イダの決意

イダの決意

  • 依頼主 :ミンフィリア(暁の間 X6-Y5)
  • 受注条件:レベル50~
  • 概要  :石の家のミンフィリアは、冒険者に頼みがあるようだ。

ミンフィリア
「ああ、Nikuq。
 イダが、あなたのことを探していたわ。
 彼女、ムーンブリダさんと親しかったでしょ?
 だから、落ち込んでいないか心配で・・・・・・。
 イダなら、「石の家」のどこかにいるはず。
 こんな時だもの、少しくらいは彼女のわがままを、
 聞いてあげてくれると嬉しいわ。」
イダと話す
イダ
「やっほー!
 ・・・・・・って、やっぱダメだね。
 どんな時でも、元気でいられるところが、
 アタシの取り柄だと思ってたんだけどなぁ・・・・・・。
 でもさ、いつまでもシンミリしてちゃ、
 ムーンブリダも、安心して眠れないじゃん?
 だから、決めたの。
 アタシたちのことは心配しないよう、彼女に伝えなきゃって。
 そのために、「ロウェナ」って商人に、
 珍しい花を注文しておいたんだよね。
 ムーンブリダに、贈るためにさ・・・・・・。
 でも、アタシ、あのロウェナって人、苦手なんだよね・・・・・・。
 代金を預けるからさ、花をもらってきてくれる?
 ありがと、Nikuq。
 それじゃ、「早霜峠」で待ってるから、
 花を受け取ったら来てよね!」
ロウェナに花の代金を渡す
ロウェナ
「あら、今日は何の用?
 儲け話でも持ってきてくれたの?」
(花の代金を渡す)
ロウェナ
「エオルゼアを救った英雄様だってのに、お使いかしら?
 お人好し過ぎるから、いつまでも利用されるのよ?
 人には利用する者と、される者がいるものだけど・・・・・・。
 ・・・・・・まぁ、いいわ、商売の話に戻りましょう。
 注文された「メネフィナマーガレット」なら届いてるわよ。
 代金も、ちゃんと足りているようだし、
 とっとと持っていきなさい。」
早霜峠のイダにメネフィナマーガレットを渡す
イダ
「・・・・・・あの、ロウェナって人、感じ悪いよね~。
 このバイザーがイケてないから、うちの商品に買い換えろって、
 しつくてさぁ・・・・・・余計なお世話だって!
 ほんと、お使いに行ってくれて助かったよ。
 ありがとね、Nikuq。
 ・・・・・・それじゃ、花を渡してもらっていいかな?」
(メネフィナマーガレットを渡す)
イダ
「へへ・・・・・・ムーンブリダの好きな花だよ。
 いなくなっちゃったのは、やっぱり寂しいけど・・・・・・
 アタシ、がんばるからさ・・・・・・。
 ・・・・・・だから見守っててよね、ムーンブリダ。
 今まで、ありがとう。」
ミドガルズオルム
「・・・・・・ほう、奴が動いたか。」
イダ
「あれは・・・・・・!?」
アルフィノ
「・・・・・・私だ、聞こえるか!?
 イシュガルドに動きがあった。
 至急、石の家まで戻ってくれ!」
石の家のアルフィノと話す。
イダ
「さっきはありがと・・・・・・。
 アタシは、もう大丈夫だから・・・・・・。」
パパリモ
「なんだか少し、イダの様子が変わったな。
 君が何かしてあげたんだろ?
 感謝するよ。」
アルフィノ
「弔いに行っていた君たちを、急に呼び出してすまない。
 ・・・・・・ムーンブリダ女史のことは聞いたよ。
 本当に・・・・・・本当に残念だ・・・・・・。
 こんな時だというのに、イシュガルドに動きがあったようなのだ。
 まもなく、イシュガルドからの使者が到着するはず・・・・・・。
 彼女からの報告を、ともに聞いてほしい。」
ミンフィリア
「モードゥナにも、ドラゴン族が飛来したそうね。
 開拓団の人たちの何人かが目撃したって、報告がきているわ。」
  花の代金:イダから預かった花の代金が入った革袋
  メネフィナマーガレット:月神メネフィナの名を冠する白い花