隠密行動

隠密行動

  • 依頼主 :オボロ(高地ラノシア X30-Y22)
  • 受注条件:忍者レベル40~
  • 概要  :オボロは、冒険者と共に捜査を開始したいようだ。

オボロ
「・・・・・・では、ツバメがいる位置から「縮地」を使い、
 屋根の上へと移動してみせよ。
 高低差があるとうまく移動ができぬゆえ、気をつけるのだ。
 難しかったら、「縮地」を使わずとも構わぬ。
 先に行って待っているぞ。」
指定地点で待機
オボロ
「さすがは、Nikuq。
 ずいぶんと、忍びらしくなってきた。
 ・・・・・・さぁ、ここでしばらく待つといたそう。」
ウルフスタン
「やはり古傷を癒やすなら、ここにかぎるな。
 グリムウヴィル様の予定が空いた時しかこれないのが、
 残念でならないよ。」
オボロ
「・・・・・・奴か。
 よし、さっそく竹筒を咥えて水中に潜り、目標のそばまで・・・・・・。」
ツバメ
「オ、オボロ様、それでは逆に目立ってしまいます。
 ここは変装のほうが良いのでは?」
オボロ
「む・・・・・・そうか。
 私は、水中潜伏のほうが得意でござるが・・・・・・。」
ツバメ
「この地には、スパイスワインというお酒を飲みながら、
 湯に浸かる文化があるそうです。
 ですから、私が目標とお酒を酌み交わしてまいりましょう。
 Nikuq様も途中で合流してください。
 貴方のような美しい女性が酌を勧めれば、
 目標の酔いも回ることでしょう。」
オボロ
「・・・・・・なるほど。
 して、私はどうすればよいだろうか?」
ツバメ
「オボロ様は待機・・・・・・
 いえ、ここで監視をお願いします。
 では、私は支度をして参ります。
 ・・・・・・Nikuq様。
 お渡しする物があるので、少し付き合っていただけますか?」
オボロ
「ツバメの奴、何を慌てていたのだ・・・・・・。
 お主から得たエオルゼアの知識を披露する、
 絶好の機会かと思ったのだが・・・・・・。」
ツバメと話す
ツバメ
「こちらの準備は完了しました。
 目標に近づくため、いろいろと準備をしておいて正解でしたね。
 Nikuq様には、
 このスパイスワインを預かっていただきたいのです。
 ・・・・・・私が調合した、ちょっとしたお薬入りですよ。
 私がまず、目標に普通のワインを勧めます。
 頃合いをみて、この薬入りのワインを持ってきてください。
 それまでに、うまくできあがっていれば、
 疑わずに飲んでくれることでしょう。
 ・・・・・・それでは、諜報活動開始です。」
ウルフスタンにスパイスワインを渡す
ツバメ
「・・・・・・フフ、うまくいきましたよ。
 さぁ、先ほどのお酒をウルフスタンさんに渡してください。」
ウルフスタン
「わっはっは、美人に酒を勧められて、
 いい気分になっていたところだよ。
 それで、いったい何の用だね?」
(スパイスワインを渡す)
ウルフスタン
「おや、君が持っているのはワインかい?
 いやぁ、美しい女性に勧められたら断れないなぁ。
 ぜひ、皆でいただこうじゃないか。」
ウルフスタン
「・・・・・・ヒック。
 あんれぇ、ちょっと飲み過ぎたかにゃぁ?
 体がポカポカしてきた~。」
ツバメ
「フフ、そんなことありませんわ。
 豪快な飲みっぷりに、ウットリしましたもの。」
ウルフスタン
「そうかそうかぁ~。
 最近は仕事で生傷も絶えんからにゃぁ~。
 これで、身体が温まって怪我の治りも早くなるさぁ~。」
ツバメ
「あら、どんなお仕事をしてますの?
 貴方のような素敵な殿方でしたら、
 さぞかし、立派なお仕事をなさっているのでしょう?」
ウルフスタン
「ゴッホン、わかるかねぇ~?
 我々は「断罪党」に属する誇り高き海賊でぇ、
 私掠船免許を受け、帝国船籍の船を襲ってるのよぉ。
 ・・・・・・当然、帝国側からの恨みを買ってるからねぇ~。
 グリムウヴィル船長の警備なんかはぁ、
 すごぉく気をつかうのらぁ。」
ツバメ
「それは大変なお仕事ですわね。
 その船長さんとは、ご一緒じゃなくて大丈夫なのですか・・・・・・?」
ウルフスタン
「今、船長はお忍びで「エールポート」に向かってるのら。
 味にうるさい船長は、エール選びは集中なさるもんでぇ・・・・・・
 その最中は、部下といえどもォ~接触禁止なのらぁ・・・・・・ヒック。
 ・・・・・・でもまぁ、その間だけはァ~?
 俺もこうやって~、湯浴みに集中できるってわけぇ~。
 だからお姉ちゃん、もっと一緒に飲もうよぉ~。
 ・・・・・・って、あれ?
 ・・・・・・消えちゃった。
 あんれぇ、ちょっと飲み過ぎたかにゃぁ・・・・・・?」
ウルフスタン
「あんれぇ・・・・・・。
 水着のお姉ちゃんは、どこいっちゃったの・・・・・・?」
オボロに報告する
ツバメ
「さぁ、先ほどウルフスタンから聞き出した情報を、
 オボロ様に報告してください。
 ・・・・・・水着ですか? もうお終いです。」
オボロ
「どうだった?
 グリムウヴィルの居所はつかめたか?
 ・・・・・・なるほど、ひとりでエールポートに向かっているのか。
 カラスたちは、そこを狙う可能性が高いな。
 何事かに集中をしている時こそ、隙が生まれる・・・・・・。
 エール選びに集中している対象をカラスが狙うなら、
 任務に集中しているカラスを、我々が狙えばよい。
 よし、さっそく「エールポート」に向かおう。
 今度こそ、奴と決着をつけてやる・・・・・・。」
エールポートの指定地点で待機
オボロ
「この辺りで、しばらく様子をみよう。
 カラスが現れるのを待つのだ・・・・・・。」
オボロ
「・・・・・・日が暮れて、港の空気が変わったな。
 ・・・・・・予想は当たったようだな。
 先ほどからうろついている連中は、ただの市民ではない。
 奴らの歩き方・・・・・・カラスの教えを受けた帝国の忍び。
 巡回して不審人物を探し、
 妙な動きをした者がいたら、片端に殺すつもりでござろう。
 おそらく、この警備の奥にカラスがいる。
 奴らの監視をすり抜けるため、我々も分散いたそう。
 Nikuqは、このまま奥に。
 私は、別ルートからカラスを探す。
 ・・・・・・ツバメは、カラスの退路を塞いでくれ。」
ツバメ
「Nikuq様。
 「かくれ」て移動すれば、敵に見つからずに移動できます。
 ・・・・・・・・・・・・ですが、感覚に優れた生物・・・・・・。
 特に、カラスに飼い慣らされた「影蝙蝠」には、
 遠巻きにも姿を見抜かれてしまいます。
 近寄らぬよう、お気をつけください。」
オボロ
「では、作戦開始だ。
 ・・・・・・散開!」
「かくれる」を活用して敵地に侵入し、カラスを探せ!
カラス
「うっわーっ、なんでここにいるノォー!?
 いくらボクが素敵だからって、おっかけるのやめてヨォ~!」
オボロ
「やはり現れたな、カラス!
 ・・・・・・貴様の命もこれまでだ!」
カラス
「ンン~ン、人気者はつらいネェ・・・・・・。
 相手してらんないヨォ、まったく!!」
カラスたちを倒せ!
(紅嘴のカラス
「なんでここにいんのサァ!」)
紅嘴のカラス
「んもう・・・・・・今は忙しいから、また今度ネェ!」
天道のツバメ
「退路は塞がせていただきました・・・・・・お命、覚悟!」
紅嘴のカラス
「ゲ~ッ、ボクのファンだからって、待ち伏せはやめてよネェ!」
月夜のオボロ
「貴様の減らず口も、これまでだ!」
紅嘴のカラス
「バ~カ、バ~カ! まだ逃げ道はあるもんネェ~!」
月夜のオボロ
「クソッ、あと一歩だったのに・・・・・・!」
オボロ
「チッ・・・・・・逃げ足の速い奴め・・・・・・!
 Nikuq、ツバメ。
 策を練り直すしかあるまい・・・・・・。
 いったん、船着場の平屋に戻るといたそう。」
????
「・・・・・・また、グリムウヴィルを殺しそこねたのか?」
カラス
「オトモダチがボクのこと殺しにきてたから、
 つい、そっちを相手にしちゃったんだよネェ~。」
????
「お前は、任務に注力してもらわねば困る・・・・・・。
 邪魔な鼠と遊んでおらんで、早く殺せ。
 ・・・・・・従わないのであれば、お前を始末するだけだ。」
カラス
「やだやだ、コワイネェ~。
 まぁ、そろそろ、終わりにするかなァ・・・・・・。」
船着場の平屋のオボロと話す
ツバメ
「残念ながら、またしてもカラスに逃げられてしまいましたね・・・・・・。
 早く里に、良い報告を持ち帰りたいものです。」
オボロ
「カラスめ・・・・・・いくら策を講じて挑んでも、
 奴の逃げ足の速さには敵わないな・・・・・・。
 それに、里に居たころより「忍術」の腕を上げている。
 エオルゼアでも、独力で修行を続けていたのであろうか・・・・・・?
 弱音を吐いてはおられん、次の策を考えておかねば。
 里の忍びとして任務を受けた以上、失敗は許されぬ。
 早く、任務成功の報せを里に持ち帰らねばな・・・・・・。
 ・・・・・・なに、決着までにそう時間はかかるまい。
 我々もエオルゼアでの動き方を心得てきたし、
 先ほどのお主の立ち回りも、なかなかのものでござった。
 新たな策を講じるまで、お主は鍛錬に励むとよかろう。
 忍びとしての腕を上げたら、またここに参られよ。」
ツバメ
「エオルゼアでの生活も、だいぶ慣れてきました。
 とはいえ、早く任務を成功させ、
 里に帰りたい気持ちもあります・・・・・・。」
  スパイスワイン:薬効高い香辛料入りのホットワイン