月影の導き

月影の導き

  • 依頼主 :ジャック(リムサ・ロミンサ:下甲板層 X8-Y16)
  • 受注条件:双剣士レベル30クラスクエストクリア、かつ格闘士レベル15~
  • 概要  :双剣士ギルドのジャックは、冒険者に変わった仕事を依頼したいようだ。

ジャック
「よう、Nikuq。
 あの「断罪党」とも渡り合ったお前の腕を見込んで、
 変わった仕事を任せたいんだが・・・・・・いいか?
 今回追ってもらうのは、掟破りじゃねぇ。
 「ワインポート」の周辺に、
 素性の知れねぇ、怪しい連中が住み着いているらしくてな。
 移民者を装ってはいるんだが、
 完璧なまでに正体を隠していて、出自がわからねぇ・・・・・・。
 どうにも、裏社会に生きる者の匂いがするんだよ。
 俺たちは、「リムサ・ロミンサの裏社会」の番人でもある。
 外から裏の連中が入ってきたのなら、監視しておきたい。
 すでに「ペリム・ハウリム」が現地に向かってる。
 手間をかけるが、「ワインポート」であいつと合流して、
 件の連中を追ってみてくれ。」
ワインポートのペリム・ハウリムと話す
ペリム・ハウリム
「あれ、Nikuqじゃないですか!
 あんたが手伝いにきてくれるなんて、心強いです。
 ・・・・・・とはいえ、申し訳ないんですが、
 まだ標的の正体に迫る情報は、手に入ってないんですよ。
 周辺住民には「南洋からの移民者」と名乗ってるようですが、
 税関公社に問い合わせても、該当する移民船はなし・・・・・・。
 どうやって島に渡ってきたのかも、わからないんです。
 こうなったら、多少の危険は承知のうえで、
 直接、接触するしかないと思っていたところですが・・・・・・
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・ん?
 何か悲鳴が聞こえませんでしたか?
 気のせい・・・・・・いや、違う。
 ここから北西の方角、遠くはない場所だ・・・・・・行きましょう!」
ワインポートで異変を探す
不思議な農婦
「ひ、ひぃっ・・・・・・この人たちの仲間!?
 やっ、やめてください、お金はありません!!」
ペリム・ハウリム
「・・・・・・穏やかな状況じゃないですね。
 お姉さん、オレたちはあんたに危害を加えたりしません。
 いったい、何があったんですか?」
不思議な農婦
「あ、あの・・・・・・。
 人探しの途中で、怖い人たちにぶつかって・・・・・・
 因縁をつけられていたんです・・・・・・。
 と、ところが、途中から、
 彼らは言い合いを始めて仲間割れを・・・・・・。」
ペリム・ハウリム
「そういうことでしたか、運が良かったですね。
 この辺りは酒を買い付けに来る海賊も少なくありませんし、
 気をつけた方がいいですよ。」
不思議な農婦
「そうなのですね・・・・・・ご忠告ありがとうございます。
 では、私は待ち合わせがあるので、これで失礼します。」
ペリム・ハウリム
「・・・・・・Nikuq、どう思います?」
(不思議な農婦についてどう思う?)
(怪しいと思う)
ペリム・ハウリム
「あんたもですか、実はオレもです。
 彼女は「仲間割れをしていた」というけど、
 見てください・・・・・・倒れてる連中は、綺麗に一撃でのされてます。」
(とくに何も思わない)
ペリム・ハウリム
「そうですか・・・・・・オレは少し、違和感があるんですよね。
 彼女は「仲間割れをしていた」というけど、
 見てください・・・・・・倒れてる連中は、綺麗に一撃でのされてます。」
ペリム・ハウリム
「ともかく、あの女性を追ってみましょう。
 向かったのは東の方角です。」
ペリム・ハウリムと話す
ペリム・ハウリム
「・・・・・・見てください、ひどい状況だ。
 あの女性は、裏の者にでも喧嘩を売ったんですかね?
 こいつらは武器を持っている・・・・・・農夫なんかじゃない。」
農夫らしき男
「俺はもう・・・・・・だめだ・・・・・・。
 頼む・・・・・・これをオボロ殿か、ツバメ様に・・・・・・。」
ペリム・ハウリム
「・・・・・・ダメです、もう息がない。
 その受け取った袋に入っている「石」みたいなのは、
 お守りか何かですかね?
 ・・・・・・先ほどの女性を追いましょう。
 どうやら、高地ラノシア方面に向かったようです。」
ブロンズレイクの不思議な農婦と話す
????
「見ぃ~~つけたぁ~~~~~!」
奇妙な男
「はいはぁ~い、こんにちわぁ~ん!
 そんなしょうもない変装で、ボクを騙せるとでもォ?
 ウププ、なぁに守っちゃってんノ?
 かぁっこい~い!
 でも、お・バ・カ・さ・ん!
 ・・・・・・その女、ただの農婦じゃないよぉ~ん。
 はぁ~~~、教科書どおりのダッサい暗殺作法・・・・・・。
 ・・・・・・相変わらずの優等生らしい石頭だネェ、オボロくぅ~ん。」
オボロと呼ばれた男
「お前の減らず口も、相変わらずでござろう、カラス!」
カラスと呼ばれた男
「ああ、ボクは悲しいヨォ。
 同じ故郷を持つオトモダチ同士で、殺し合いなんてさァ。
 ・・・・・・・・・・・・と、違ったネ。
 口寄せた記憶のないゴミが、二匹ィ・・・・・・。
 ボクの筋書きに、登場予定はなかったんだけど・・・・・・ネェ?
 ・・・・・・へェ、キミっていい感じだネ!
 手合わせした人の「結末」って、大体わかるんだけどサ・・・・・・。
 キミのはちょっと・・・・・・想像できないみたいだ。
 うん、「謎の双剣使い」の登場か・・・・・・面白い展開だヨ。
 今日のところはドロンと退散がイイかなァ・・・・・・。
 ・・・・・・それじゃぁまたね、あっは~ん。」
オボロと呼ばれた男
「待て、カラス!!
 ・・・・・・チッ、相変わらず逃げ足が速い。」
不思議な農婦
「あなた方は、先ほどの・・・・・・。
 どうして、ここに・・・・・・?」
ペリム・ハウリム
「オレたちは、双剣士ギルドの者・・・・・・。
 あんたたちに聞きたいことがあって、追ってきたんですよ。
 あんたたちは、いったい何者です?
 オレたちと同じ・・・・・・裏に生きてきた者、特有の臭いがする。
 ・・・・・・答えによっては、見過ごせませんね。」
オボロと呼ばれた男
「あの武術、やはりユウギリ様に聞いた「双剣士」か。
 蛇の道は蛇・・・・・・もっと早くあなた方に接触するべきであった。
 承知した、嘘偽りなくお話しいたそう。」
オボロ
「我が名はオボロ、そして彼女はツバメと申す。
 我々は、東州オサード小大陸の辺境の地・・・・・・
 ドマの隠れ里よりやってきた「忍び」の者。」
ペリム・ハウリム
「ドマの隠れ里から来た「忍び」・・・・・・だって?
 ガレマール帝国に制圧されて属州にされた、あのドマ!?」
ツバメ
「・・・・・・はい。
 あれは、厳しいのは確かだったものの、勝てたはずの戦・・・・・・。
 里の忍びたちは、全力を尽くしました。
 しかし、里のひとりが裏切り、
 帝国に情報を売ったことで、戦況は一変・・・・・・。
 多くの命が失われ、結果、ドマは属州となったのです。」
オボロ
「その裏切り者は、帝国軍「隠密諜報部隊」の長となった。
 ・・・・・・それが先ほどの男・・・・・・カラス。
 里を知り尽くした者を、敵軍に残しておくわけにはいかぬ・・・・・・。
 我々は、里の長からの命を受け、カラスの誅殺に参った。」
ペリム・ハウリム
「ドマの忍びが裏切り者の誅殺・・・・・・ですか。
 なるほど、事情はわかりました。」
オボロ
「今回も、カラスをこの地まで誘導して挟撃する予定が・・・・・・
 ・・・・・・多くの仲間を失うことになった。
 ・・・・・・それは、亡くなった仲間の「忍者の証」。
 預かってくれていたのか、恩に着る・・・・・・。
 役目を終えた者の「証」は、里に帰すことになっているのだ・・・・・・。
 なっ!? 「証」が反応している・・・・・・?
 驚いた、お主には忍びたる素質が備わっている様子。
 ・・・・・・どうだろう、我々と取引をせぬか?
 我々がお主に「忍術」を伝授する代わりに、
 それで得た「力」と、この地に関する「知識」を、
 我々の任務のために貸してほしい。」
ツバメ
「お、オボロ様!?
 里の技を、外の者に伝えるなど・・・・・・良いのですか?」
オボロ
「・・・・・・ツバメ、手が足りぬのだ。
 命を受けた忍びの中で、残る戦力は、もう我々ふたりのみ。
 それに、この地の知識をもたねば、隠密行動すら危うい。」
ペリム・ハウリム
「双剣士ギルドとしては、止めたいところですけど・・・・・・。
 ・・・・・・まぁ、Nikuq。
 あんたみたいな冒険者にとっちゃ、ワクワクする話でしょうね?
 興味があるなら、手伝ってあげては?
 この人たちが変なことをしないか、見張りを兼ねるってことで!」
オボロ
「Nikuqとやら、この取引に興味があるなら、
 「レインキャッチャー樹林」にある、
 船着場の平屋に参られよ。」
ペリム・ハウリム
「・・・・・・やれやれ!
 それじゃあオレは帰りますよ、次の仕事が待ってますからね。
 Nikuq、あとは任せました。」
船着場:レインキャッチャーの平屋前のオボロと話す
ツバメ
「先ほどカラスの放った刃をかわした、あなたの才・・・・・・。
 もしかして、本当に忍びたる素質が・・・・・・?」
ビャクブ
「関係者以外、立ち入ることはできぬ・・・・・・。」
オボロ
「・・・・・・ここに現れたということは、
 取引に応じると解釈してよいのであろうな?」
(取引に応じる?)
(いいえ)
オボロ
「そうか・・・・・・残念だ。
 気持ちに変化があったら、いつでも言ってほしい。」
(はい)
オボロ
「・・・・・・感謝する。
 忍びの里を代表する者として、礼を言わせてくれ。
 詳しい話は、この中で話そう。
 ここは、かぎられた者しか入れぬように、
 合い言葉を取り決めている。
 そこにいる、ビャクブという門番に話しかけ、
 「アヤメ」と問われたら、「カエデ」と答えてくれ。
 さすれば、中に入ることができよう。」
ツバメ
「オボロ様の決めたことなら従います。
 どうか、ご協力のほど、よろしくお願いいたします。」
ビャクブと話す
ビャクブ
「・・・・・・合言葉を述べよ。
 アヤメ・・・・・・。」
(何と答える?)
(カエル)
ビャクブ
「・・・・・・立ち去るがいい。」
(カエデ)
ビャクブ
「・・・・・・お前を迎えよう。
 オボロ様が、お待ちだ・・・・・・。」
オボロと話す
オボロ
「よく来てくれた、Nikuq。
 ・・・・・・ここは、エオルゼアにおける我らが拠点。
 この位置なら帝国軍の基地もほど近く、
 カラスの動きを見張るには丁度よくてな。
 地元の船渡しに雇われる形で、ここに住み込んでいる。
 ・・・・・・さて、「忍者の証」だが、改めてお主に託そうと思う。
 一族の忍びの魂が込められた、その輝石を身に帯びることで、
 お主は「忍者」たる覚悟を「心」に据えることとなろう。
 忍びが扱う「忍術」は、隠れ里に伝わってきた歴史ある技・・・・・・。
 乱世に生きる民が己の身を守るため編み出し、
 磨き上げてきた独自の技術でござる。
 天地人のすべてに満ちる気・・・・・・
 お主たちエオルゼアの民は、「エーテル」というのであったな。
 これを操りつつ、体術と合わせ闘うのが「忍者」だ。
 その基本となるのが、気を結ぶための「印」・・・・・・。
 最初に教えるのは、大気に満ちるエーテルを結ぶ「天の印」。
 そして、結んだ気を力と成して放つ技・・・・・・「忍術」だ!
 扱い方を伝授するのは、
 お主が正式な「忍者」となってからとしよう・・・・・・。
 「忍者の証」を装備してから、再度、私に声をかけるがよい。」
ツバメ
「正式に「忍者の証」を引き継いだのですね。
 これで我々は仲間・・・・・・ともに、がんばりましょう!」
ビャクブ
「・・・・・・Nikuq、入るがいい。」
ヨウメイ
「私に、何の用でございましょう。」
(何を聞く?)
(あなたのことを教えてほしい)
ヨウメイ
「私の名は、ヨウメイと申します。
 はるか東の地、「オサード小大陸」からやってきた、
 忍びの者でございます。
 帝国軍との戦いで、民を守ろうとした父が殺されました。
 だからこそ、裏切り者の誅殺に少しでも力を貸せればと、
 オボロ様に同行を願い出たのです。
 まだまだ未熟な下忍ですゆえ、
 この地では主に、身辺の世話係をさせていただいております。」
(オボロのことを教えてほしい)
ヨウメイ
「オボロ様は、我々の里の出世頭でございます。
 実力はもちろん、真面目な性格で下忍からの人望も厚い御方。
 此度のエオルゼアにおける任務は、
 異国での難しい任務だと、上忍でさえ敬遠するほどでした。
 しかし、オボロ様は「必ず成し遂げる」と志願なさったのです。
 今回の任務を成功させたあかつきには、
 気むずかしい長老たちも、その実力を認めるでしょう。」
(「忍者」とは何か?)
ヨウメイ
「「忍びの者」・・・・・・すなわち「忍者」とは、
 戦乱の時代にあって、自らの命と土地を守るため、
 武力を持つことを選んだ民から生まれた者であります。
 やがて父祖たちは、己の身を守り、家族を養うために、
 その時々の有力な地方豪族と契約するようになりました。
 そして、諜報や暗殺など、戦働きに従事したのです。
 そういった特殊な任務に就いている者たちは、
 いつしか忍ぶ者・・・・・・「忍者」と呼ばれるようになりました。
 忍者は、独自に磨きあげた技「忍術」を駆使します。
 「印」を結ぶことで、天地人に満ちる「気」の流れを制御し、
 さまざまな術を発するのです。
 ただし、気の流れの制御に失敗をすると、
 どこからともなく、「ミシディアうさぎ」と言われる小動物が、
 口寄せられてしまうのです。
 「印」に失敗したときに見る、あの呑気なうさぎの表情・・・・・・。
 あああ・・・・・・私にとっては悪夢のような存在でございます。」
  汚れた小袋:死の間際に農夫から託された小袋