秘史を抱く者たち

秘史を抱く者たち

  • 依頼主 :ヒルディブランド(ウルダハ:ザル回廊 X12-Y11)
  • 受注条件:レベル50~
  • 概要  :ヒルディブランドは、動揺しているようだ。

ヒルディブランド
「エリー殿が「四大神器」を集めてしまいました。
 予告どおり「正義の裁き」を決行しようとするでしょう。
 早く、彼女を見つけねば・・・・・・!
 ・・・・・・おや、そういえばフィリス殿。
 貴方は、エリー殿の捜索に向かわなくてよいのですか?」
フィリス
「・・・・・・私がいったら・・・・・・・・・・・・
 周囲の者を危険に晒してしまいます・・・・・・。
 私は、「天秤委員会」のひとり・・・・・・
 「怪盗白仮面」が狙っている最後の人物は、おそらく私です。」
ヒルディブランド
「な、なんと、フィリス殿が!」
フィリス
「・・・・・・元々、歴史についての知識は豊富でした。
 「天秤委員会」には、前任者が退任したということで、
 最近任命されたのです。
 歴史について誤った言説を広められては、
 国家の品位にかかわると教えられました・・・・・・。
 銀冑団の立場から、歴史の均衡を保つのだと・・・・・・。
 同じ任に就いている人が数名いるとは聞いていましたが、
 まさか、それが今回の被害者の方々だったなんて・・・・・・!
 ・・・・・・私がここにいると、
 みなさんも危険に巻き込むことになります。
 私は、どこかに身を隠しましょう。」
ヒルディブランド
「ハッハッハ、我々は事件屋!
 困っている人を見捨てることなど、ありませんぞ!
 Nikuq殿も、ブリ殿も、ナシュも味方です!
 ・・・・・・おや、そういえばナシュはどこにいるのでしょう。」
ナシュ・マカラッカ
「あ~、ヒルディブランド様、
 ようやく見つけました~!」
ヒルディブランド
「おお、ナシュ。
 心配しましたぞ、どこに行っていたのですか。」
ナシュ・マカラッカ
「エリーさんから、怪しい人影を追ってくれっていわれたので、
 見張りに行ってました~!」
ヒルディブランド
「ふむ、そういえば、まだ例の視線を感じますな・・・・・・。
 Nikuq殿、付近を探ってもらえませんか?
 私は少し、外の様子を見てきます。」
ナシュ・マカラッカ
「エリーさんは、どこに行ったんですかね~?」
ブリアルディアン
「・・・・・・少し、放っておいてくれ。」
フィリス
「・・・・・・いけませんね。
 私が冷静にならないと。」
黒ずくめの痕跡を探す
汚れた手紙が落ちている・・・・・・。
汚れた手紙
「注意注意注意注意」
黒ずくめの痕跡を再度探す
汚れた手紙が落ちている・・・・・・。
汚れた手紙
「親しきものこそ すべてを疑え」
黒ずくめの痕跡をさらに探す
汚れた手紙が落ちている・・・・・・。
汚れた手紙
「例の「粉」を1回分添付する
 賢く使うよう」
「粉末ミラージュディスペラー」を手に入れた。
・・・・・・背後に何者かの気配がする!!
ゴッドベルト
「ホッホッホウ!
 息子の友人のNikuq殿ではありませんか!
 近くで商談をしていたら、怪しい気配を感じましてな。
 ここまで気配を追ってきたのです。
 ところで、君はいったい何を?
 ホゥ・・・・・・なるほど、「怪盗白仮面」の事件がそんなことに・・・・・・。
 そして、怪しい気配の持ち主からの手紙があったと。
 ううむ、何者なのでしょう。
 罠か、それとも・・・・・・?
 ・・・・・・いずれにせよ、注意をするにこしたことはありません。
 中に残っている人物には、警戒すべきですぞ。
 息子になにかあったら、ママに大目玉をくらいますからな。
 私も捜査に合流させていただきましょう。」
ゴッドベルトと話す
小さな少年
「・・・・・・・・・・・・・・・・・・違う。
 ・・・・・・いつもと・・・・・・違う・・・・・・。」
ゴッドベルト
「ふむ、手持ちの「粉末ミラージュディスペラー」は1回分・・・・・・。
 ・・・・・・この中に、偽物が紛れ込んでいる可能性があると、
 手紙の差出人は伝えたいのでしょうか。
 私より、貴方のほうが皆さんを知っているはず。
 Nikuq殿、ここにいる人と話をして、
 変なところがないか調べてくれませんかな?」
偽者の手がかりを探す
ナシュ・マカラッカ
「ブリアルディアンさんに、話は聞きました~。
 エリーさんが「怪盗白仮面」だったなんて、びっくりです~!」
ナシュ・マカラッカ
「ヒルディブランド様、戻ってくるの遅いですね~。」
ブリアルディアン
「エリーが「怪盗白仮面」・・・・・・?
 いや、ぼくらしくない、冷静に考えろ・・・・・・。
 なにか、決定的な違和感が・・・・・・ある・・・・・・。」
ブリアルディアン
「なにか、見落としているはず・・・・・・。
 決定的な・・・・・・何かを・・・・・・。」
フィリス
「ゾンビーになるなんて・・・・・・イヤです・・・・・・。
 とても、恐ろしいです・・・・・・。」
フィリス
「・・・・・・さまざまなことが起こりすぎていて、
 頭が整理しきれていません・・・・・・。」
ゴッドベルトと話す
ゴッドベルト
「ふむ、そうですか・・・・・・。
 まぁ、潜入しているとしたら、それがばれぬ自信もあるはず。
 注意を払いながら、しばらく様子を見てみましょう。」
ナシュ・マカラッカ?
(チッ・・・・・・厄介な奴が来たわね・・・・・・。
 あまり時間をかけている暇はないわ・・・・・・。)
ヒルディブランド
「外にいる銀冑団の方に話を聞いてみたのですが、
 まだ、エリー殿はみつかっていないようですな・・・・・・。
 ・・・・・・って、なんで父上がここに!?」
ブリアルディアン
「・・・・・・ようやく、頭が回転してきた。
 おい、ポンコツ・・・・・・それ以上近づくな。
 すでにここに、「怪盗白仮面」がいる可能性があるからな。」
ヒルディブランド
「むむっ!
 ブリ殿、私を疑っているのですかな!?」
ブリアルディアン
「フィリスがここにいる以上、その可能性はゼロではない。
 一度でも「ひとりきり」になった人物は、全員疑いの対象だ。
 どこかで、「怪盗白仮面」と入れ替わっていてもおかしくない。」
ゴッドベルト
「うむ、そのとおりですな。
 「粉末ミラージュディスペラー」を使えばすぐわかるが・・・・・・
 Nikuq殿以外に、持っている方はいますかな?」
フィリス
「手元にはもうありません・・・・・・。
 先にいかせた銀冑団が、いずれ戻ってきます。
 彼らが持っている「粉」を集めて使えば・・・・・・。」
ナシュ・カカラッカ?
(チッ・・・・・・そのとおりよ、こっちには時間がないの。
 さっさと隙をついて、あのクソ女をゾンビーにしないと・・・・・・。)
ヒルディブランド
「ふむ、それまでただ待つわけにはいきませんな。
 この私の推理で、容疑者を絞ってみせましょう!
 ・・・・・・まず、エリー殿が入れ替わるとしたら、
 関わりが長く、なりすましやすい人物!
 つまり、接点の少ない父上は容疑者から省かれます。
 残るは私とナシュ、Nikuq殿です。
 私とナシュは、ともに事件屋として旅をした時間が長い・・・・・・。
 まずは私がナシュに、いくつか質問をしてみましょう!」
ナシュ・マカラッカ
「はい~!」
ナシュ・マカラッカ?
(チッ・・・・・・こういうときに限って、頭が回るなんて!
 ふたりしか知り得ない情報だと、かなりヤバイ・・・・・・!)
ヒルディブランド
「第一問!
 エオルゼアで一番紳士的な人物は!?」
ナシュ・マカラッカ
「ヒ・・・・・・
 ヒルディブランド様です~!」
ヒルディブランド
「・・・・・・正解!
 それでは第二問!
 ナシュが最も尊敬している人物は!?」
ナシュ・マカラッカ
「ヒルディブランド様です~!」
ヒルディブランド
「・・・・・・正解!
 それでは、最後の質問ですぞ!
 エオルゼアで最も優秀な事件屋の名前は!?」
ナシュ・マカラッカ
「ヒルディブランド様ですー!!」
ヒルディブランド
「・・・・・・うむ!
 本物のナシュですな!」
ナシュ・マカラッカ?
(心底、バカでよかった!!!!!!!!!)
ヒルディブランド
「・・・・・・おや?
 ナシュ、少し小じわが増えましたかな!?」
ナシュ・マカラッカ
「ア、ア、アンタ、いきなりなに言ってんのよ!!
 小じわは関係ないでしょ! フン!!
 ・・・・・・・・・・・・あ。」
ブリアルディアン
「・・・・・・・・・・・・その反応は、エリーだよ。」
ヒルディブランド
「エリー殿じゃ・・・・・・ない?」
ヒルディブランド
「・・・・・・Nikuq殿、話を聞いてみましょう。」
ゴッドベルト
「手紙の差出人の言うとおり・・・・・・でしたな。」
ブリアルディアン
「ま、また2枚被っているのか・・・・・・?
 いや、それにしても彼女は・・・・・・エリーに似ている。」
フィリス
「か、彼女はいったい・・・・・・!?」
  粉末ミラージュディスペラー:変装マスクの幻影を除去するための特殊な粉末