大魔道士の祝福


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

大魔道士の祝福

  • 依頼主 :コー・ラブンタ(モードゥナ X21-Y8)
  • 受注条件:レベル50~
  • 概要  :レヴナンツトールのコー・ラブンタは、冒険者と取引したいようだ。

コー・ラブンタ
「フフ・・・・・・わらわの申し出を受けるのだな。
 では、クリスタルタワーにまつわる、
 お前たち「ノア」の調査記録を見せてくれ。
 ・・・・・・といっても、書類なんぞは求めておらん。
 わらわが望むのは真実の記憶・・・・・・。
 お前に、今までの調査を追想してもらいたいのだ。
 呼び起された記憶は、わらわの得意とする夢幻の術により、
 「微睡みの宝珠」に封じられる。
 お前たちが挑んだのは、確か・・・・・・
 古代の民の迷宮、シルクスの塔、闇の世界であったな。
 では、その3度の調査を追想し、記憶を宝珠に封じてみよ!」
(2回目以降
コー・ラブンタ
「再び、わらわの知が必要か?
 フフ・・・・・・よいぞ、わらわもお前たちの記憶に、
 興味が尽きんものでな。
 では、クリスタルタワーにまつわる調査を追想するのだ。
 古代の民の迷宮、シルクスの塔、闇の世界・・・・・・
 それらに挑んだ記憶を封じた「微睡みの宝珠」を集めようぞ。」
コー・ラブンタ
「3度の調査に関する記憶を「微睡みの宝珠」に封じるのだ。
 お前たちがいかなる困難に出会い、戦い、何を知ったか・・・・・・
 明かされる記憶を、楽しみに待つとしよう。」
レヴナンツトールのコー・ラブンタに集めた品を渡す
コー・ラブンタ
「どうだ、調査のことは追想できたか?
 可愛い弟子の戦いの記憶・・・・・・
 わらわの尽きぬ探究心が、今か今かと待ちわびておる。」
(迷宮の宝珠と晶塔の宝珠、異界の宝珠を渡す)
コー・ラブンタ
「おお、これがお前たちの調査の記憶だな!
 お前たちが、アラグの遺産といかに戦ったのか・・・・・・
 かの時代に生きた者として、興味深く覗かせてもらうぞ。
 話に聞く「紅き眼の男」は、この記録に刻まれた冒険の先に、
 かけがえのない希望を見出したからこそ、塔と眠ったのだろう?
 ・・・・・・それほどに尊い、過去と未来を繋ぐ物語なのだな。
 それでは、約束どおり、対価を授けよう。
 いにしえの知より生じた品だ。
 未来を拓かんと戦うお前なら、きっと活用できる。
 ・・・・・・いずれまた、わらわと取引しようではないか。
 記憶というのは、見方によって変化するもの。
 再び調査を追想すれば、新しい真実も見えるであろうよ。
 それにしても・・・・・・フフ・・・・・・
 なかなかおもしろい時代に目覚めたものだなぁ。
 しばらくは、この体を借りて、「今」を堪能しようぞ!」
(2回目以降)
コー・ラブンタ
「おお、まさしく!
 追想するにも楽な記憶ではなかろうに、よくやったな!
 可愛い弟子の奮闘に、対価をもって応えよう。
 わらわとしては、別の愉しみで応えてもよいのだが・・・・・・
 余計なことはするなと、身体の主に釘を刺されておるのでな。
 この品をもって、お前の健闘を祈るとしよう。」
  迷宮の宝珠:大魔道士ノアの夢幻の術により、追体験した「古代の民の迷宮」の記憶が封じられた宝珠
  晶塔の宝珠:大魔道士ノアの夢幻の術により、追体験した「シルクスの塔」の記憶が封じられた宝珠
  異界の宝珠:大魔道士ノアの夢幻の術により、追体験した「闇の世界」の記憶が封じられた宝珠