奇妙な襲撃


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

奇妙な襲撃

  • 依頼主 :オボロ(東ラノシア X20-Y26)
  • 受注条件:忍者レベル45~
  • 概要  :オボロは、何か用意したものがあるようだ。

オボロ
「Nikuq。
 お主は、以前に増して、揺るぎなき「心」になったようだ。
 成長の祝いとして、贈りたい物がある。
 実は双剣士ギルドの協力を得て、里へ書状を送り、
 「忍び装束」を一着寄越すよう依頼しておいたのだ。
 そろそろ荷が届いている頃合い・・・・・・。
 直接、この平屋に届けてもらうわけにはいかぬゆえ、
 「デネベール関門」付近で荷を受け取ることになっている。
 荷運び人の元へ、受け取りに行ってくれぬか?
 私とツバメは礼をするため、双剣士ギルドに出かけてくる。
 ・・・・・・お主の忍び装束姿、楽しみにしているぞ。」
ジャック
「例の素性の知れねぇ不審者・・・・・・オボロ、とかいったか?
 俺たちを頼りに、ここまで話しに来たぜ。
 少しばかり面倒な依頼だったが、
 「Nikuqのため」っつーから、
 協力してやったよ・・・・・・アイツと、俺に感謝しとけよ?」
デネベール関門の怪しげな荷運び人と話す
胡散臭い荷運び人
「イヒヒ・・・・・・。」
怪しげな荷運び人
「なんだい、あんた?
 ・・・・・・ひんがしの国からの、変な荷物を受け取りにきたって?
 そいつはおかしいな・・・・・・。
 少し前に、受取人と名乗る、
 黒髪長髪で、真っ赤な衣装の妙な男が受け取りに来たから、
 その人に渡しちまったぜ?
 ・・・・・・えっ、あれ、あんたの荷物だったのかい!?
 そいつぁ困ったなあ・・・・・・。
 だってよぉ・・・・・・その妙な男の人にさぁ・・・・・・
 この荷物を探しに来た人がいたら、殺せって言われたんだ!」
(インペリアル・シャドウ
「悪く思うなよ!」)
胡散臭い荷運び人と話す
胡散臭い荷運び人
「ひ、ひぃ・・・・・・!
 引取人がこんな強いなんて、聞いてねえ!
 こ、ここは退避して、次の機会に・・・・・・!」
カラス
「ンン~ン、駄目だヨォ~。
 臆病な忍びに、「次」はないんだなァ~。
 こんにちはぁ、ヒヨコちゃ~ん。
 ・・・・・・まぁまぁ、そんな警戒しないでヨォ~。
 ドマに駐屯してる帝国軍の部隊から、
 エオルゼア方面に荷物が密送されたって聞いてさァ。
 先に網を張って、ちょっといただいただけじゃなァ~イ。
 ウププ、荷物の中身知ってるゥ?
 新品の忍び装束が入ってて、笑っちゃったァ。
 ヒヨコちゃんには、まだ早いんじゃないかなァ~?
 だから、ボクが特別に、試練を用意してあげたヨォ!
 名づけてぇ、えーっと「忍び装束を集め大会」!
 「レッドルースター農場」「コスタ・デル・ソル」・・・・・・
 それに「ジジルン交易商店」「キャンプ・オーバールック」に、
 忍び装束を一部位ずつ持った、ボクの捨て駒がいまァス。
 そいつらを見つけだして、忍び装束を奪い取ってくださァ~イ!
 そこそこデキる捨て駒を配置しておいたからァ、
 雑魚だと思って舐めてると、死んじゃうヨォ~??
 4つ集めたら、オマケがあるからさァ、
 ちゃ~~んと、ここに戻ってきてネェ~。
 そんじゃ、ガンバってネェ~! アハハハハハ~!」
レッドルースター農場付近でカラスの部下を探して討伐
怪しげな農婦
「その箱は預かり物なのよ。
 勝手に触らないでくれる?」
怪しげな農婦
「おや、私になにか御用ですか?
 ・・・・・・・・・・・・なんちゃって。
 カラス様からの命令なの、悪く思わないでね。」
(インペリアル・シャドウ
「覚悟!」)
コスタ・デル・ソルでカラスの部下を探して討伐
怪しげな女性
「乙女の荷物に勝手に触るなんて・・・・・・無礼な方ね。」
怪しげな女性
「海を眺めているのも、さすがに飽きてきましたわ・・・・・・。
 声をかけていただいて、ありがとうございます。
 ・・・・・・お礼に、殺してさしあげますわね。」
(インペリアル・シャドウ
「アハハ!」)
ジジルン交易商店でカラスの部下を探して討伐
怪しげな漁師
「おいおい、大事な預かり物だ。
 勝手に触るんじゃないぞ!?」
怪しげな漁師
「どうしたんだい、怖い顔をして。
 何か困ったことでもあったのかい?
 それとも、死ぬのが怖いかな・・・・・・?」
(インペリアル・シャドウ
「すぐに楽にしてやろう!」)
キャンプ・オーバールックでカラスの部下を探して討伐
怪しげな商人
「おい、大切な荷物に触れるんじゃねぇよ。
 お前はマナーって物をしらないのか?」
怪しげな商人
「まったく、こんな僻地で商売だなんて、ついてねぇなぁ・・・・・・。
 こんな硫黄臭い場所抜けだして、温かい寝所に帰りたいぜ。
 お前が命をくれたら、帰れるんだけどなぁ・・・・・・!?」
(インペリアル・シャドウ
「死ねぇ!」)
デネベール関門の指定地点でカラスを探す
オボロ
「・・・・・・Nikuq、よかった。
 用事を済ませて平屋で待っていたのだが、
 なかなか現れないから心配してな、様子を見にきた。
 ・・・・・・カラスが接触してきただと!?
 まさか、Nikuqを狙うとは・・・・・・!
 しかし、お主を直接攻撃してきたわけではないのだな。
 忍び装束を見つけさせ、ここで待てとはどういう魂胆だ・・・・・・。
 ・・・・・・何か、手がかりはないのか?
 この書物は・・・・・・
 ・・・・・・なっ、カラスの書き置きか!?
 ・・・・・・こ、これは・・・・・・。
 「最後の荷物は、ご自宅にお届けします」だと・・・・・・?
 まさか、拠点の位置がバレたとでも!?
 平屋には今、ツバメしかいない・・・・・・。
 ・・・・・・すぐにでも戻らねば。
 おそらく現地では、カラスが出てくる。
 次の戦いは死闘となるはずだ・・・・・・。
 少し早いが、お主に3つめの「印」を教える。
 それは「人の印」・・・・・・己に内在するエーテルを引き出す「印」。
 ・・・・・・そして、私がお主に教えられる、最後の「印」だ。」