もうひとつのノア

もうひとつのノア

  • 依頼主 :サイエル(モードゥナ X30-Y12)
  • 受注条件:レベル50~
  • 概要  :聖コイナク財団の調査地のサイエルは、冒険者に頼みたいことがあるようだ。

サイエル
「クリスタルタワーの調査と封印、大変おつかれさまでした。
 さっそくのところ申し訳ありませんが、
 ひとつ、お願いを聞いていただけませんか・・・・・・?
 実は、仲間の調査員がひとり、行方不明なんです。
 「コー・ラブンタ」という女性で、
 シルクスの塔の調査にも参加していたのですが・・・・・・。
 彼女は、塔の中で不思議な宝珠を見つけたと言っていました。
 それを持ち帰って調査していたはずが、
 いつの間にか姿を消していたのです。
 とても気弱な子ですから、宝珠を持ち逃げするとは思えません。
 遺物の集まるレヴナンツトールで、資料を探しているのかも・・・・・・。
 もし彼女を見かけたら、一度戻るように伝えてください!」
サイエル
「行方不明の「コー・ラブンタ」は、
 遺物の集まるレヴナンツトールで、資料を探しているのかも・・・・・・。
 もし彼女を見かけたら、一度戻るように伝えてください!」
コー・ラブンタと話す
コー・ラブンタ
「・・・・・・おや、何か用かね?
 ふむ・・・・・・コー・ラブンタという女を探しているのか。
 ならば、わらわに目を留めたのは、
 半分アタリ、半分ハズレといったところだな!
 この肉体は、確かにその女のもの。
 されども今は、異なる魂が注がれている・・・・・・。
 わらわは、ノア。
 森羅万象の理を紐解き、古今東西にその名を馳せた、
 アラグの大魔道士「ノア」である!
 我が魂は永らく宝珠の中で眠りについていたのだが、
 先日、久方ぶりに目覚めさせられてな?
 よい機会ゆえ、この体を借りて散策しておったのだ。
 お前、ノアの名に心当たりがないわけでもなさそうだな。
 ・・・・・・さては、わらわの名を冠した調査団とやらの一員か?
 ハッハッハッ!
 身体を借りる際、コーから事情は聞いておるぞ!
 案じずとも、名を使われたくらいで怒りはせんよ。
 むしろ、今さら我が名を掲げた者たちに興味が尽きんな。
 どんな輩かと思えば・・・・・・ふむふむ・・・・・・
 なかなかどうして、可愛い娘ではないか・・・・・・フフ・・・・・・。
 我が名を継ぐ者・・・・・・すなわち、我が新たなる弟子よ。
 見どころある弟子は、大いに愛でるがわらわの流儀だ。
 ・・・・・・お前たち「ノア」は、それにあたう探求の徒か?
 ほう、「未来」に挑む集団とな!
 フフ・・・・・・かつてはわらわも、情熱の迸るまま世界に挑み、
 知を喰らう獣となりて、大魔道士へと至ったものよ・・・・・・。
 ・・・・・・気に入った、ひとつ手を貸そうではないか!
 クリスタルタワー調査の記録を、わらわに見せてくれ。
 その対価として、お前のために、いにしえの知を奮おう。
 まぁ、この体では、大したヤンチャはできんがなぁ・・・・・・。
 ・・・・・・おお、そういえばコーが探されておるのだったか。
 仕方あるまい、あとで適当に説明しにいくとしよう。
 なぁに、コー本人に悪いようにはせんよ。
 ともかく、わらわの申し出を受ける気があらば、
 いつでも声をかけるがよいぞ。」
コー・ラブンタ
「ここは、ずいぶんと忙しなく人が行き交うなぁ。
 だが、それでよい・・・・・・それぞ時の流れというものだ。
 彼方へと去った過去が、あえて流れを妨げることもなかろう。」