きめられた物語

きめられた物語

  • 依頼主 :ヒルディブランド(西ザナラーン X28-Y24)
  • 受注条件:レベル50~
  • 概要  :ヒルディブランドは、何か思いついたようだ。

ヒルディブランド
「フッフッフッ・・・・・・なるほど、なるほど・・・・・・!?
 見えてきましたぞ・・・・・・!?
 この事件屋ヒルディィィィィブランドゥ!
 舞い散るゾンビパウダーの煌きに・・・・・・
 事件解決の糸口を・・・・・・キャッチ!
 私の推理によると・・・・・・
 「怪盗白仮面」は、400年前の戦争で殺されたシラディハの亡霊!
 ですから、ズバリ事件解決の糸口は・・・・・・
 亡霊たる「怪盗白仮面」の・・・・・・供養!!
 シラディハとウルダハの確執について情報を集め、
 亡霊の憎しみの根源を見出すことができれば・・・・・・
 彼を成仏させる手が見つかるはず!
 そうですな・・・・・・
 呪術士ギルドなら、当時の書物も残されているでしょう。
 かのギルドで話を聞けば、情報が得られるはずです!」
ブリアルディアン
「亡霊はともかく、シラディハを調べるのは悪くない。
 ポンコツとNikuqで、向かってくれ。
 ぼくらは、この辺りをひととおり調べておく。」
ヒルディブランド
「承知しましたぞ!
 では、Nikuq殿。
 さっそく呪術士ギルドに向かいますぞ!」
ブリアルディアン
「亡霊はともかく、シラディハを調べるのは悪くない。
 先に呪術士ギルドにむかっていてくれ。
 ぼくらは、あとから追おう。」
呪術士ギルドで情報を集める
ヒルディブランド
「捜査の基本は聞き込みにアリ!
 ここで、シラディハとウルダハの確執をつきとめましょう!」
ネネッコ
「あら、あなたは以前遺跡でお世話になった・・・・・・!
 シラディハとウルダハの確執を調べているのですか?
 それなら、専門家である私に、お任せください!
 シラディハとウルダハの確執を学びたいのであれば、
 両国の母国である「ベラフディア」の興りを、
 キチンと知っておいたほうが良いですよ。
 ・・・・・・そう、時は第五星暦!
 魔法文明が花開いた「大魔法時代」に、
 さまざまな都市国家が繁栄しました。
 しかし、魔法を乱用した「魔大戦」が引き金となり、
 大洪水「第六霊災」が発生し、数々の文明が崩壊したのです。
 この反動で、魔道士は迫害の対象となってしまいました。
 落ちぶれた魔道士は、荒野ザナラーンに逃げ延び、
 約800年前に、なんとか「ベラフディア」を建国したんです。
 魔道士が作った国・・・・・・とても夢がありますよね!
 ベラフディアが、ずっと続いていたらよかったのに・・・・・・。
 だって、そうすれば戦争なんておこらなかったんですから。」
ネネッコ
「今話題の「怪盗白仮面」は、
 「ベラフディア四大神器」を集めているという噂ですよね。
 はぁ・・・・・・私にも見せてくれないでしょうか。」
エラスムス
「シラディハとウルダハの確執について調べているのですか?
 でしたら、ふたつの国の興りについて、僕が説明をしましょう。
 ふたつの国は元々、「ベラフディア」というひとつの国でした。
 しかし、ベラフディア王家に生まれた双子の王子が、
 王位継承権を巡って対立したそうです。
 結果、ベラフディアは分裂・・・・・・。
 双子の王子はそれぞれ「ウルダハ」と「シラディハ」を建国し、
 両国は小競り合いを繰り返したそうですよ。」
エラスムス
「もしも、ベラフディアが分裂していなかったら、
 どんな国に発展していたのか・・・・・・少し気になりますよね。」
ヤヤロク
「おやおや、シラディハとウルダハの確執について、
 調べているのですか・・・・・・。
 確執など問うまでもありません、すべては結果です。
 両国の戦争において、シラディハは負け、ウルダハは勝った。
 それだけのことです。
 シラディハが負けた理由は、彼らの自滅にあります。
 彼らは、戦争において劣勢となり、兵が尽きかけたとき・・・・・・
 国民をゾンビーへと変える恐ろしい戦法を採ったのです!
 これを勇敢に撃退したから、ウルダハの栄光があるのです。
 シラディハの亡霊がいるとしたら、
 我々の栄華を恨んでいるのでしょうね・・・・・・。」
ヤヤロク
「自国の民に「ゾンビパウダー」を撒くなんて、
 シラディハの民は相当に追い詰められていたのでしょう。
 まったく、おかしな国です。」
ココブキ
「クックック・・・・・・。
 シラディハとウルダハの確執について・・・・・・ですか。
 黄金の天秤に、富と力を並べるウルダハと、
 白銀の天秤に、知恵と力を並べたシラディハ。
 争いから生まれた両国は、「力」の解釈がまるで違った・・・・・・。
 歴史の上では、シラディハの「知恵」が、
 秘薬「ゾンビパウダー」を生み出したと言われています・・・・・・。
 私は、歴史書でそう読みました・・・・・・クックック。
 ただし、歴史とは勝者の語りぐさ・・・・・・。
 どこまでが真実か、わからぬものです。
 ここだけの話・・・・・・シラディハとの戦争において、
 ウルダハ軍が、あの「アマルジャ族」と共闘した記録が、
 とある古文書に記されていたのを見たことがあります・・・・・・。
 しかし、その記録は「歴史」に残ることはありませんでした。
 そして件の古文書は、儀典として書庫の奥に追いやられた・・・・・・。
 不思議ですよね・・・・・・クックック。」
ココブキ
「歴史とは、あくまで「勝者が残した記録」です。
 それをお忘れなきよう・・・・・・クックック。」
ヒルディブランドと話す
ヒルディブランド
「Nikuq殿!
 首尾はいかがでしたか?
 ふむ、私が聞いた話と大体同じですな・・・・・・。
 ベラフディアという大国が、
 シラディハとウルダハという二国に分裂。
 戦争で劣勢となったシラディハが、
 自国の民をゾンビーと変えて徹底抗戦を貫き、
 ウルダハはそれを撃滅した・・・・・・と。
 ・・・・・・ふーむ、見えてきましたぞ!?
 「怪盗白仮面」の恨み・・・・・・
 それは、自身をゾンビーと変えた、自国の為政者への恨み!!
 その政策を打ち出した人物を特定し、
 誠意ある謝罪をさせれば、「怪盗白仮面」の亡霊も・・・・・・!!」
ブリアルディアン
「・・・・・・おい、400年前の為政者が生きているわけないだろう。
 そもそも、「怪盗白仮面」がシラディハの亡霊だなんて、
 そんな非論理的なことは考えられない。
 まぁ、奴がシラディハに縁のある人物だという説には同意だ。
 あの「白」を基調とした装束は、
 シラディハ国旗の「白銀」の天秤をイメージしたのだろう。
 ベラフディア時代の神器について知識があることも、
 シラディハに縁がある人物ならば、説明がつく。
 ・・・・・・しかし問題は、被害者の共通点だ。
 「怪盗白仮面」と、なんらかの接点があったのだろうか・・・・・・?」
エリー
「・・・・・・そういえば、これまでの被害者について、
 しつこいくらい問い合わせてきた人がいるわね。
 まるで、何かに怯えているかのように・・・・・・。」
ヒルディブランド
「むむっ!!
 私の推理によると・・・・・・その人物が何かを知っているはず!」
ブリアルディアン
「言うまでもない。
 エリー、その人の居場所はわかるか?」
エリー
「ホライズンで流通関係の仕事をしている、ググリヤさんよ。
 行ってみましょうか。」
ホライズンのググリヤと話す
ヒルディブランド
「彼がググリヤ殿のようです!
 重要参考人物として、さっそく話をきかなければ!」
ググリヤ
「なんだね、君たちは。
 私は今、とても忙しいのだよ。」
エリー
「こんにちは、ミスリルアイの記者エリーです。
 先日、ググリヤさんから弊社にお問い合わせいただいた内容で、
 少し取材させていただきたいことがあるのですが・・・・・・。」
ヒルディブランド
「ずばり、「怪盗白仮面」が狙っている人物に、
 思い当たる節はありませんかな!?」
ググリヤ
「・・・・・・は!?
 か、「怪盗白仮面」のことだって!?
 し・・・・・・知らん、私は何も知らんぞ!!
 わ、私は仕事中でね!
 ここで重要な客人を待っているだ!
 これにて失礼する!!」
聞き覚えのある声
「・・・・・・あら、あんたたち何してるのよ。」
ヒルディブランド
「おや、ドリルダ殿!
 なぜこんなところに?」
ドリルダ
「うちの近所なんだから、私がいておかしい?
 ・・・・・・って、美形の事件屋男爵さんもいるのね、お久しぶり。
 あんたたちは、ググリヤに用があるのね?
 ググリヤ、私との商談なら後回しでいいから、
 この人たちの相手をしてあげてちょうだい。」
ググリヤ
「エッ!?
 あの、でも・・・・・・!!」
ドリルダ
「そうそう、娘の誕生日が近いから、
 「エシュテム」で新作の宝飾品を見たかったのよ。
 取引はウルダハでするから、あなたは後で来なさい。
 ああ、それから・・・・・・この人たちを邪険に扱わないでよね?
 私にとって、大事なものを思い出させてくれた・・・・・・
 一応の恩人たちなんだから。」
ググリヤ
「わかったよ・・・・・・とある人物から依頼されて、
 連続殺人事件について、あらゆる手段を使って情報を集めたんだ。
 「怪盗白仮面」は、「ゾンビパウダー」を持っているんだろう?
 ならば「5つの命」というキーワードで、思い当たる団体がある。
 各界から選出された「匿名の5名」から成り立つ集団・・・・・・
 「天秤委員会」のメンバーだ。」
ブリアルディアン
「・・・・・・それは、どんな組織なんだ。」
ググリヤ
「ウルダハとシラディハに関する歴史に対して、
 「誤った知識」が広まらないよう、監視する組織だ。」
ヒルディブランド
「誤った知識・・・・・・
 それは、何なのですかな?」
ググリヤ
「・・・・・・か、かんべんしてくれ。
 そ、それを私が言ったら、「怪盗白仮面」より怖い奴に殺される。」
ブリアルディアン
「まあいい・・・・・・。
 お前に情報収集を依頼した人物の名を言え。」
ググリヤ
「ホッブさんだ・・・・・・まだ生きてる。
 彼は今回の事件について、私からの報告を受けると、
 私兵を連れて、リムサ・ロミンサに向かうといっていた。
 空路は怖いといって、私船でベスパーベイから発つそうだ。
 チョコボでベスパーベイに向かったから、
 そろそろ出発しているんじゃないか。」
ブリアルディアン
「狙われている残りのふたりのうち、ひとりがそいつで確定か。
 もうひとりのことも、ホッブを問い詰めればわかるだろう。」
ググリヤ
「い、いや・・・・・・この委員会は、情報の流出を防ぐため、
 メンバー同士すら、お互いのことを知らないようだ。
 ホッブさんは銅刃団に顔が利くから、
 被害者がゾンビー化しているという情報を得たらしい。
 それで、事件の狙いに察しがついただけだ。」
ヒルディブランド
「ふむ、それは残念ですな・・・・・・。
 まぁ、今はともかくホッブ殿に話を聞く必要がありますぞ!
 いつ狙われるかわかりません、急ぎましょう!」
ヒルディブランド
「ともかく、ホッブ殿に話を聞く必要がありますな!
 ベスパーベイ方面に探しにいきましょう!」
ホッブを探す
エリー
「あれがホッブさん・・・・・・?
 なにか、あったのかしら・・・・・・。」
ブリアルディアン
「・・・・・・いや、違う!
 エリー、離れろ!!」
ホッブ
「アア・・・・・・アアア・・・・・・。
 アアアアアアア! コロス! アアアアアアア!!!!」
ブリアルディアン
「まさか、ゾンビーか!?
 もう彼はだめだ!
 Nikuq・・・・・・頼む!」
ヒルディブランド
「やはり、ゾンビー化しています・・・・・・。
 一歩遅かったようですな・・・・・・。」
エリー
「こ、これは・・・・・・
 またメッセージカードが残されているわ・・・・・・。
 ・・・・・・「あとひとり」って書いてある。」
ヒルディブランド
「むむ・・・・・・またですな。」
ナシュ・マカラッカ
「どうかしましたか~?」
ヒルディブランド
「・・・・・・実は、一連の事件が始まってからずっと、
 妙な視線を感じていたのです。
 今もまた感じました。」
エリー
「「怪盗白仮面」が、まだ近くにいるのかもしれないわ。
 き、気をつけないとね・・・・・・。」
ブリアルディアン
「ひとまず、フィリスの元に報告に行こう。
 秘密組織とはいえ、委員会の名が特定できた以上、
 最後のひとりを見つけることも可能なはずだ。」
エリー
「私は編集部に戻って状況を報告してから、
 ちょっとウルダハをひとまわり取材してくるわ。
 あとで合流しましょう。」
ブリアルディアン
「しかし・・・・・・今ひとりになるのは、いろいろと危険だ。」
ナシュ・マカラッカ
「ナシュがエリーさんと一緒に行きます~!」
ヒルディブランド
「ふむ、ふたりなら大丈夫でしょう。
 エリー殿はたくましいですからな!」
ブリアルディアン
「エリー、この事件が解決したら、君に伝えたいことがある。
 だから、自分の身には十分注意をしてくれ。
 ぼくが狙われたときのような、無茶はしないように。」
エリー
「ブリアルディアン君が狙われたとき・・・・・・?
 ・・・・・・あー、あはは・・・・・・あったわね・・・・・・砂浜で。
 じ、じゃあ、その話を楽しみにするためにも・・・・・・
 気をつけて行ってくるわ。」
ヒルディブランド
「それじゃあ、フィリス殿の元で合流いたしましょう!」
ウルダハのフィリスと話す
ヒルディブランド
「・・・・・・残念な報告になってしまいますが、
 フィリス殿に、ホッブ殿のことを伝えなければなりませんな。」
ハンフリー
「俺たちの警備は完璧だ!
 今のところ、宝物庫には誰も近づいていないぜ?」
フィリス
「・・・・・・な、なんですって!?
 四人目の被害者が現れたのですか!?
 被害者の共通点は「天秤委員会」・・・・・・?
 そ、そ、そ、そんな・・・・・・!!」
エリーの悲鳴
「キャーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!」
フィリス
「い、今の声は、エリーさん!?
 宝物庫の方から聞こえました、すぐに向かいましょう!!!」
ブリアルディアン
「エリー!
 大丈夫か!?」
エリー
「し、し、取材をしてたら、
 いきなり、襲いかかってきたの・・・・・・!
 それで、つい・・・・・・。」
ヒルディブランド
「ビンで殴ったのですな、さすがはエリー殿ですぞ!
 しかし、ナシュが見当たらないようですが・・・・・・。」
エリー
「ナシュちゃんなら、怪しい人影を見たって言って、
 追いかけにいっちゃったわ。」
フィリス
「・・・・・・こんな顔の従騎士は、銀冑団にはいません。
 「粉末ミラージュディスペラー」を使ってみましょう!
 この顔は・・・・・・「怪盗白仮面」!?
 まさか、こんな形で決着がつくとは・・・・・・!」
ヒルディブランド
「つ、ついに「怪盗白仮面」を捕らえることができたとは・・・・・・!
 エリー殿の腕力のおかげですな! 素晴らしいですぞ!
 そうだ、フィリス殿!
 預かっていた「粉」は、結局使わずにすみました。
 「怪盗白仮面」も捕まえたことですし、こちらはお返ししますぞ!」
ブリアルディアン
「ポンコツ、大概にしろ・・・・・・。
 それは貴重なものだと、はじめに言っただろう!?」
フィリス
「どう・・・・・・いうこと・・・・・・!?」
ブリアルディアン
「か・・・・・・考えられる結論は、ただひとつ・・・・・・
 マスクを、2枚被せられていたんだ!
 こいつは、「怪盗白仮面」が仕込んだ囮だ!!」
フィリス
「か、彼の名はグイグ、本物の従騎士です。
 宝物庫の門番のひとりで、例の「粉」を持たせていました。
 手練の彼が、無抵抗でやられるはずがありません・・・・・・!」
ヒルディブランド
「変装をしていない人物が、彼に接触をしたから・・・・・・。
 エリー殿が、いつの間にかいません。
 ・・・・・・逃げましたな。」
ブリアルディアン
「・・・・・・は?
 ま、まさか、逃げるだなんて・・・・・・なぜそんなことを!?」
ヒルディブランド
「エリー殿は、彼を囮にするために昏倒させ、
 用意しておいたマスクを2枚被せたのでしょう。
 ・・・・・・「怪盗白仮面」を捕らえたと、我々を欺くために。」
ハンフリー
「ほ、宝物庫の中を確認したのですが・・・・・・!
 「知恵の耳飾り」が、ありません・・・・・・!」
フィリス
「ミ、ミスリルアイの記者、エリーが「怪盗白仮面」です!
 急いで捕らえなさい!!!!」
????
「・・・・・・まだ、終わってない・・・・・・!」
ギルガメッシュ
「ヒルちゃんを見かけたから追いかけてきたものの、
 なんか、いつもとムード違うから・・・・・・出づらいじゃねぇか・・・・・・。
 えー、どうしよう・・・・・・。」
ナシュ・マカラッカ
「あ、エリーさんですか~?
 怪しい影が見えたって言ってましたけど、
 特に変な人はいないみたいでした~!」
ナシュ・マカラッカ?
「はぁ、まさか2枚重ねのマスクに気がつくとはね。
 ポンコツ事件屋の強運を、甘く見てたわ。
 まぁいいわ、計画変更。
 終幕は、もうすぐそこなんだから・・・・・・。」
ブリアルディアン
「そ・・・・・・・・・・・・ん、な・・・・・・。」
フィリス
「私、は・・・・・・・・・・・・。」