造船廠を刺す眼光

造船廠を刺す眼光

  • 依頼主 :アートビルム(低地ラノシア X26-Y33)
  • 受注条件:レベル13~
  • 概要  :ナルディク&ヴィメリー社の筆頭造船師アートビルムは、Nikuqに、警備隊長を紹介したいようだ。

アートビルム
「モラビー造船廠の警備隊長が、腕の立つ冒険者を探していてな。
 この期待に応えられるのは、俺の知る中じゃ、お前しかいない。
 ちょっと行って、話を聞いてやってほしい。
 最近増えている不審者の調査に協力してほしいそうだ。
 おおかたメルヴィブ提督に反抗する海賊だろうよ。
 ・・・・・・時代に取り残された者ってわけだ。
 まるで俺のオヤ・・・・・・いや、こっちの話だ。
 さあ、警備隊長ギムトータのところへ行ってやってくれ。
 彼女なら、エーテライトの近くにいるぞ。」
ギムトータと話す
ギムトータ大甲士
「よく来てくれた。君が、アートビルムが誉めていた冒険者か。
 すでに彼から聞いているだろうが、最近、不審者が多くてな。
 今も、不審な海賊の目撃報告を受けたばかりだ。
 黒渦団に反発する海賊は、いまだ多いからな・・・・・・。
 そんな輩が、新造船「ヴィクトリー号」を
 狙ってくる可能性があるのだ。
 君を見込んで、怪しい海賊の捜査に協力してほしい。
 海賊が目撃されたのは、「ニメーヤの秘石」付近だ。
 詳しくは、裏門を護る「カ・ナンゴ」に尋ねるといい。」
カ・ナンゴと話す
カ・ナンゴ二等甲兵
「捜査のご協力、感謝します。
 目撃証言があった「ニメーヤの秘石」は、
 ここから南東へ、道なりに進んだ岬にあります。
 「不審な海賊」を発見したならば、声をかけてみてください。
 くれぐれも、ご注意を。」
不審な海賊と話す
海賊の手下
「痛い目見たくないなら、今すぐ立ち去りな!」
海賊の手下
「・・・・・・邪魔するな。
 せっかくの前祝いが、台無しだ。」
不審な海賊
「怪しい奴たぁ、ゴアイサツだな。
 ワシらは海賊だぞ?
 どこで酒盛りしようが、ワシらの勝手だ。
 ったく、つまらん話をしてくれたもんだ。
 せっかくの酒がまずくなるんだよ、
 オメーらみたいなのと話してるとな。
 ・・・・・・ようやく息子を奪い返す算段がついて、
 こっちは上機嫌だったってのに・・・・・・。
 ああ胸クソ悪い、場所を変えて飲み直しだ!」
ギムトータと話す
ギムトータ大甲士
「やはり海賊がいたのか・・・・・・。
 確認するが、息子を取り返すと言っていたのだな?
 ・・・・・・いったい住人の誰が、海賊に狙われているのだろう。
 急ぎ、特定しなければ。
 周囲の警戒も、強めておく必要があるな。
 何事もなければいいのだが・・・・・・。」