事件は砂塵に消ゆ

事件は砂塵に消ゆ

  • 依頼主 :ジュリアン(ウルダハ:ザル回廊 X12-Y11)
  • 受注条件:レベル50~
  • 概要  :ジュリアンは、冒険者を送り出したいようだ。

ジュリアン
「エリーさんは、シラディハ遺跡の方角でみつかったんでしょう?
 すぐに行ってらっしゃい。
 息子のことは私に任せて!
 ま、簡単に死なせやしないわよ!」
シラディハ遺跡のフィリスと話す
フィリス
「この先に、エリーさんがいます。
 しかし、我々の呼びかけに応えてはくれません。
 何より、「ゾンビパウダー」をいつ使うかわからないため、
 こちらから、うかつに近づけないのです・・・・・・。
 Nikuq殿、
 貴方たちのような旧知の友人の呼びかけであれば、
 彼女も応えるかもしれません。
 エリーさんに声が届く場所まで行き、
 彼女の名前を呼びかけてはもらえませんか?
 時間をかけ、根気よく呼び続ければ、
 彼女も応答し、投降してくれるかもしれません・・・・・・!」
フィリス
「エリーさんに声が届く場所で、
 彼女の名前を呼びかけてください、お願いします!」
チャットの「Say」モードで『エリー』を含む言葉を入力し指定地点周辺でエリーを呼ぶ
ブリアルディアン
「・・・・・・Nikuq、君も手伝ってくれ。」
ナシュ・マカラッカ
「エリーさん、そんな・・・・・・。」
ゴッドベルト
「ホゥ・・・・・・困りましたな。
 彼女はすでに、大量の「ゾンビパウダー」を入手したようです。
 あまり刺激してはなりませんぞ。」
ギルガメッシュ
「まさか、あの姉ちゃんが犯人だったなんてなぁ・・・・・・。
 買い物をすませて駆けつけてみりゃ、とんだ修羅場だぜ・・・・・・。」
エリー
「ここにいると死ぬわよ、さっさと逃げたらどう?
 それとも・・・・・・アンタたちも、ゾンビーになりたい?」
ブリアルディアン
「・・・・・・本当に君なんだな。
 君の妹、セシーはもう捕まった。
 ここで君が蛮行に走れば、妹にも危害が及ぶ。」
エリー
「・・・・・・この間のコロセウムの事件のときにさ、
 「捨てるものが何もないやつは、何だってする」って、
 言ってる奴がいたのよね。
 私たち姉妹にはね、ほかに家族がいないの。
 そして、お互いに万が一のことがあったら、
 「どちらかの命」より、「復讐」を優先するって決めてるのよ。
 そう・・・・・・私にはもう捨てるものはない。
 まず、ここでアンタたちを全員ゾンビーにしてから・・・・・・
 ウルダハに戻って、「正義の裁き」をくだしてやる!」
ブリアルディアン
「「ゾンビパウダー」を撒くつもりだ!
 止めろ・・・・・・!!」
エリー
「・・・・・・無駄よ!」
ブリアルディアン
「・・・・・・くそっ、このままでは!」
ゴッドベルト
「マンダヴィィィィィィル!
 彫・金・武・神・覇・斬!!!」
エリー
「ふん、こっちにはまだまだ、たくさんゾンビーがいるのよ。
 アンタたちって、ヒルディの強運でここまでこれただけじゃない。
 でも・・・・・・彼はもう、いない。」
ギルガメッシュ
「ふん、ヒルちゃんはそう簡単にくたばらねぇよ。
 あいつは・・・・・・できる男だぜ!」
エリー
「フフ、残念だったわね。
 いくら浄化を試みたところで・・・・・・
 「ゾンビパウダー」の力は、止められない!」
ゴッドベルト
「ムゥ・・・・・・敵の数が多過ぎますな・・・・・・!
 これが続けば、我々だけでは厳しくなりますぞ・・・・・・。」
エリー
「Nikuqって、光の戦士なのよね?
 アンタなら、「あの魔法」が使えたかもしれないわね。
 ・・・・・・残念だわ。
 さあ、行きなさいゾンビーたち!!」
ハンフリー
「「黄昏の刻、絶望の淵に光輝あり。
  その者、奇跡を起こせし、ベラフディア『光の四戦士』なり」
 ま、まさか、伝説どおりのことが起こった・・・・・・!?
 ・・・・・・いや、あいつは「光の紳士」!?
 そうか・・・・・・彼らの風格、そして佇まい・・・・・・
 あれは「光の四戦士」なんかじゃない!
 彼らは、「光の四紳士」だ・・・・・・!!!!」
ヒルディブランド
「事件屋ヒルディィィィィブランドゥゥゥゥゥゥ!!
 かつての仲間とともに、奇跡の大復活ですぞーーーー!!!」
エレザル
「この男の後を追えば、お主に会えると思ったぞ・・・・・・!
 さぁ、そこのミコッテ族の少女よ、
 以前くれた薬を寄越すのじゃー!!」
ナシュ・マカラッカ
「わぁ~、エレザルさん、久しぶりにお会いしましたね~!」
エリー
「なななな、なんでゾンビーになってないのよ!
 「聖水」なんかあったって、絶対に・・・・・・!!」
怒れるゾンビー
「先生は、私たちと一緒に生活をしてマシタカラ。
 ゾンビー化の魔法に、耐性ができてたのでショウ!」
虚ろなゾンビー
「近くのゾンビーには、私たちが話をつけてオキマシタ。
 先生のお母様から、先生が危篤だと相談を受けたときは、
 何の冗談かと思いましたよ、ハハハ!」
ブリアルディアン
「ゾ、ゾンビー化への耐性、だと・・・・・・?
 デタラメにも程がある・・・・・・!」
ヒルディブランド
「・・・・・・さぁ、エリー殿。
 この辺りで、お終いにしましょう。」
エリー
「私の負け・・・・・・かぁ。
 ・・・・・・ブリアルディアン君。
 アナタの話、聞けなくなっちゃったわね。」
ブリアルディアン
「「捨てるものが何もない奴は、なんだってする」と言ったな。
 ・・・・・・ならば、ぼくは、失いたくないもののために、
 なんだってするさ。
 ・・・・・・君が、罪を償うのを待つ。
 何年でも、何十年でも。」
ゴッドベルト
「ウルダハの政に関わる「砂蠍衆」の一員として、
 歴史に関する無知をお詫びさせてください。
 この国に、大きな歪みがあるのは確かです。
 何かを正すのは、錆びた指輪の修復同様、時間がかかります。
 しかし、いつの日か正しき歴史が語られるよう、
 為政者のひとりとして、私も尽力いたします。」
ギルガメッシュ
「ん、んー、あー、ゴホン!
 おい、面倒な話は終わったんだろう!?
 さぁ、Nikuq!
 オレと・・・・・・勝負だ!!
 その顔、乗り気じゃねぇようだが・・・・・・。
 これを見ても、その顔でいられるかな!?」
ヒルディブランド
「あ、あーーっ!!
 それは、エリー殿が持っていた「契約の剣」!?」
ギルガメッシュ
「ワッハッハ、返してほしかったら、
 この剣豪ギルガメッシュ様・・・・・・そして、こいつと勝負だ!
 なぁ、エンキドウ!!」
エンキドウ
「・・・・・・相変わらず、適当な指示だな。」
フィリス
「こ、この異様な姿は・・・・・・!?
 まさか・・・・・・新手の妖異なの?」
ギルガメッシュ
「妖異? いや、こいつはオレの昔からの友人さ!
 なに、クリスタル運びのお使いをさせられていたときに、
 「来てくれればなー」って願ったら、急に出てきやがったんだ!」
ヒルディブランド
「なるほど、ギルちゃんの祈りが、蛮神を降ろしたのですな?
 友人・・・・・・いや、友神「エンキドウ」を!!」
ブリアルディアン
「・・・・・・むちゃくちゃな奴ばっかりだな。」
ギルガメッシュ
「オレとこいつがコンビを組んだら、向かうところ敵なしだ!
 Nikuq、最終決戦の場所は決めておいた!
 えーっと、確か「古城アムダプール」だったか?
 ちょっと遠いが・・・・・・最終決戦といえば、古城だろ!
 「契約の剣」を取り返したいなら、力づくで奪ってみるんだな!
 ハッハッハー!」
ヒルディブランド
「そうはさせませんぞー!!」
フィリス
「ま、まさか、一個人が蛮神を降ろすだなんて、想定外です・・・・・・!
 すぐに「暁の血盟」に連絡をしなければ!
 そ、そうでした!
 貴方は蛮神を幾度も討伐している「光の戦士」・・・・・・!
 蛮神討伐と、剣の奪還・・・・・・お任せしても良いのですね?」
ブリアルディアン
「ひとまず、「怪盗白仮面」の事件は幕を閉じた。
 Nikuq、君の協力のおかげだ。
 感謝するよ・・・・・・本当にね。
 ・・・・・・地位を捨て、故郷であるイシュガルドを離れ、
 この地に来たことを、決して後悔はしていない。
 さまざまな考えや、多様な人に触れることができた。
 失いたくない人がいるということを知った。
 得たことのない感情を得た・・・・・・それで十分だ。」
ナシュ・マカラッカ
「ヒルディブランド様、かっこいいです~!
 ナシュは、どこまでもついていきます~!」
エリー
「・・・・・・今まで騙していて悪かったわね、Nikuq。」
セシー
「お姉ちゃん・・・・・・ごめんね・・・・・・。」
フィリス
「「天秤委員会」は、壊滅状態です。
 再度、人を補充するのかどうかは、上の判断次第でしょう。
 ・・・・・・どのみち、私は委員会を辞めようと思います。
 何らかの制裁が下されるでしょうが、甘んじて受けるつもりです。
 それが、罪を持ち、なお生き残ったものの務めです・・・・・・。」
ハンフリー
「「光の四紳士」・・・・・・最高にカッコイイぜ!
 おれも、いつかあんな風になりてぇ・・・・・・!」
ゴッドベルト
「ホッホッホウ!
 ママなら、息子のゾンビー化を止められると思いましたぞ!
 さすがは、私が認めた最強の調理師!」
ジュリアン
「よかった、間に合ったわね。
 ゾンビー紳士団に連絡をとっておいてよかったわ。
 彼ら、薬のアドバイスをたくさんくれたのよ。」
古城アムダプール前のヒルディブランドと話す
マクシヌ
「赤い頭巾の男が、凄い勢いで駆け込んでいきました。
 まさか、彼もカルト教団に・・・・・・?」
ヒルディブランド
「フッ・・・・・・・・・・・・。
 あと一歩のところでしたが、
 惜しくもギルちゃんを逃してしまいました・・・・・・。
 こうなったら、Nikuq殿!
 いつもどおり、貴方にお任せするしかないようです!
 蛮神・・・・・・いや、友神「エンキドウ」を倒し、
 ギルちゃんから「契約の剣」を奪い返してください!」
ヒルディブランド
「蛮神・・・・・・いや、友神「エンキドウ」を倒し、
 ギルちゃんから「契約の剣」を奪い返してください!
 Nikuq殿・・・・・・託しましたぞ!」
「真ギルガメッシュ討滅戦」を攻略
ギルガメッシュ
「こうして お前とやりあうのも二度目か――
 へへっ なんだか嬉しいじゃねぇか!
 ここなら思う存分にやれるってもんだ!
 オレたち最強コンビの力を見せてやる!」
ギルガメッシュ
「行くぞ、エンキドウ・・・・・・我が友よ!」
「やるじゃねぇか・・・・・・エンキドウ、手当を頼むぜ!」
(ギルガメッシュ
「人形と遊んでな!」
「鶏になっちまえ!」)
ギルガメッシュ
「エンキドウ! 後はお前に任せたぜ!」
「ありゃ・・・・・・エンキドウ・・・・・・?
 置いてけぼりは、なしだぜー!?」
ギルガメッシュ
「ワッハッハ このオレが逃げたとでも思ったか!?
 決着を付けるために ここで待ってたんだ!
 オレさまの「真の力」を とくと味わうがいいぜ!
 真ギルガメッシュ・チェーーーーーーンジ!!
 これなるはエオルゼアいちの強者 その名も剣豪ギルガメッシュ!
 ――いざ参る!」
ギルガメッシュ
「これが本当、本気の・・・・・・最後の戦いだぜ!」
「なかなかやるじゃねぇか!
 だが・・・・・・オレ達の戦いは、まだ始まったばかりだ!」
「じ、上等だ・・・・・・よぉし!
 ここからは、お互い出し惜しみはナシだぜ!?」
「まだだ・・・・・・まだ、戦いは終わっちゃいねぇ!!」
(ギルガメッシュ
「そぉれ、大捕物!」
「剣の舞い!」
「くらえ、マサムネ!」
「いでよ!雲蒸竜変!」
「うりゃっ、電撃!」
「秘技・・・我流雪月花!」)
ギルガメッシュ
「まさか ここまでとは
 6本も手を増やしたのに 手も足も出なかったぜ
 オレが悪かった もう悪さはしねぇ
 その誓いに「契約の剣」はちゃんと返す
 近くの森に隠してあるから 探してほしい
 だから頼む!
 このとおりだ ゆるしてくれ!」
(ギルガメッシュ
「オ、オレの負けだ・・・!」)
ギルガメッシュ
「ってのは 半分ウソだけどな!
 あんな古い剣なんていらねぇよ ぺっ!
 オレがほしいのは最強の武器だからな!
 光の戦士 気持ちのいい武人だったぜ
 ようし 次に戦うときは 絶対に負けねぇぞ!
 いつかお前らの武器もいただくからな!
 それまで あばよっ!」
ヒルディブランドに報告
マクシヌ
「中で大きな音がありましたが・・・・・・大丈夫でしたか?
 筋肉質な男性も、貴女のことを心配していましたよ。」
ヒルディブランド
「Nikuq殿、無事でしたか!
 ギルちゃんから「契約の剣」を取り返せましたかな!?
 ・・・・・・なるほど、ギルちゃんが、
 近くの森に隠したと言っていたのですな・・・・・・。
 でしたら、このヒルディブランドにお任せください!
 剣の一本や二本、すぐに見つけてきますぞ!!」
フィリス
「Nikuq殿!
 蛮神と、「契約の剣」はどうなりましたか!?
 おお、さすが光の戦士殿!
 蛮神討伐、お疲れさまでした!
 あとは、ヒルディブランド殿が剣を見つけてくだされば・・・・・・。」
ゴッドベルト
「それにしても、ベラフディア時代の装飾品・・・・・・。
 繊細な装飾に、大胆なデザイン・・・・・・。
 勉強になりますな!」
エリー
「600年前の名品だもの、そりゃあ綺麗よ。
 これまで、価値すらわからない人が所有してただなんて、
 そっちのほうが信じられないわ。」
ブリアルディアン
「・・・・・・そういえば、
 君たちは、どこで神器の情報を仕入れたんだ?」
セシー
「祖母が残した、古い絵巻物に記されてたのよ。
 伝説の「光の四戦士」の神器と、「大魔法」についてね。
 ・・・・・・「大魔法」に成功したら、私たちの勝ちだったのよ?」
エリー
「光の四戦士じゃないと、「大魔法」は扱えないみたい。
 とても綺麗な魔法らしいから、見るのが夢だったんだけど・・・・・・
 私が呪文を唱えても、さっぱり反応しなかったのよね。」
ブリアルディアン
「・・・・・・その大魔法とは、どうすれば発動するんだ?」
エリー
「「審理の指輪 審理の扉が開く」
 「知恵の耳飾り 正しき裁きをもたらせ」
 「太陽の首飾り 日神アーゼマの光よ」
 最後に、契約の剣を持った光の戦士がこう言うの。
 「契約の剣、ここにあり。」ってね。
 すると、聖なる光の帯が・・・・・・。」
ヒルディブランド
「みなさーん!!
 事件屋ヒルディブランドが、無事帰還しましたぞ~!
 ハッハッハ、ご覧ください!
 我々が探し求めていた「契約の剣」は、ここにありますぞ!」
エリー
「そうそう、「契約の剣、ここにあり」・・・・・・って・・・・・・ね・・・・・・?」
ヒルディブランド
「むむ、何か光ったような・・・・・・?」
エリー
「ちょ、ちょっ、待って待って!
 ヒルディは「光の四戦士」じゃないでしょう?
 「光の四戦士」じゃなければ、呪文は成立しないはずよ!?」
ブリアルディアン
「・・・・・・「契約の剣」も、悩んでいるようだな。」
セシー
「そ、そのまま・・・・・・落ち着いて・・・・・・光を鎮めて・・・・・・。
 伝説の剣が、変なおっさんの呪文に反応するなんて、
 私が認めないんだから・・・・・・!」
ヒルディブランド
「アーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーッ!!」
ブリアルディアン
「・・・・・・契約の剣も、ヤケになった感じだな。
 これが、エリーの言っていた「大魔法」なのか?」
エリー
「「けいやくのけんがはなつ さばきのまほうは
  うつくしいひかりのおびで まものをちりとかえ
  ひとびとに えがおをもたらした」
 え、絵巻物には、そう書いてあったけど、
 こんなに大きな光の帯だとは思わなかったわ・・・・・・!
 まぁ・・・・・・地面に向けて使う魔法じゃなかったみたいだけど。」
ナシュ・マカラッカ
「あー、ヒルディブランド様~!
 ナシュだけ置いていかないでください~!!」
ジュリアン
「ちょっ! ヒルディちゃん!
 せっかくママと会えたのにぃ~!!」
ゴッドベルト
「ホッホッホゥ、若い内は大いに旅をすればいい。
 お前は、困っている人を助ける「事件屋」なのだからな。
 ・・・・・・いずれは、跡取りとしての修行もしてほしいものだがね。」
フィリス
「「光の四戦士」しか使えないはずの大魔法は、
 「光の四紳士」でも使えた・・・・・・ってことですか・・・・・・ね・・・・・・?」
セシー
「ち、ちょっと古くなりすぎたから・・・・・・。
 「契約の剣」も間違えちゃったのよ、きっと・・・・・・はは・・・・・・。」
エリー
「・・・・・・まぁ、最後にひとつだけ、夢が叶って良かった。
 私たちの先祖・・・・・・ベラフディアの民を笑顔にした、美しい魔法。
 ずっとずっと、この目で見たかったんだ。」
ブリアルディアン
「まったく、ポンコツ事件屋のくせに。
 最後の最後に、女性の夢を叶えるとはね・・・・・・。
 ・・・・・・まったく、紳士な奴だよ。」
ヒルディブランド
「むむっ!
 この事件屋ヒルディブランド、遠く大地の彼方から、
 事件の香りを、キャーーーーーーーーーーチ!!
 それではみなさん!
 少しの間、行ってまいりますぞーーーーーーーー!!! 」
おしまい?