犠牲と誓い

犠牲と誓い

  • 依頼主 :ミンフィリア(暁の間 X6-Y5)
  • 受注条件:レベル50~
  • 概要  :石の家のミンフィリアは、ムーンブリダの弔いをしたいようだ。

ミンフィリア
「ムーンブリダさんの故郷は、知の都「シャーレアン」・・・・・・。
 その守護神でもある河川と知識を司る男神、
 「サリャク」の秘石が、この近くにあるの。
 「早霜峠」という場所なんだけど、わかるかしら?
 賢人のみんなにも声をかけてみるから、
 秘石に行って、祈りを捧げましょう。
 ムーンブリダさんの魂が、
 マザークリスタルの輝きの元で、安らげるように・・・・・・ね。」
ミンフィリア
「彼女は命を賭して、道を切り拓いてくれた。
 だからこそ、わたしたちには前に進む責任があるわ。
 「早霜峠」に行って、みんなで祈りましょう。
 ムーンブリダさんの魂に安らぎがあるように・・・・・・
 そして、彼女の遺志を継ぐと約束しに・・・・・・ね。」
イダ
「弔うだなんて・・・・・・
 まだ実感もできてないのに・・・・・・。」
パパリモ
「仲間を失うっていうのは、何度経験しても慣れないよ・・・・・・。
 彼女と仲の良かったイダは、なおさら・・・・・・。」
ヤ・シュトラ
「悔やんでも仕方の無いことだとはわかっている。
 それでも、色々と考えずにはいられないわ。」
サンクレッド
「いつも一歩遅いんだ・・・・・・。
 そう、いつも・・・・・・。」
早霜峠の指定地点で弔う
ミンフィリア
「ムーンブリダ・・・・・・。
 あなたの死を、無駄にはしません。
 あなたは、アシエンを消滅させる方法を確立してくれた。
 奴らはもう、手の届かない脅威ではない・・・・・・。
 わたしたちの戦える相手よ。
 だから・・・・・・わたしたちは、前へと進みます。
 闇の使徒アシエンを滅ぼし、エオルゼアを救済する。
 それが守護者の一柱たる、わたしたちの使命なのだから・・・・・・。
 わたしたち「暁の血盟」は、
 必ず・・・・・・やりとげてみせることを誓います・・・・・・。」
ミドガルズオルム
「光の加護なくして、闇の者を滅したか・・・・・・。
 なるほど、ヒトは愚かなだけではないようだ。
 だが、脅威のひとつを掃っただけのこと・・・・・・。
 汝を認めるには至らぬ。」
石の家のミンフィリアと話す
イダ
「・・・・・・ごめん。
 ちょっと、おしゃべりする気分じゃないんだよね。
 少しだけ時間をちょうだい・・・・・・少しだけ・・・・・・。」
パパリモ
「見てくれよ、イダの様子・・・・・・。
 はげましてやりたくても、何て言ったらいいのか、
 わからないんだから、自分でも嫌になるよ。」
ヤ・シュトラ
「石の家が、やけに静かに感じるわ・・・・・・。
 いなくなってはじめてわかる、人の温かさもあるのね。」
サンクレッド
「アシエンの強襲を防ぐ手立てを、早急に考えなくちゃならない。
 何か方法があるはずだ・・・・・・。」
ミンフィリア
「弔ってはみても、そう簡単に悲しみは晴れないわ・・・・・・。
 ごめんなさい・・・・・・本来なら盟主であるわたしが、
 みんなを励まさないといけないのに・・・・・・。
 ・・・・・・でも、この感情だけは、
 決して忘れてはならないことだと思うのよ・・・・・・。
 そうでしょ、Nikuq・・・・・・?」
ミンフィリア
「・・・・・・心に、ぽっかりと穴が空いたような気分よ。
 でも、悲しくても・・・・・・
 わたしたちは前に進まなくてはならない・・・・・・。
 ルイゾワ様に、ムーンブリダさん、
 そして、砂の家で散っていったみんな・・・・・・。
 わたしたちは、多くの犠牲を払いながら戦ってきた。
 だからこそ、彼らの想いを受け継いで、
 困難に立ち向かっていかなければならないのよ。
 ・・・・・・ふふっ、これはあなたに対する言葉ではないわね。
 自分が自分に言い聞かせるための言葉・・・・・・。
 無理にでも、こうやって心を奮い立たせなければ、
 泣き崩れてしまいそうな自分がいる・・・・・・。
 ごめんなさい、弱気な盟主なんて、
 誰にも見せられないから・・・・・・。
 これからもよろしくね、Nikuq・・・・・・
 ・・・・・・頼りにしているわ。」
犠牲を伴う勝利は、喜びを覆う悲しみをもたらした
それでも、人は前を向いて歩み続けるのだ

  ――希望の灯火を求めて
ミンフィリア
「大切な人たちの犠牲を無駄にはしない。
 ・・・・・・そのためにも、前に進みましょう。」