消えた造船師

消えた造船師

  • 依頼主 :ハルドブロダ(低地ラノシア X20-Y38)
  • 受注条件:レベル12~
  • 概要  :キャンドルキープ埠頭の水夫ハルドブロダは、遭難者の捜索を依頼したいようだ。

ハルドブロダ
「そうだっ、我々の捜索に協力していただけませんか!?
 海岸に流れ着いたかもしれないと、捜索の手は回しましたが
 正直、我々だけでは人手不足でして・・・・・・。
 造船師フィリルスミッドさんを探してください。
 潮の流れからすると、この近くに流れ着いているはずです。
 おそらく、ソルトストランドのあたりだと思います。」
フィリルスミッドを探す
フィリルスミッド
「う、うう・・・・・・俺のことを探しに来たのか?
 確かに俺が、造船師フィリルスミッドだ・・・・・・。
 アートビルムのお頭が、俺の帰りを待ってるって・・・・・・?
 そうか・・・・・・だが、なくなった部材を見つけるまでは帰れん。
 乗っていた連絡船の事故で、大事な部材が海に落ちてな。
 とっさに海に飛び込み、ここまで追ってきたが・・・・・・
 体力を使い果たしてこのザマだ。
 すまないが・・・・・・俺の代わりに
 「ヴィクトリー号の操舵輪」、「ヴィクトリー号の索具」、
 「ヴィクトリー号の帆布」を探してきてくれないか?」
フィリルスミッドにヴィクトリー号の部材3種を渡す
フィリルスミッド
「「ヴィクトリー号の操舵輪」、「ヴィクトリー号の索具」、
 「ヴィクトリー号の帆布」を見つけてくれ。
 すまないが、よろしく頼む・・・・・・。」
(ヴィクトリー号の操舵輪、索具、帆布を渡す)
フィリルスミッド
「おお・・・・・・これぞ、ましく俺が仕入れた部材!
 いくら感謝しても、しきれねえ・・・・・・!
 おかげさんで、少しは体力も回復したんでな。
 部材を持って、モラビー造船廠に帰るとしよう。
 俺は、心配掛けた埠頭の水夫にも挨拶してから帰るんで、
 すまんがお前は、先にモラビー造船廠に戻って
 アートビルムのお頭に、俺は無事だって報告してくれ。」
アートビルムと話す
アートビルム
「なるほど、そんな事態になっていたのか。
 連絡船に衝突とは・・・・・・積荷を狙う海賊の仕業だろうか?
 ともあれ、あいつが無事に戻ってくれて、なによりだ。
 造船作業も、遅れずにすみそうだし、
 本当に感謝してるよ、ありがとう。」
  ヴィクトリー号の操舵輪:フィリルスミッドが探していた船の部品
  ヴィクトリー号の索具:フィリルスミッドが探していた船の部品
  ヴィクトリー号の帆布:フィリルスミッドが探していた船の部品