エッグハントと夢みる街

エッグハントと夢みる街

  • 依頼主 :ジリ・アリアポー(グリダニア:旧市街 X10-Y9)
  • 受注条件:レベル15~
  • 概要  :ジリ・アリアポーは、エッグハントの次なる催しを紹介したいようだ。

ジリ・アリアポー
「エグ、エグ、エグル、エッグルルルゥ~ッ♪
 「幸運のスプリガン」が現れて、エッグハントもいよいよ佳境!
 次は夢のお告げに従って「幸運のスプリガン」を追わないとね。
 ・・・・・・私の見た夢だと「幸運のスプリガン」は、
 最初は、グリダニアで見つかるの。
 だけどすぐに姿を消して、次はウルダハの街に現れるのよ!
 そうやって、エオルゼアの各地で騒動を起こしたあと・・・・・・
 最後は、「大いなる宝物」のありかへと導いてくれるはず!
 そこで・・・・・・「幸運のスプリガン」を発見した強運のあなたに、
 今度はウルダハで、お祭りに参加してほしいの!
 ルビーロード国際市場の北で「ノノッタ」ちゃんに話を聞いて。」
ジリ・アリアポー
「今度はウルダハで、お祭りに参加してほしいの!
 ルビーロード国際市場の北で「ノノッタ」ちゃんに話を聞いて。
 エグ、エグ、エグル、エッグルルルゥ~ッ♪」
ウルダハのノノッタと話す
(クエスト受注前)
ノノッタ
「エグ、エグ、エ~グ、エッグラホ♪
 ウルダハのみんな、「飾りタマゴ」を集めるのですぅ~!
 エッグハントのお祭り、開催中なのですぅ~!
 みんなでスプリガンの姿に変身して、
 「飾りタマゴ」を集めるのですぅ~!」
ノノッタ
「エグ、エグ、エ~グ、エッグラホ♪
 えっ・・・・・・ジリちゃんの紹介で、エッグハントに参加したい?
 ノノッタ、とってもうれしいのですぅ~!
 でもでも、今は飾りタマゴを探してる場合じゃないの!
 なぜなら「幸運のスプリガン」が、大ピンチなのですぅ~!
 どういうことか、っていうとね・・・・・・このウルダハの街に、
 ついに「幸運のスプリガン」が現れたのですぅ~。
 ・・・・・・そう、ジリちゃんがキャッチした、夢のお告げのとおり!
 ところがところが!
 街の外からやってきた怪しい男たちが、
 「幸運のスプリガン」を、追いまわしているのですぅ~!
 怪しい男たちは「エッグクラッシャー」と名乗ったらしいの。
 きっときっと、悪者の集団に違いないのですぅ~!
 お願い、「幸運のスプリガン」を逃がしてあげて!
 あっ・・・・・・でも人の姿だと、あなたまで怖がられるから、
 通りの向かいの「おまぢない師」に、変身させてもらってね!」
ジリ・アリアポー
「エグ、エグ、エグル、エッグルルルゥ~ッ♪
 みんなで、一緒に集めましょう!
 飾りタマゴを集めましょう!
 エッグハントのお祭り、やってるよ!
 今回はスプリガンの姿になって、「飾りタマゴ」を集めるの!」
おまぢない師と話す
おまぢない師
「エグ、エグ、エ~グ、エッグラホ・・・・・・で、ふっち♪
 これからキミに「変化のおまぢない」をかけるから、
 「幸運のスプリガン」を助けてあげてほしいのでふっち!
 別の冒険者さんがさっき、「幸運のスプリガン」を、
 「クイックサンド」の前で見かけたと言ってたでふっち!
 さっそくキミも、行ってみるのでふっち!
 もし、「幸運のスプリガン」が怪しい男たちに囲まれてたら、
 そいつら・・・・・・「エッグクラッシャー」に、
 この「ゲホゲホ鱗粉玉子」を渡してほしいのでふっち!
 中身は、ヒトが吸い込むとゲホンゲホンになる粉でふっち。
 飾りタマゴの中に入れておいたから、相手はきっと、
 プレゼントと思うに違いないのでふっち・・・・・・じゃ、そ~れ!」
(変身中)
ノノッタ
「エグ、エグ、エ~グ、エッグラホ♪
 どっから見ても、スプリガンの姿なのですぅ~。
 「幸運のスプリガン」が逃げるのを助けてあげて!」
おまぢない師
「「ゲホゲホ鱗粉玉子」を、クイックサンド前にいる悪者、
 「エッグクラッシャー」たちに、渡してほしいのでふっち!」
ノノッタ
「エグ、エグ、エ~グ、エッグラホ♪
 おまぢないが解けたら、もう一度「おまぢない師」に言って、
 スプリガンの姿になってほしいのですぅ~!」
おまぢない師
「エグ、エグ、エ~グ、エッグラホ・・・・・・で、ふっち♪
 あれれれ・・・・・・変身が解けてしまったのでふっち?
 また「スプリガン」の姿にしてあげるのでふっち・・・・・・それっ!」
変身状態でエッグクラッシャーにゲホゲホ鱗粉玉子を渡す
幸運のスプリガン
「エギ、エギ、エギラ、エギラララァ~ッ?
 タベラ、タベラ? タベラレチャワ?」
(エッグクラッシャー
「へへッ・・・追いつめたぜ!」)
(条件未達成)
エッグクラッシャー
「・・・・・・ん? お前、誰だ?
 オレたちゃそこの「幸運のスプリガン」に用があるんだ。
 あっち行ってな!」
エッグクラッシャー
「うお!? なんだ、変身しているのか、ビビったぜ!
 ・・・・・・オレに飾りタマゴをくれるって?
 悪いが今、取り込み中なんだ!
 ヘヘッ、何をしてるのかっていうとな・・・・・・
 コイツは近ごろ噂の、「幸運のスプリガン」ってやつなんだ。
 つかまえて、その肉を煮て食えば、運気も上向くと思ってな!
 あー、わかったわかった!
 とにかく受け取れってか!
 受け取ったら、向こうへ行ってくれよ!」
(ゲホゲホ鱗粉玉子を渡す)
エッグクラッシャー
「おわわわっ!?
 なんだコレ・・・・・・爆発!? ゲホッ、グホッ・・・・・・!」
幸運のスプリガン
「エギ、エギ、エギラ、エギラララァ~ッ?
 エッギラ、ホッギラ、ニゲラララァ~ッ!」
エッグクラッシャー
「ゲホッ・・・・・・ア、アニキッ!
 「幸運のスプリガン」が逃げやしたぜ!」
エッグクラッシャー
「さ、先回りするように・・・・・・仲間に伝えとけ!
 クソッ・・・・・・どこに行きやがった!
 ゲホッ、グホホホッ・・・・・・!!」
ノノッタに報告
おまぢない師
「わたぴの「ゲホゲホ鱗粉玉子」が、役に立ったのでふっち!?
 さっそく、ノノッタに報告してあげるでふっち!」
ノノッタ
「エグ、エグ、エ~グ、エッグラホ♪
 ごくろうさま、なのですぅ~!
 ノノッタが、元の姿に戻してあげるのですぅ~・・・・・・それッ♪
 冒険者さん、どうだったのですぅ~?
 「幸運のスプリガン」を助けてくれたのですぅ~?
 それはよかったのですぅ~!
 でもでも、悪者たちは「幸運のスプリガン」をつかまえて、
 どうするつもりだったのでしょうか~?
 ええ~っ!
 じっくりコトコト鍋で煮て、美味しくいただこうとしてた!?
 ちょ、ちょっと食べたい・・・・・・じゃなくて、危なかったのですぅ~!
 調べてみたら、「エッグクラッシャー」は、
 近ごろ悪評ふんぷんのトレジャーハンター集団らしいのですぅ~!
 きっときっと、幸運にあやかろうとしたに違いないのですぅ~!
 でねでね、実はジリちゃんの見た夢ではね!
 「幸運のスプリガン」は、このウルダハの街で、
 絶体絶命のピンチを、二度も救われたそうなのですぅ~!
 夢が本当なら、もう1回、危険なことが起きるはず!
 だからもう一度、「おまぢない師」に変身させてもらって、
 その子が逃げた「ナナモ新門」付近へ向かってほしいのですぅ~!」
ノノッタ
「もう一度、「おまぢない師」に変身させてもらって、
 「幸運のスプリガン」が逃げたっていう、
 「ナナモ新門」付近へ向かってほしいのですぅ~!」
おまぢない師と再度話す
おまぢない師
「エグ、エグ、エ~グ、エッグラホ・・・・・・で、ふっち♪
 またまたキミに「変化のおまぢない」をかけるのでふっち!
 おまぢないがかかったら「ナナモ新門」付近へ向かうのでふっち!
 もし「幸運のスプリガン」がまたつかまりそうになってたら、
 「エッグクラッシャー」に「ゲホゲホ鱗粉玉子」を渡すのでふっち!
 ・・・・・・えいっ♪」
(変身中)
ノノッタ
「エグ、エグ、エ~グ、エッグラホ♪
 その姿で、今度は「幸運のスプリガン」が逃げた、
 「ナナモ新門」付近へ向かってほしいのですぅ~!」
おまぢない師
「「ゲホゲホ鱗粉玉子」を、ナナモ新門の前にいる、
 「エッグクラッシャー」たちに、渡してほしいのでふっち!」
ノノッタ
「エグ、エグ、エ~グ、エッグラホ♪
 おまぢないが解けたら、もう一度「おまぢない師」に言って、
 スプリガンの姿になってほしいのですぅ~!」
変身状態でエッグクラッシャーに再度ゲホゲホ鱗粉玉子を渡す
幸運のスプリガン
「エギ、エギ、エギラ、エギラララァ~ッ?
 コンド、コソコソ、タベラレチャワ?」
(エッグクラッシャー
「逃がさねえぞ!」
「観念しな!」)
(条件未達成)
エッグクラッシャー
「・・・・・・なんだ?
 やっと、この「幸運のスプリガン」を追いつめたとこなんだ。
 おめェ、オレたちの邪魔しようってのか?」
エッグクラッシャー
「・・・・・・ん、オレに用か?
 オレたちゃ、そこの「幸運のスプリガン」に用があるんだ。
 それともおめェ、コイツの仲間かなんかか?」
エッグクラッシャー
「おやび~ん、どうしたんですか?
 早くつかまえて食っちまいましょうよ!」
エッグクラッシャー
「ああん? 話はいいから早く受け取れってか?
 ったく、せっかちなヤツだな!
 ・・・・・・いったい、何をくれるってんだ。」
(ゲホゲホ鱗粉玉子を渡す)
エッグクラッシャー
「グホォォオッ!?
 な、なんだコレ!?」
幸運のスプリガン
「エギ、エギ、エギラ、エギラララァ~ッ!
 アリ、アリガ、アリガララァ~ッ!」
エッグクラッシャー
「ゲホゲホッ! お、親分ッ!
 ・・・・・・スプリガンが街の外へ!」
エッグクラッシャー
「グホ、グホ! グホホホォッ!
 チクショウ、これじゃ追跡どころじゃねえ!
 今日のところは退散するぞ!」
ノノッタに再度報告
おまぢない師
「「幸運のスプリガン」を無事に逃がしたのでふっち?
 やったのでふっち! キミ、えらいのでふっち!」
ノノッタ
「冒険者さん、おかえりなさい!
 ノノッタが元の姿に戻してあげるのですぅ~!
 え~いッ♪
 エグ、エグ、エ~グ、エッグラホ♪
 冒険者さん、「幸運のスプリガン」はどうなったのですぅ~?
 わわわ、無事に逃げだせてよかったですぅ~!
 やっぱり、ジリちゃんの夢のお告げはすごいのですぅ~!
 ここまで、完全に的中しちゃってますぅ~!
 きっときっと、夢でジリちゃんが見たのは、
 冒険者さんの活躍なんだと思うのですぅ~!
 でねでね、「幸運のスプリガン」が次に向かった先は・・・・・・」
????
「おーい、ノノッタちゃん! いま戻ったぜ!
 ・・・・・・ったく、ひどい目に遭ったよ。
 あの「ゲホゲホ鱗粉玉子」、ガチ強烈なやつでさ・・・・・・」
ノノッタ
「・・・・・・だだだ、誰ですか、あなた!
 ひょっとして、悪者の「エッグクラッシャー」!?
 エッグハント実行委員の前に、堂々と姿を現すなんて・・・・・・!」
????
「はぁ?
 何言ってんだ、ノノッタちゃん・・・・・・って、ハッ!
 そこのおめェ、もしかして、スプリガンに化けてた冒険者か!?」
エッグクラッシャー
「お、おぅ・・・・・・お、おうとも!
 オレたちゃ悪のトレジャーハンター集団「エッグクラッシャー」!
 「幸運のスプリガン」をあきらめはしないぜ、じゃあな!」
ノノッタ
「えっとえっと・・・・・・い、今の人、誰だったんでしょう~?
 だだだ断じて、ノノッタの友だちとか仲間とか、
 自作自演の共犯とか、そんな不適切な関係じゃないのですぅ~!
 そっ、そのその! そう・・・・・・大変!
 とっても大変なコトが、起きそうな感じなのですぅ~!!
 心の準備ができたら、ノノッタの話を聞いてほしいのですぅ~!」
  ゲホゲホ鱗粉玉子:蝶の鱗粉に幻術をかけて作った玉。ヒトを煙に巻く効果がある