古城アムダプールの残影

古城アムダプールの残影

  • 依頼主 :ロリアヌ(モードゥナ X22-Y8)
  • 受注条件:レベル50~
  • 概要  :レヴナンツトールのロリアヌは、とある冒険者の一団を探しているようだ。

ロリアヌ
「ねえ、聞いたことがないかしら?
 南部森林の「古城アムダプール」に巣喰う邪教徒を討ち払った、
 屈強な冒険者たちの噂を・・・・・・。
 えっ・・・・・・あなたが、その冒険者のひとりだったの!?
 だったら、いますぐ会ってほしい人がいるの!
 キャンプ・トランキルの道士「アデスタン」って人よ!
 アデスタンは、邪教徒たちを鎮めた冒険者の手を、
 もう一度、借りたがっているのよ。
 どうやら、例の遺跡で、またも異変が起きているらしいわ。
 ぜひ、南部森林のキャンプ・トランキルで、
 道士「アデスタン」と会ってきて!
 幼なじみのロリアヌの紹介だと言えば、すぐにわかると思うから!」
キャンプ・トランキルのアデスタンと話す
マクシヌ
「遺跡の周辺に、このところ不穏な邪気がたちこめています。
 キャンプ・トランキルにいる「アデスタン」という道士様が、
 原因の究明に乗り出されたようですが・・・・・・。」
アデスタン
「私の名はアデスタン。
 森と精霊の声に耳を傾ける者・・・・・・。
 何か、御用でありましょうか?
 ほう・・・・・・ロリアヌの紹介でここへいらした、と?
 ではあなた様が、かつて古城アムダプールの邪教徒を排撃した、
 勇猛なる冒険者の方でしたか・・・・・・!
 実は私、「三重の幻術皇」が末弟、ア・ルン・センナ様の命を受け、
 あなた様に、古城への潜入を依頼したいのでございます。
 ・・・・・・以前、あの遺跡で起きた異変は、
 「最後の群民」なる邪教徒が召喚した妖異が原因でした。
 しかし、かの地を覆う邪気は、その後も濃さを増すばかり・・・・・・。
 原因究明のため、決死隊が古城に赴いたところ、
 何者かが邪教の術式を用い、未知の妖異を召喚していたのです!
 元凶たる妖異を討ち果たせば、邪気は晴れるはず。
 いま一度、古城アムダプールへとお向かいください!
 入口を護る「マクシヌ」が、遺跡の内へと導いてくれましょう。」
アデスタン
「新たな妖異を討ち果たせば、邪気は晴れるはず。
 いま一度、古城アムダプールへとお向かいください!
 入口を護る「マクシヌ」が、遺跡の内へと導いてくれましょう。」
マクシヌと話す
マクシヌ
「・・・・・・よくぞ、いらっしゃいました!
 アデスタン様より遺跡潜入を依頼された、冒険者の方ですね?
 古城の内部は、邪気に感応して荒ぶる森の生きものであふれ、
 もはや、手のつけられぬ有様です・・・・・・。
 しかしながら、深奥に巣喰う妖異を討ち果たせば、
 この地を覆う邪気も、必ずや霧散することでしょう・・・・・・!
 どうか貴女のお力を、いま一度お貸しください。」
「邪念排撃 古城アムダプール」を攻略
ボギーマン
「見エヌ敵ニ恐怖セヨ!」
「ヌワァッ!」
「コ、コノ輝キハ!」
「影ヨ、姿ヲ現セ!」
「クキキキキ・・・
 見破レルカナ?」
「ヌワァッ!」
「グオォォォ!」
フェルディア
「オヤオヤ、招かれざる観客のご登場だゾ・・・・・・?
 せっかくだ、道化の妙技をお見せしヨウ!」
「さて、この手はどうカナ?」
「切り札をお見せしヨウ!」
「なんとまぁ、ひどい舞台になったものダネ・・・・・・
 だが・・・・・・いずれ必ず・・・・・・」
????
「ヒャーッハッハッハッハ・・・・・・!」
アデスタンに報告
マクシヌ
「おお、古城に巣喰う妖異を討ち果たされたのですね!
 どうか、一刻も早くキャンプ・トランキルへと赴き、
 依頼者の道士「アデスタン」様にご報告を。
 残る謎は、邪教徒が討ち果たされたにもかかわらず、
 新たな妖異を召喚した輩の正体でありますが・・・・・・
 こちらは道士様が、必ずや解明してくださることでしょう。」
アデスタン
「おお、戻られましたか!
 あなた様が、古城アムダプールの妖異を討たれたと、
 マクシヌより、ひと足先に果報をいただきました!
 しかるにただひとつ、大きな「謎」が残されております。
 邪教徒亡き今、妖異を召喚したのは何者か・・・・・・?
 古城の内部の様子を、詳しくお聞かせいただけますか?
 ふむ・・・・・・妖異を招いた者の姿は、やはり見つからなかったと?
 それは面妖・・・・・・いや、もしや・・・・・・そうか!
 今ひとたび、記憶の糸を手繰っていただきたく。
 以前、古城にて邪教徒を排撃した折・・・・・・
 交戦のさなかに、妖異の召喚を試みた敵はおりませんでしたか?
 やはりそうでしたか・・・・・・真相がわかりました。
 此度の危機をもたらしたのは「人」ではなく、
 排撃された邪教徒どもが流した・・・・・・「血」なのです。
 「最後の群民」の描いた術式は、発動の準備を終えていた。
 そして偶然にも、彼ら自身の血が「贄(にえ)」となり、
 排撃後に、儀式が完遂されるに到ったのでありましょう・・・・・・。
 あなた様のおかげで、ようやく疑問が晴れました・・・・・・。
 此度の危機は、何者かの陰謀によるものではなく、
 不幸な「偶然」であった・・・・・・と、結論することができそうです。
 唯一懸念すべきは、最奥にいたという道化がごとき妖異の正体。
 そやつが狡猾な知能の持ち主であれば、話も変わって参ります。
 すなわち邪教徒を古城に呼び寄せ、術式を描かせたのが、
 そもそも、そやつのお膳立てによるものだったとすれば・・・・・・
 あなた様の力を、再度お借りする日が訪れぬともかぎりません。
 悪い想像は、このくらいでやめにして、
 今は、ひとときの安寧を楽しむことにしましょう。
 此度の見事な武功、ア・ルン様に、しかと報告いたしましょう!」
アデスタン
「古城アムダプールの件では、
 術者不明のままに、力ある妖異が現れたことを、
 心配しておりましたが・・・・・・
 どうやら、理解を超えた事象が起きたわけではなかった様子。
 今は、ひとときの安寧に感謝いたしましょう。」
マクシヌ
「またも妖異を退けたその手並み、感服いたしました。
 生来、霊感のたぐいとは無縁な自分ですが・・・・・・
 あたりを覆っていた邪気が、幾分薄らいだ感じがします。」
ロリアヌ
「聞いたわよ!
 古城アムダプールをまた踏破したんですって?
 やるじゃないの!
 アデスタンに会うことがあったら伝えといてよ!
 仕事が片づいたなら、たまには連絡をよこしなさいって。
 最後に一緒に飲んでから、1年近くになるんだから!」