ヴァレンティオンデーと砂都の人探し

ヴァレンティオンデーと砂都の人探し

  • 依頼主 :オルトファンス(グリダニア:旧市街 X10-Y9)
  • 受注条件:レベル15~
  • 概要  :ミィ・ケット野外音楽堂のオルトファンスは、冒険者にウルダハでの告白相手探しを頼みたいようだ。

オルトファンス
「それでは、「ウルダハ」での「告白相手探し」を頼むよ。
 まずは情報を得るために、依頼人の女性に会うのがいいだろう。
 現地へ向かったら、まずは、ルビーロード国際市場付近にいる、
 「愛の伝道師」に声をかけてくれるかい。
 依頼人から話を聞けるように、準備を整えているはずだ。」
ウルダハの愛の伝道師と話す
(クエスト受注前)
愛の伝道師
「フッ、我々はイシュガルドからやってきた「愛の伝道師」。
 冒険者君に時間があれば、グリダニアにいる我らがアイドル、
 「リゼット」さんにも会ってくれたまえ。」
愛の伝道師
「フッ、君が連絡にあった「愛の伝道師の助手」だね。
 ここまで来てくれて感謝するよ。
 依頼人の女性を連れてくるから、待っててくれ。」
恋に迷う乙女
「あなたが、協力してくれる冒険者さん?
 ありがとう、よろしくおねがいするわね。
 彼は新進気鋭のウルダハ商人よ。
 いまもザナラーンを駆け巡り、商談に励んでるわ。
 そんな彼に、この気持ちを伝えたくて・・・・・・。
 私の思いの丈を手紙に認めたから、届けていただける?
 ・・・・・・あっ、封書の中には小さなトパーズの原石が入ってるから、
 持ち運びには気をつけてくださいね。
 ・・・・・・彼が商談に向かった場所?
 詳しくは聞いていないのだけれど、「銀」がどうのとか・・・・・・。
 ごめんなさい、あやふやで・・・・・・。
 面倒かもしれませんが、よろしくお願いします。
 この機会を逃せば、もう告白なんてできない気がして・・・・・・。
 必ず、あの人にこの手紙を届けてください。」
愛の伝道師
「フフッ、「愛」に真っ直ぐな乙女は美しいものだね。
 君もやる気になるというものだろう・・・・・・。
 しかし、この情報だけで人探しというのも難しいかな?
 そうだ、ほかの冒険者に、話を聞くといいかもしれない。
 告白相手の行き先を知っている者も、きっといるはずだ。
 僕たちが頼れるのは君だけなんだ。
 「乙女の想い人」の捜索、絶対に成し遂げてくれ!」
愛の伝道師
「「銀」に関係する場所か・・・・・・。
 ごめん、土地勘のない僕には、思いつかないよ。
 ほかの冒険者と情報交換をして、「乙女の想い人」を探してくれ。」
乙女の想い人を探して、原石入りの封書を渡す
(ホライズン)
シャシャグン
「はて、冒険者さんは僕に何かご用でしょうか?
 冒険者向けの商売は、していないんですが・・・・・・。
 すみませんが、別の方とお間違えのようですね。
 僕は、冒険者さんが探している商人ではありませんよ。」
(ブラックブラッシュ停留所)
ウォウォタジ
「おや、冒険者殿が私に何かご用で?
 貴殿が必要とするような物は取り扱っていないのですが・・・・・・。
 ・・・・・・えっ、私が「乙女の想い人」ですって?」
(原石入りの封書を渡す)
ウォウォタジ
「はて、これは・・・・・・ああ、彼女からですか。
 この時期に封書、それも小さなトパーズ原石入りとは。
 書かれている内容に、期待してもよさそうですね。
 ヴァレンティオンデーに送る封書に、小さな原石を入れるのは、
 ウルダハ特有の風習でしてね・・・・・・。
 なんでも、採掘師ギルドが広めたものだとか。
 ちなみに、原石ごとに複数の意味を持ちます。
 このトパーズなら、「繁栄」といった具合に。
 彼女は、私の商売の成功を祈ってくれているのでしょう。
 商談も一区切りついたところです。
 封書の返事は、直接伝えることにしますよ。
 届けてくださって、ありがとうございました。」
ウルダハの愛の伝道師に報告
愛の伝道師
「フフッ、冒険者くん、君を待っていたよ。
 「乙女の想い人」を、見つけることができたようだね。
 そちらをご覧、君の成果だ。
 あのとおり、告白は成功だったようでね。
 実に幸せそうで、羨ましいかぎりだ。
 この結果へと導いた君には、感服するよ!
 そうだ、あとでオルトファンス様にも報告しにいくなら、
 伝言を頼まれてくれないかい?
 「貴方の探している女性は、まだ見つからない」とね。
 彼は、イシュガルドで出会った女性を探しているそうだが、
 やはり、こんな遠方にはいないんじゃないかな・・・・・・。
 オルトファンス様も理解していると思うけどさ。
 余談が長くなったけど、ウルダハの告白相手探しは終了だ。
 ありがとう、「愛の伝道師の助手」としての君の協力は、
 絶対に忘れないよ!」
愛の伝道師
「フフッ、冒険者君、君の協力には感謝するよ。
 あれほど鮮やかに、告白相手を探しだしたその手腕は、
 君にも「愛」が満ちあふれている証拠だろうね!!」
(ルガディン女
「贈物、なにがいい?」
ルガディン男
「えっと・・・キ、キミ・・・」
ララフェル女
「あの・・・その、す、す・・・」
ララフェル男
「焦らなくていいぜ、な?」
ヒューラン女
「今回こそあの人に・・・」)
  原石入りの封書:小ぶりのトパーズ原石が入った封書。ヴァレンティオンデーの贈答物