援を確認! ヤツらの狙いは、樽爆弾か!?
 総員、ドレイクを排除せよ!」
「樽爆弾から離れろ!
 爆発に巻き込まれるぞ!!」
「今だ! 樽爆弾に着火せよ!」
「よし! 効いているぞ!
 この調子で、攻撃を続行するのだ!」
「来るぞ! ヤツにブレスを吐かせるな!
 2基の拘束魔器で、首根っこを押さえつけてやれ!」
「よし、今だ! ヤツがもがいている間に、
 「対竜バリスタ」で串刺しにするのだ!」
「「対竜バリスタ」の命中を確認!
 もう一押しだ! 総員攻撃、トドメを刺してやれ!」
「我らが背負う「聖徒門」こそが、最後の砦なのだ!
 戦神ハルオーネよ、我らの剣に力を!」
「皆の者、鬨の声をあげよ! 我らは勝利したのだ!
 皇都を救いし英雄たちに、戦神ハルオーネの祝福あれ!」
(失敗時)
極光のルキア
「くっ、ダナフェンの首飾りは、雲海の塵となったか・・・・・・。
 皇都イシュガルドは、もうお終いだ・・・・・・。」
イシュガルド兵士
「みろ、ドラゴン族が引き上げていく・・・・・・!
 オレたちの勝利だ!」
エスティニアン
「ニーズヘッグ配下の筆頭格を退けるとはな。
 ・・・・・・これで、しばらくは奴の眷属も鳴りをひそめるだろう。
 だが、ニーズヘッグよ。
 この機においても、貴様が出てこないとは・・・・・・
 やはり、居城を離れられない理由があるのか。
 俺は真実を知った・・・・・・。
 貴様らドラゴン族のために「氷の巫女」が戦うのであれば、
 俺は、人のために戦う。
 待っていろ、ニーズヘッグ。
 必ず貴様の息の根を止めてやる・・・・・・。」
大審門のアルフィノと話す
マルスラン
「よくぞ・・・・・・よくぞ、皇都の防衛を成し遂げてくれた!
 これまで、外つ国の者の力など必要ないと考えてきたが、
 考えを改めねばならんようだ。
 感謝するぞ、気高き冒険者よ。
 強大なドラゴン族を前にしても、
 一歩も退かぬ戦いぶり、実に見事であった!」
ショノーレー
「皇都を守り切れたのも、貴様のおかげだ。
 冒険者は皆、野卑な輩だと思っていたが、
 貴様のように、気高い戦士もいるのだな。」
ロアヌ
「・・・・・・感謝する、冒険者。
 我々だけでは、ドラゴン族に突破を許していただろう。
 教皇猊下のご威光にすがる前に、自分を鍛え直さねばな・・・・・・。」
アルフィノ
「無事だったようだな!
 スチールヴィジルに向かった部隊も、
 どうにか、ドラゴン族を撃退することができたよ。」
アイメリク
「アルフィノ殿、Nikuq殿・・・・・・
 ふたりとも、よくぞ我らの窮地に駆けつけてくれた。
 そして、見事に皇都の防衛を成してくれたこと、深く感謝する。
 ・・・・・・ありがとう。
 ・・・・・・礼を尽くして歓待したいところだが、
 残敵の掃討や、負傷者の救出を指揮せねばならん。
 すまないが、後日改めて礼をさせほしい。」
アルフィノ
「私からも礼をさせてくれ、Nikuq。
 本当に、よくやってくれた。
 あれほどの規模のドラゴン族の群れを撃退したのだ。
 イシュガルドの当面の脅威は、去ったと考えていいだろう。
 この戦いで、イシュガルドは、
 冒険者やクリスタルブレイブと共闘し、危機を乗り越えた。
 他者と協力することの意義を、胸に刻み込んだことだろう。
 長らく、門戸を閉ざしてきた彼らが、
 本当の意味でのエオルゼアの一員となる日は遠くない。
 私は今、そう確信しているのだよ。
 アシエンの消滅、そして、ドラゴン族との戦い。
 我々は多くの犠牲を出したが・・・・・・
 それでも一歩、一歩、着実に前進を続けている。
 すべては、常に先頭に立って、戦ってきた君のおかげだ。
 そして、君が掴んだこの勝利は、
 エオルゼアの未来を照らす光となるだろう。
 まだ、解決すべき問題は多く残されているが、
 君の存在によって、希望があると信じることができる!
 今は、この勝利を喜ぼうじゃないか!
 ・・・・・・そうはいっても、雑事が多いのが、浮き世の現実だ。
 私は、イルベルド隊長とともに、ウルダハに戻り、
 損耗した部隊の再編を進めなければならない。
 君は「石の家」に戻り、ゆっくり休んでくれ。
 「ミンフィリア」にも、顔を見せて安心させてあげるといい。」
石の家のミンフィリアと話す
ミンフィリア
「Nikuq、おかえりなさい!
 無事に帰ってきてくれて、嬉しいわ。
 イシュガルドの防衛に成功したことは、
 アルフィノから連絡を受けたわ。
 もちろん、あなたの活躍もね。
 本当に、ごくろうさま。
 そして、ありがとう・・・・・・感謝しているわ。」
ミンフィリア
「お疲れさま、Nikuq。
 イシュガルドを守り抜けたこともそうだけど、
 あなたが無事で、本当に良かったわ。」