漆黒の闘神オーディン

漆黒の闘神オーディン

  • 依頼主 :スカーレット少牙士(グリダニア:新市街 X9-Y11)
  • 受注条件:レベル50~
  • 概要  :双蛇党:統合司令部のスカーレット少牙士は、闘神「オーディン」の討伐計画に協力してほしいようだ。

スカーレット少牙士
「Nikuq殿、よいところに。
 貴官は、「オーディン」を知っているな?
 そう、貴官が以前に調査した古の蛮神だ。
 かの蛮神は、聖典に「闘神」とも記されている強大な存在・・・・・・。
 今、その討伐計画が動いている。
 これに、貴官も参加してほしいのだ。
 本計画の指揮は「オ・アパ・ペシ」様がお執りになっている。
 まずは、「ウルズの泉」にいらっしゃる、かの御方に会って、
 計画の内容を確認してくれ・・・・・・頼んだぞ!」
ウルズの泉のオ・アパ・ペシと話す
オ・アパ・ペシ
「ああ、久し振りだね、冒険者さん。
 あなたの協力に感謝するよ。
 ・・・・・・さっそくだけど、計画について説明しよう。
 実を言うと、闘神「オーディン」の討伐自体は、
 冒険者の活躍で、すでに幾度も成功しているんだよ。
 だけど、件の蛮神は、しばらくすると必ず再出現している。
 しかも、召喚者となる信者の存在が確認されていない上、
 出現の度に姿が変わるなど、謎だらけだ。
 この性質は、ほかの蛮神たちと、あまりにかけ離れている。
 聖典を紐解いても、謎の答えとなるような記述はなかった。
 そこで、今回の計画だ。
 まず、冒険者部隊によって、再度「オーディン」討伐を敢行。
 その様子を僕と、僕の師匠であるエ・スミ様で観測する。
 直に討伐の瞬間を見ることができれば、
 「オーディン」の謎に繋がる何かが、わかるかもしれない。
 あなたにお願いしたいのは、その冒険者部隊を率いて、
 「オーディン」を討伐することさ。
 光の戦士としての腕を見こんで、ぜひとも頼む。
 では、準備ができたら、声をかけてくれるかい?
 精霊の力を借りて、「オーディン」を泉におびき寄せよう。」
オ・アパ・ペシ
「あなたの準備ができたら、声をかけてくれ。
 精霊の力を借りて、「オーディン」を泉におびき寄せよう。
 よろしく頼むよ、冒険者さん。」
闘神「オーディン」を討伐
ウルズの泉のオ・アパ・ペシと話す
(グリダニア)
スカーレット少牙士
「無事、「オーディン」の討伐に成功したそうだな。
 こちらにも連絡が来ているぞ。
 さすがは、光の戦士だ。
 「オ・アパ・ペシ」様が、討伐の結果について、
 貴官と話がしたいとおっしゃっている。
 「ウルズの泉」で待っておられるゆえ、すぐに向かってくれ。」
オ・アパ・ペシ
「闘神「オーディン」の討伐、お見事だったね。
 やはり、あなたに依頼したのは正解だったよ。
 おかげで、「オーディン」討伐の瞬間を、直に観測できた。
 その成果について、エ・スミ様を交えて話そう。
 ・・・・・・ああ、ちょうどいらっしゃったようだ。」
エ・スミ・ヤン
「この度は、計画へのご協力、ありがとうございました。
 私はエ・スミ・ヤン。
 幻術士ギルドのギルドマスターを務める者です。」
(幻術士クエストを完了済みの場合)
エ・スミ・ヤン
「Nikuq、戦いを見せていただきました。
 シルフィーに、良い土産話ができそうです。
 あなたの活躍を聞けば、あの子も喜ぶでしょう。」
エ・スミ・ヤン
「さて、肝心の「オーディン」についてですが・・・・・・。
 あなたが討伐してくれたおかげで、
 いくつかの「謎」が解明しました。
 通常、蛮神が討伐されると、その肉体はエーテルに還り、
 大地へ還元されます・・・・・・ここまではいいですね?」
オ・アパ・ペシ
「僕らが確認したかぎり、「オーディン」も同様だったよ。
 けれど、あなたも見たとおり、かの蛮神が持つ魔剣、
 「斬鉄剣」だけは、消えずにその場に遺された・・・・・・。」
エ・スミ・ヤン
「件の剣を確認しましたが、
 恐ろしいほどのエーテル密度を保っていました。
 ・・・・・・おそらく、あの剣こそが「オーディン」の本体なのでしょう。」
オ・アパ・ペシ
「つまり、これまでは完全に討伐できていなかったんだ。
 生き残った「斬鉄剣」は、最後に触れた者の肉体を模倣し、
 新たな「オーディン」を作り上げる・・・・・・これが再出現の仕組みさ。」
エ・スミ・ヤン
「ただし、クリスタルを捧げる信者がいない以上、
 肉体を構成するには、森に漂うエーテルを使うしかありません。
 それゆえに、再出現に時間がかかるのでしょう。」
オ・アパ・ペシ
「この仮説で、「再出現に一定の時間がかかること」や、
 「再出現の度に姿が変わること」という謎が説明できるね。」
エ・スミ・ヤン
「しかし、「信者の存在もなく存在を維持できるのか」という謎は、
 解明できませんでした。
 召喚者の思いが、それだけ強かったのか、それとも・・・・・・。」
オ・アパ・ペシ
「「オーディン」が、あえて「闘神」と呼ばれたのには、
 理由があるのかもしれません・・・・・・。
 「蛮神」という存在について、再検証の余地がありそうです。
 念のために僕の方から、「暁」のウリエンジェ殿に、
 今回判明した情報を伝えておくよ。
 あなたも、何か気がついたら、彼に伝えてほしい。
 ・・・・・・謎は残ったけど、「斬鉄剣」を回収することができた。
 あとは、この剣を封印すれば、
 闘神「オーディン」が再出現することもないはずさ。」
リュウィン
「角尊様方、お話中に申し訳ありません!
 緊急事態です!
 回収した「斬鉄剣」を神勇隊が移送していたところ、
 隊士のひとりがそれを奪い、行方をくらませました。
 私がついていながら・・・・・・申し訳ありません!」
オ・アパ・ペシ
「馬鹿な!?
 あんな危険な物を持ち去るだなんて・・・・・・。
 奪った理由に、心当たりはあるのかい?」
リュウィン
「いえ、それがまったく・・・・・・。
 消えたのは実に模範的な隊士で、前科もありませんでした。
 そもそも、あのような物を奪ったところで、利はありません。」
エ・スミ・ヤン
「オ・アパ、蛮神は人をテンパード化させる能力を持ちます。
 ・・・・・・もし本当に「斬鉄剣」が「オーディン」の本体ならば、
 人を操ることができたとして、何の不思議があるでしょう。」
オ・アパ・ペシ
「確かに・・・・・・その可能性は否定できません。
 くっ、予想できて当然なのに、考えもしなかった・・・・・・!
 リュウィン隊長、すまない・・・・・・。
 僕の考えが甘かったばかりに、
 君と、君の部下には、申し訳ないことをしてしまった・・・・・・。」
エ・スミ・ヤン
「「斬鉄剣」を持ち去った隊士については、
 神勇隊と鬼哭隊を動員して、捜索するとしましょう。
 ですが、「オーディン」の討伐計画は見直さなければ・・・・・・」
オ・アパ・ペシ
「ええ、「斬鉄剣」の対処法を確立する必要がありますね。
 このような被害を、また出すにはいきませんから。
 ・・・・・・冒険者さん、今回は計画に参加してくれてありがとう。
 次の機会は必ず作るから、また力を貸してほしい。」
(砂の家)
ウリエンジェ
「去る者あれば・・・・・・来たる者あり・・・・・・。
 私に何かご用でしょうか・・・・・・?」
(何を聞く?)
(「闘神」について)
ウリエンジェ
「黒衣森を彷徨い歩く闘神「オーディン」・・・・・・。
 かの古の蛮神とあなたの戦いについては、
 オ・アパ殿より報告を受けております。
 魔剣「斬鉄剣」がオーディンの本体であり、
 環境エーテルを吸い、肉体を再構築するとは・・・・・・。
 誠に興味深い仮説といえましょう。
 しかし、何者が召喚したのか、
 そして魔剣をいかにして封じるべきか・・・・・・。
 残された謎と課題が多きこともまた事実。
 蛮神のひとつの有り様として記憶に刻むと同時に、
 さらなる探究に挑む必要がありましょう・・・・・・。
 然れど、「魔大陸」に封じられし「三闘神」とは・・・・・・。
 オーディンと同じ闘神でありながら、
 古の文献にすら、その名を残さぬ存在・・・・・・。
 古の蛮神と呼ぶべき闘神・・・・・・何者が召喚したのか・・・・・・
 謎は多かれど、ここから先を明徴にするのは、
 彼・・・・・・そう、ウヌクアルハイに任せるといたしましょう・・・・・・。」