極まりし氷神シヴァ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

極まりし氷神シヴァ

  • 依頼主 :ウリエンジェ(砂の家 X6-Y4)
  • 受注条件:レベル50~
  • 概要  :ウリエンジェは、冒険者に蛮神問題に関する依頼をしたいようだ。

ウリエンジェ
「我らが英雄の奮戦により、蛮神「シヴァ」は討伐され、
 北方の地は、一時の安寧を得ました・・・・・・。
 しかし、大地を凍てつかせんとする脅威は、
 未だ去ってはいないようです・・・・・・。
 デュランデル家のドリユモン卿より、要請が届きました・・・・・・。
 クルザスの地にて、再び「氷の巫女」が現れたのです。
 彼女に率いられし一団が、デュランデル家の工兵隊を襲い、
 大量のクリスタルを強奪したとのこと・・・・・・。
 その量は、前回の輸送隊襲撃を、はるかに凌ぐといいます。
 蛮神「シヴァ」の再召喚は、必定と言えましょう・・・・・・。
 クルザス中央高地の「ホワイトブリム前哨地」へ出向き、
 現地を守る「ドリユモン」卿に仔細をお尋ねください。
 「神狩る白き剣」にクリスタルの導きあらんことを・・・・・・。」
ホワイトブリム前哨地のドリユモンと話す
ドリユモン
「来てくれたのだな・・・・・・感謝する。
 貴公の力を、こうも早く借りねばならぬとは・・・・・・。
 我々は、異端者の拠点を突き止めるべく、
 スノークローク大氷壁を越え、
 クルザス西部高地を探索する計画を進めていた。
 そのためには、現地に橋頭堡となる拠点が必要。
 我らは工兵隊を差し向け、
 放棄された集落の再整備に乗り出したのだ。
 ところが、この部隊が「氷の巫女」らに襲われ、
 建材とともに、製作作業用のクリスタルを奪われたのだ!
 奴らは、蛮神「シヴァ」を再召喚するつもりだろう・・・・・・。
 テンパードにされ、異端者を増やすわけにも行かず・・・・・・
 工兵隊は、撤退することしかできなかった。
 ・・・・・・戦死した者たちを、打ち捨てたままにしてな。
 冒険者よ・・・・・・頼む!
 異端者がすがる蛮神「シヴァ」を討滅し、
 我が部下の無念を晴らしてくれ!
 己の無力さが歯がゆいが・・・・・・
 蛮神「シヴァ」と交戦経験のある貴公が、
 力を貸してくれるとあらば、百人力だ!
 スノークローク大氷壁の前に、神殿騎士が待機しておられる。
 彼に声をかければ、蛮風エーテライトまで案内してくれよう。
 イシュガルドの民を守るため・・・・・・どうか頼んだぞ!」
屈強な神殿騎士と話す
屈強な神殿騎士
「ドリユモン卿より、お話は伺っております。
 秘密坑道の内部は我々が固めておりますゆえ、
 安心して、蛮風エーテライトをお使いください。
 「氷の巫女」どもは既に「シヴァ」を召喚した様子・・・・・・。
 どうかお気をつけて・・・・・・。
 戦神ハルオーネの加護あらんことを!」
「極シヴァ闘滅戦」を攻略
シヴァ
「戦を呼ぶ者たちよ・・・・・・
 あくまで静寂を乱そうというのか・・・・・・。」
(シヴァ
「凍土が秘めし
 千年の知をここに!」
「出でよ、氷柱!」
「清らかなる氷よ
 我が刃となれ!」)
シヴァ
「氷像の衛士よ、来たりて我が敵を討て!」
「風よ、光よ、そのすべてを凍てつかせ、
 世界に静寂をもたらせ!」
「砕け散れ! ダイアモンドダスト!」
(シヴァ
「凍てつく弓にて
 竜の敵を射抜かん!」)
シヴァ
「あぁ、愛しき竜よ・・・・・・永遠に・・・・・・」
ホワイトブリム前哨地のドリユモンに報告
屈強な神殿騎士
「その勇ましいお顔、「シヴァ」を討伐したのですね!
 散っていった者達の魂もこれで安らぎましょう・・・・・・。」
ドリユモン
「おお、冒険者よ・・・・・・戻ったか!
 その様子だと、無事に務めを果たしたようだな!
 やはり蛮神「シヴァ」を再召喚したか・・・・・・。
 しかも、以前より数段上の力を有していたとはな。
 この度は、貴公の協力があったから良かったようなものの、
 今後の異端者対策の在り方を、再検討せねばなるまい。
 イシュガルドの力だけで対処できぬのなら、尚更な。
 さて、貴公ら「暁」には、本当に世話になった・・・・・・。
 ウリエンジェ殿にも、感謝の意を伝えてくれるか?」
砂の家のウリエンジェに報告
ウリエンジェ
「さあ、英雄の凱旋です・・・・・・。
 よくぞ無事に戻られました・・・・・・。
 蛮神「シヴァ」を打ち倒したようですね。
 ・・・・・・なるほど、氷神もまた、極まりし力を得ていましたか。
 これもアシエンの暗躍によるものと考えるのが筋、
 対策を急ぎ進めねばなりません・・・・・・。
 しかし、降臨せし蛮神を、
 ことごとく討滅できた意義は、とてつもなく大きい・・・・・・。
 蛮神が絶対の存在ではなき事を、証明したのですから・・・・・・。
 これで「氷の巫女」も、蛮神を召喚するという考えを、
 捨て去ってくれれば良いのですが・・・・・・。
 光の戦士よ・・・・・・。
 その輝きは、いつかアシエンの闇をも消し去ることでしょう。
 あなたの英雄譚がどこまで続くのか・・・・・・私も楽しみです。」
ウリエンジェ
「去る者あれば・・・・・・来たる者あり・・・・・・。
 私に何かご用でしょうか・・・・・・?」
(何を聞く?)
(「蛮神」について)
ウリエンジェ
「未知なる神降ろしにて招かれた、極まりし蛮神「シヴァ」・・・・・・。
 あなたが討たなければ、憑依型蛮神が、
 闇の使徒の新たな切り札となっていたかもしれません・・・・・・。
 そうなれば、多くの願いが、蛮神を呼ぶ種とされたでしょう。
 第七霊災を見届けた身として、それは決して望まぬ未来・・・・・・。
 願い叶うまでの道のりは遠くとも、人の願いは人の手に・・・・・・。」