刃と心で為すがもの

刃と心で為すがもの

  • 依頼主 :オボロ(東ラノシア X20-Y26)
  • 受注条件:忍者レベル30~
  • 概要  :オボロは、冒険者に印の使い方について説明したいようだ。

オボロ
「うむ、「忍者の証」を身につけたようだな。
 Nikuq・・・・・・
 これでお主も、我々と同じ「忍び」だ。
 ・・・・・・ゴホン。
 汝、忍びたる者に告ぐ。
 忍びの道は、刃と心で為すがもの。
 儚き心は儚き刃に、虚う心は虚う刃に。
 強く正しき忍びの道は、強く正しき心の先に・・・・・・。
 ・・・・・・亡き師からの受け売りだ。
 忍びたるもの、冷静沈着、一意専心な「正しき心」を持つように。
 さて、さっそくだが、
 「忍術」の扱い方について、修行を始めるといたそう。
 「忍術」の効果は、結ぶ「印」と、その順番によって決まる。
 今、お主が結べるのは、先ほど教えた「天の印」のみ。
 お主の成長に応じ、新たな「印」を教えていくつもりだが、
 まずは「天の印」の扱いに習熟してもらわねばならぬ。
 「天の印」を結んだら、直ちに「忍術」を発動せよ・・・・・・
 さすれば、風を結びし魔の投剣・・・・・・「風魔手裏剣」が現れよう。
 平屋の外に、修行用の「東方風の木人」を用意しておいた。
 これにお主の「風魔手裏剣」を放ってみせるのだ。」
オボロ
「「天の印」を結んだら、直ちに「忍術」を発動せよ・・・・・・
 さすれば、風を結びし魔の投剣・・・・・・「風魔手裏剣」が現れよう。
 これを「東方風の木人」に対して放ってみせるのだ。」
オボロに報告
オボロ
「うむ、上出来だ。
 見事に「風魔手裏剣」を体得したようだな。
 「忍術」というのは、興味深いであろう?
 それに、忍びの心得により、身体も軽く感じるはず。
 抜刀した状態で、回転飛びをすることも容易でござろう。
 まぁ、あまり跳ねすぎると怪我の元だがな。
 ・・・・・・よし、次は手合わせとまいろう。
 準備ができ次第、私に声をかけるがよい。」
ツバメ
「オボロ様と手合わせをするのですね。
 私は、ここで応援させてもらいます。」
鬼火を倒せ!
オボロ
「まずは、「鬼火」に対処してみせよ。
 「風魔手裏剣」など遠隔攻撃を駆使し、近づかれる前に倒すのだ。」
(「では、始めるぞ」)
ツバメ
「Nikuq様、その調子です!」
大蝦蟇と鬼火を倒せ!
オボロ
「次は、「大蝦蟇」と「鬼火」を口寄せる。
 決して慌てず、心を鎮め、流れるままに対処すればよい。」
オボロを倒せ!
月夜のオボロ
「フッ・・・・・・乗り越えたか。
 最後は、私がお相手いたそう・・・・・・ゆくぞ!」
オボロと話す
ツバメ
「Nikuq様、お見事でした!
 「忍者の証」が輝いたのも頷ける才をお持ちです。」
オボロ
「ふむ・・・・・・ユウギリ様から聞いたとおりだ。」
ツバメ
「熟練の双剣士だけに、
 思いの外、飲み込みが早いようだ、素晴らしい。
 ・・・・・・と、オボロ様は言いたいようですよ?」
オボロ
「ツバメ・・・・・・・・・・・・まぁいい。
 確かに、流れるような良い「刃」であった。
 ・・・・・・さて、今度は、我々が教えを請う番だ。
 エオルゼアの風習について尋ねたいのだが、よいか?
 ・・・・・・協力に感謝する。
 まず、東ラノシアにおける・・・・・・
 ・・・・・・む、さっそく礼がおかしいと?
 ふむ・・・・・・こ、こんな感じでどうだ?
 やはり、里を遠く離れた任務は難しいな・・・・・・ゴホッ。」
ツバメ
「オボロ様は、こちらにきてから体調が優れませんね・・・・・・。
 この地に関する「知識」とともに、
 焦らず、身体を慣らしていきましょう。」
オボロ
「・・・・・・なに、早く任務を終わらせ、里に帰れば良いだけのこと。
 Nikuq、今日はこれまでにいたそう。
 「忍術」の扱いに慣れたとき、またこの平屋を訪ねてくれ。」
ツバメ
「・・・・・・オボロ様、まずは礼の練習からですね。」
オボロ
「心を無にすれば・・・・・・礼もうまくいくはず・・・・・・。」