ゴールドソーサーへようこそ!

ゴールドソーサーへようこそ!

  • 依頼主 :搭乗窓口(ゴールドソーサー X5-Y8)
  • 受注条件:レベル15~
  • 概要  :ゴールドソーサー・ランディングの搭乗窓口は、冒険者に「ゴールドソーサー」の案内をしたいようだ。

搭乗窓口
「至福の遊技場「マンダヴィル・ゴールドソーサー」・・・・・・。
 通称「ゴールドソーサー」へようこそ!
 よろしければ、私どもで施設内をご案内いたしましょう。
 このご案内は、ゴールドソーサー館内を回りながら、
 さまざまな遊技を説明させていただく、ガイドツアーになります。
 ちょっとした景品も用意しておりますので、
 お時間に余裕がございましたら、ぜひ、ご参加ください!
 まずは、道なりに進むと「メインカウンター」がございます。
 「お客様案内窓口」の者から、案内を受けるとよいでしょう。
 それでは、いってらっしゃいませ!」
メインカウンターのお客様案内窓口と話す
お客様案内窓口
「ようこそ! こちらの「メインカウンター」では、
 「マンダヴィル・ゴールドソーサーポイント(MGP)」の交換や、
 「ミニ・くじテンダー」への挑戦などが行えます!
 お客様の左手に見えます扉をご覧ください。
 あちらのチョコボリフトより、
 「チョコボスクウェア」へと向かうことができます。
 「チョコボスクウェア」では、優れた羽主(ばぬし)たちが、
 日々「チョコボレース」で、順位を競い合っています。
 お客様も、ぜひ出走してみてくださいね!」
(ロード・オブ・ヴァーミニオン実装後)
お客様案内窓口
「お客様の左手に見えます扉をご覧ください。
 あちらのチョコボリフトより、
 「チョコボスクウェア」へと向かうことができます。
 多くの腕利きが「ロード・オブ・ヴァーミニオン(LoVM)」や、
 「チョコボレース」などに日々挑戦し、鎬を削っております。
 お客様も、ぜひご挑戦ください!」
お客様案内窓口
「・・・・・・なお、ゴールドソーサーを存分にお楽しみいただくには、
 「マンダヴィル・ゴールドソーサーポイント(MGP)」が、
 必要となります。
 先へ進む前に、私の隣にいる「MGP交換窓口」の者から、
 「MGP」について、説明をお聞きになるとよいでしょう。」
MGP交換窓口と話す
MGP交換窓口
「・・・・・・おや、新たにお越しくださった方ですか?
 ここは「マンダヴィル・ゴールドソーサーポイント(MGP)」と、
 ギルの交換窓口です。
 館内の、各施設をご利用になるには、
 「MGP」が必要となりますので、
 お求めの際は、私にご用命ください。
 よろしければ、多少の交換をなさっていくといいでしょう。
 案内を受けながら、各施設を少しずつ体験していくのも、
 なかなか楽しいですよ!
 ・・・・・・さて、「メインカウンター」の説明は以上となります。
 次の案内は、南西の「カードスクウェア」で受けられますので、
 案内係である「カードトレーダー」に、お声がけください!」
カードスクウェアのカードトレーダーと話す
カードトレーダー
「は~い! 案内をご希望の方ですね!
 こちらは「カードスクウェア」です!
 ここでは、「トリプルトライアド」が楽しめますよ!
 「トリプルトライアド」というのは、
 5枚のカードを駆使して、互いの陣地を奪いあう、
 白熱のカードバトルです!!
 熱い戦いがしたくなったら、ぜひ、「カードスクウェア」へ!
 詳しいルールも、ちゃんと説明しますから、心配ご無用です!
 今から始める方には、カードのプレゼントも行っていますよ!
 定期的に、強敵たちとしのぎを削り合う、
 「トリプルトライアド」の大会も開催しておりますので、
 お気軽にご参加くださいね!
 それでは、「カードスクウェア」の案内は以上です!
 次は「ワンダースクウェア」ですねっ。
 「イベント案内窓口」の方に話しかけてください!」
ワンダースクウェアのイベント案内窓口と話す
イベント案内窓口
「ようこそ、至福の遊技場ゴールドソーサーへ。
 うふふ、案内をご希望ですね!
 なんでも揃った、お得スポット!
 「ミニゲーム」から、憩いのレストランまで、バッチリ完備!
 それが、ここ「ワンダースクウェア」です!
 ここのシンボルは、なんといっても「ジャボテンダー」!
 このジャボテンダーを使ったイベントも開催しているので、
 ぜひ、参加してみてくださいね!
 ちなみに、こうした催しは、館内の各所で行っています!
 次に行われるイベントが知りたい場合は、
 私たち「イベント案内窓口」にお尋ねくださいね!
 さて、次の案内係はイベントスクウェアの2階、
 「くじテンダーボード」にいる「ヴェレダ」さんです!
 最後まで、楽しんでいってください!」
くじテンダーボードのヴェレダと話す
ヴェレダ
「あら、かわいいお客様ね。
 ここは、いろんな遊びが詰まった、夢のオモチャ箱!
 「イベントスクウェア」よ!
 「イベントスクウェア」は、施設最大規模のエリア。
 「ミニゲーム」だって完備しているし、
 なにより、中央にステージがあるのが一番の特徴よ!
 ステージでは、さまざまなイベントを行っているわ。
 どうぞ、気軽に楽しんでいってね!
 そして、ここ「くじテンダーボード」では、
 運が要の大勝負が楽しめる、
 「ジャンボ・くじテンダー」というくじに挑戦できるわ!
 4つの数字を選んだら、あとは祈るだけ!
 「マンダヴィル・ゴールドソーサーポイント(MGP)」が
 欲しいのなら、ぜひ、挑戦してみてね!
 さぁて、案内ツアーは次で最後よ。
 「ラウンドスクウェア」にいる、
 「イベント案内窓口」さんに話しかけてみてね!」
ラウンドスクウェアのイベント案内窓口と話す
イベント案内窓口
「おっ、案内をご希望の方ですね~!
 ゴールドソーサーで、自然を満喫できる癒し空間、
 「ラウンドスクウェア」へ、よくぞお越しくださいました!
 ここ、「ラウンドスクウェア」のシンボルは、
 中央にそびえ立つ「マウント・コレル」です!
 「マウント・コレル」への登頂イベントもご用意しています。
 みんなで登頂に成功した時の達成感は、格別ですよ!
 さて、これで、ゴールドソーサーの案内もおしまいです。
 「メインカウンター」の「お客様案内窓口」さんから、
 景品をお受取りくださいませ!」
メインカウンターのお客様案内窓口と話す
お客様案内窓口
「お帰りなさいませ、お客様。
 最後までお付き合いいただき、ありがとうございました!
 それでは、心ばかりの品ではございますが、
 ガイドツアーの景品を、お受け取りくださいませ!」
ローランド
「・・・・・・おおっ、お客様でいらっしゃいますな!
 ゴールドソーサーへようこそ!!」
お客様案内窓口
「これは、副支配人様!
 ちょうど、お客様へのご案内を終えたところです。」
ローランド
「・・・・・・ほほう、ご苦労さまでした。
 私は、ここの監督を任されているローランドと申す者。
 お客様のお気に召す遊技があればよいのですが。
 ・・・・・・おや、そのお召し物を見るに、
 お客様は、冒険者でいらっしゃるご様子。
 さまざまな地を旅して、見識を深める機会も多くございましょう。
 その旅の中、難民の姿を目にしたこともおありでしょう。
 彼らの多くは、帝国占領下から脱してきた「アラミゴ流民」や、
 第七霊災で故郷を失った「霊災難民」なのです・・・・・・。
 しかし、莫大な数に上る難民を、どう受け入れるか・・・・・・
 ウルダハでも、明確な解決策はまだ出ておりません。
 それを憂えたのが、当遊技場の支配人ゴッドベルト様でした。
 実は、このゴールドソーサーで働く者の多くは、
 アラミゴなどから流入した難民なのです。
 難民を受け入れることで、彼らの働き口を増やす。
 そして、「誰しもに開かれた遊技場」であることを広めて、
 多くの民を集め、ウルダハの経済を活性化させる・・・・・・!
 それが、ゴッドベルト様が掲げた、
 ゴールドソーサーの設立理念でございます!
 ・・・・・・そう、ここは全ての者が「自由」を手にして、
 一時の娯楽に心をひたし、明日への活力を得るための場所。
 どうかお客様も、ごゆっくりお楽しみください!」