3本の柱


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

3本の柱

  • 依頼主 :ミンフィリア(暁の間 X6-Y5)
  • 受注条件:レベル50~
  • 概要  :石の家のミンフィリアは、悩んでいることがあるようだ。

ミンフィリア
「アシエンの動向が気になっているの・・・・・・。
 蛮神「シヴァ」の背後にある、イシュガルドの問題もね。
 ・・・・・・でも、エオルゼアの抱える問題は、それだけじゃない。
 ここのところ、エオルゼアの各地で、
 不穏な動きが広まっていると思わない?
 蛮神問題の解決が、わたしたち「暁」の務め・・・・・・。
 だけど、本当にこのままで良いのか、時々、不安になるわ。
 ・・・・・・もっと、ほかのことにも注意を払うべきなのかしら。」
アルフィノ
「それは、私たちクリスタルブレイブの務めだよ、ミンフィリア。
 そのために組織をわけたのだろう?
 焦る気持ちはわかるが、今の私たちにできるのは、
 目の前の問題を片付けていくことだけだ。
 もっとも、こちらでも君の力を借りてしまっているがね。
 クリスタルブレイブが安定するまで、
 もう少しだけ付き合ってくれると幸いだ。」
ミンフィリア
「今日はどうしたの?
 ここのところ、ウルダハで忙しくしていたみたいだけれど。」
アルフィノ
「ああ、まさにその件で相談があってね。
 ・・・・・・先の不滅隊の不祥事を受け、上層部が揺れているのだ。
 そこを突いて、テレジ・アデレジら共和派や、
 一部の難民が活発に動き出している・・・・・・。
 おかげで混乱に拍車がかかり、局長たちも手を焼いているよ。
 クリスタルブレイブとしては、
 不滅隊に協力し、事態を収拾したいと考えている。
 しかし、三国から距離を置いた石の家では、
 皮肉にも、迅速な情報処理と指揮がとれなくてね。
 そこで私は、しばらくここを離れ、
 クリスタルブレイブのウルダハ支部に身を置こうと思う。
 ・・・・・・構わないだろうか?」
ミンフィリア
「わかったわ。
 こちらのことは任せておいて。」
アルフィノ
「ああ、信頼している。
 ・・・・・・アシエン対策は順調かい?」
ミンフィリア
「ええ、ムーンブリダさんが合流してくれて、
 アシエンを消滅させるための研究が進んでいるわ。
 ウリエンジェさんは砂の家で文献を探り、
 賢人のみんなも、調査のために力を貸してくれている・・・・・・。
 でも、肝心の部分・・・・・・
 アシエンを討つための、強大な「エーテルの刃」の形成には、
 まだ、しばらく時間がかかりそうよ。
 研究を進めている間、
 あなたはクリスタルブレイブに協力してもらえるかしら?
 今、力を必要としているのは、彼らの方だから。
 わたしたちは「暁の血盟」と「クリスタルブレイブ」という
 2本の柱で成り立っているわけではない。
 光の戦士である「あなた」も含めた、3本の柱よ。
 あなたの本分は、冒険者・・・・・・。
 国や組織の境を越えて、あなたの力を求める人に、
 力を貸してあげてほしいの。」
アルフィノ
「そう言ってくれると、ありがたい。
 君の力、謹んで借りさせていただくよ。
 ・・・・・・さて、私はそろそろ出かけるが、
 その前に、リオルからの報告を受けることになっているのだ。
 彼は私の直属として、独自の情報網を使い、
 諜報活動をやってもらっている。
 現在のウルダハの騒乱について、何か掴んだらしい。
 君は、リオルたち元海雄旅団からの信頼も厚いそうだね。
 ともに報告を受け、必要であれば彼の力になってくれるかい。」
ミンフィリア
「こちらに進展があったら、いつもどおり連絡するわね。
 気をつけていってらっしゃい。」
イダ
「白聖石の調整に使う珍しい鉱石を、
 あっさり、サンクレッドが見つけてきてさぁ。
 でも、人に頼んだだけって、なんかズルくない?」
サンクレッド
「貴重な物資が必要なとき、物を言うのが人脈さ。
 ウルダハ在住のさるご令嬢が、
 求めていた品を、特別に融通してくれることになってね。」
パパリモ
「ムーンブリダに頼まれていた資料だけど、
 これが、中々どうして見つからないんだ。
 まったく参ったよ。」
ヤ・シュトラ
「・・・・・・シャーレアンの「大撤収」により、
 散逸してしまった文献も、少なくないものね。
 在りし日の幻想図書館なら、調べ事も楽にいくでしょうけど。」
ムーンブリダ
「研究の一環として、ふたりから話を聞いてるんだ。
 第七霊災直後にエオルゼア各地で発生した、
 偏属性クリスタルについてね。」
ホーリー・ボルダー
「覚えているだろう、クルトゥネよ。
 あの日、駆け出しの冒険者だった私たちが見た光景を。
 荒野に墜ちる火の玉、そして夜空を焦がす光の柱・・・・・・。」
クルトゥネ
「ダラガブの破片が地脈を貫き、
 大量のエーテルが放出し、結晶化したのです。
 私たちは東ザナラーンで、その光景を目撃したのですよ。」
フ・ラミン
「ムーンブリダさんが来てから、
 石の家も、活気が出てきたわね。
 この調子で、研究も上手くいくといいのだけれど。」
ヒギリ
「北洋の料理って、どういうものなんでしょうね?
 研究が落ち着いたらムーンブリダさんに、
 教えてもらおうと思っているんです。」
タタル
「Nikuqさん、
 今日もお仕事、ご苦労さまでっす!」
アルフィノ
「さて、「リオル」から話を聞こうじゃないか。」
リオルと話す
(クエスト受注前)
リオル
「クリスタルブレイブには、
 さまざまな場所から人材が集っているからな・・・・・・。
 内部が落ち着くまで、しばらく時間がかかるだろう。」
リオル
「よう、Nikuqじゃないか。
 今日は総帥の護衛かい?」
アルフィノ
「彼女も捜査に協力してくれることになってね、
 いっしょに来てもらったのだよ。
 さっそくで悪いのだが、例の件について、
 最新の捜査状況を報告してもらえるかな?」
リオル
「了解です。
 先の暴動騒ぎ以降、俺たち特務分隊は、
 ウルダハの武器流通について洗い直していた・・・・・・。
 そこで、ひとつのきな臭い情報を掴んだのさ。
 不法品の売買を生業にしている闇商人が、
 大量の武器を買い込んでいるとね。」
アルフィノ
「闇商人が買い手の当てもなく、動くとは思えない。
 つまりは、何者かが表のルートには通せないような理由で、
 大量の武器を欲しているということか・・・・・・。」
リオル
「えぇ、前回の暴動は、商人が不満を持つ難民たちに、
 武器をあたえたことが、きっかけになっていた・・・・・・。
 俺たちは、そいつを心配してるんです。
 しかも、情報によれば、件の闇商人が、
 近くウルダハ近郊で、取引を行う予定なのだとか・・・・・・。」
アルフィノ
「取引現場を押さえ、闇商人を捕らえる必要があるな・・・・・・。
 上手くいけば、暴動の仕掛け人を突き止められるかもしれん。
 ・・・・・・Nikuq、力を貸してくれるか?
 ありがとう、君が行ってくれるのなら心強い。
 イルベルド隊長にも連絡して、直ちに兵を回すつもりだ。
 「ハイブリッジ」で合流し、協力して対処してもらいたい。
 私は、予定どおり、ウルダハのクリスタルブレイブ支部に移る。
 後のことは、よろしく頼むよ。」
リオル
「イルベルド隊長との合流場所は、「ハイブリッジ」だったな。
 闇商人の裏に誰がいるやら・・・・・・楽しみじゃないか。
 頼んだぜ、Nikuq。」
ハイブリッジのイルベルドと話す
イルベルド
「世話になるな、英雄殿。
 件の闇商人は、すでに商談の場に向かったところだ。
 用心深い奴らしく、護衛に雇ったゴロツキの数も多い。
 手強い相手とも思えんが、気を引き締めてかかろう。
 ・・・・・・しかし、アルフィノ総帥も、
 もっと我々を信頼してくれていいものを・・・・・・。
 この程度の作戦で、
 英雄殿に頼っているようでは、先が思いやられる。
 信頼の裏返しとはいえ、英雄殿も苦労が絶えないな。」
ミンフィリア
「賢人のみんなには、
 アシエン消滅法の研究の手伝いに回ってもらっているの。
 クリスタルブレイブのサポートは、任せるわね。」
ロウェナ
「「クリスタルブレイブ」ね・・・・・・。
 新しい組織なら、いろいろと入り用になるでしょうし、
 せいぜい稼がせてもらおうかしら。」
(何を聞く?)
(オススメ品「当方伝来の品」とは?)
ロウェナ
「あんたたちが連れてきたドマ難民のツテを使って、
 東州オサード小大陸を拠点とする商人と、
 独自に交易を始めたの。
 東方で出回っている品は、異国情緒にあふれてるから、
 ほしがる好事家があとを絶たなくてね。
 それを専売すれば・・・・・・ふふ、わかるでしょう?
 あんたも興味があるなら、
 隣の「アゼナ」に声をかけてみるといいわ。
 地平の彼方まで旅する労力を考えれば、安いものよ。」
(この建物について)
ロウェナ
「ここは「ロウェナ記念会館」よ。
 レヴナンツトールに出資する見返りとして、
 この建物の、名と利用権を手に入れたってわけ。
 最近は、増築してカフェテラスを造ったわ。
 あくせく街を行き交う人を見下ろせる、まさに特等席よ。
 格別に濃厚なトマトケチャップを使った料理も人気でね。
 評判を聞きつけて、はるばる遠方から来る客もいるみたい。
 ・・・・・・あんたも、そこの階段を上ってみたら?
 雰囲気を味わうだけなら、タダにしといてあげるわよ。」
エリナ
「神狩りをしたことのあるアンタなら、
 蛮神の力を宿した武器のひとつくらい、見たことがあるだろ?
 あれは蛮族が捧げた供物が、祝福を受け変容した成れの果てさ。
 そうした「蛮神武器」の中には、さらに魔力を注ぐことで、
 強化できる物があるって、知ってるかい?
 たとえば、シヴァの魔力を宿した「氷神の氷晶」があれば、
 同じ氷神の祝福を受けた武器を、強化できるって寸法さ。
 もし見つけたら、武器と一緒に持ってくるこったね。」
ガイディング・スター
「戦うだけが冒険者の仕事じゃない。
 このレヴナンツトールに集った腕利きの職人たちと切磋琢磨し、
 製作や採集の技を高めたいと思っているのさ。」
(「秘伝書/一流の道具」について)
(何を聞きたい?)
(「秘伝書」について)
ガイディング・スター
「「秘伝書」とは、熟練の職人だけが作れる、
 難度の高い製品の製法が記されたレシピ帳のことだ。
 となりのタラン爺が、要求する品と交換してくれる。
 タラン爺以外にも、秘伝書を伝える人物がいると聞くな。
 興味があるなら、探してみるといいだろう。」
(「アーティザン/フォリジャー装備」について)
ガイディング・スター
「「一流の道具」を手に入れたなら、次に目指すのは、
 「アーティザン」「フォリジャー」と呼ばれる装備だ。
 タラン爺が要求する品を、自らの手で製作・採集してくれば、
 主道具と防具を交換してくれるだろう。
 「アーティザン」や「フォリジャー」の防具には、
 「秘伝書」を入手したクラフターが製作できるものもある。
 マーケットボードをのぞいてみるのもいいだろうな。」
(「スプラ主道具」について)
ガイディング・スター
「「スプラ」とは「一流の道具」をさらに強化した主道具だ。
 タラン爺が要求する品を集める必要がある。
 自らの手で製作・採集を行う必要がある上に、
 「アーティザン」「フォリジャー」を分解することで手に入る、
 「工神のデミマテリア」、「工匠のデミマテリダ」が必要となる。
 ただし、それらのデミマテリアの入手には
 必ずしも自ら「分解」を行う必要はない。
 マーケットボードをのぞいてみれば、手に入るかもしれんな。」
(「ルキス主道具」について)
ガイディング・スター
「「ルキス」は「スプラ」をさらに強化した主道具だ。
 これこそ「超一流の道具」といえるだろう。
 自らの手で製作・採集を行う必要がある上に、
 宝の地図、軍票との交換、同盟記章との交換、ギルドリーヴ、
 イクサル族の技術者集団から入手できるという品も必要になる。
 「スプラ」を手に入れたなら、ぜひ目指すべき逸品だ。
 「超一流の道具」だけあり、入手までの道のりは険しい。
 しかし、それだけの価値はあるはずだぞ。」
タラン
「・・・・・・新しい道具を入荷した。
 興味があるなら、見ていけばいい。」
ヨウザン
「キャンプの外にでたいんだけど、子供には危険だって
 大人は許してくれないんだ。
 オレたちは、冒険者だからダイジョウブだって言ってるのにさ。
 ドマ冒険者団が、冒険者として認められるには、
 何かキッカケが必要なのかもしれないな・・・・・・。」
コハル
「フンフ フンフ フーン。
 わーたしーの にーっこーり みーんなーの げーんきー。
 スーマイール いーっかーい ひゃーくぎーるーだー。
 この歌、タタルさんから伝授してもらったんだよー。
 つづきが聞きたいの?
 うーん・・・・・・、どうしよっかなー。」
シウン
「ロウェナさんのところは、いろんなものがあって面白いよね。
 僕には、ただのガラクタにしか見えないんだけど、
 あんなに集めて何に使うのかな?」
ロッカ
「薬草を買ってるの。
 ここは怪我人が多いから、あっという間に薬がなくなっちゃうのよ。
 こまめに買い足しておかないと、いざというときに困るしね。」