写本師捕縛作戦

写本師捕縛作戦

  • 依頼主 :忍びの者(黒衣森:南部森林 X23-Y25)
  • 受注条件:レベル50~
  • 概要  :蛇殻林の忍びの者は、冒険者にユウギリと合流してほしいようだ。

忍びの者
「さて、これで「妨害雷波装置」は安泰でさぁ。
 さっそく東部森林の「ホウソーン家の山塞」に赴き、
 「ユウギリ」様と合流を。
 あっしらは、この者らに聞きたい事がありましてね。
 ・・・・・・いえいえ、ちょっとした世間話に過ぎやせんよ。
 心配することは、何もございやせんて。」
ホウソーン家の山塞付近のユウギリと話す
ユウギリ
「帝国兵は、すべて片付けたようだな。」
イルベルド
「敵部隊の殲滅は、こちらでも確認した。
 英雄殿、ご苦労だった。
 ・・・・・・ユウギリ殿、ロアユの動きは?」
ユウギリ
「つい今し方、山塞を出て「茨の森」へと向かった。
 手の者に追跡させているが、おそらくは・・・・・・。」
イルベルド
「通信が不可能とみて、いよいよ動き出したか。
 さて、「写本師」殿をお出迎えにいくとしよう。」
ユウギリ
「心得た、私が先導しよう。
 ・・・・・・くれぐれも、慎重にな。」
茨の森のユウギリと話す
ユウギリ
「「写本師」は、この先で冒険者風の男と密会している。
 おそらく、そやつが帝国兵だ。」
イルベルド
「・・・・・・よし、押えるぞ!
 エリヌ・ロアユ!
 エオルゼア都市軍事同盟に対する背信の疑いで、
 拘束させてもらおう!」
冒険者風の男
「貴様、つけられていたのか!?
 クソッ、エオルゼアの野蛮人が!
 クッ・・・・・・!」
エリヌ・ロアユ大闘将
「チッ・・・・・・。」
イルベルド
「変装がアダになったようだな。
 自慢の槍術も、得物がなければ披露できまい?」
エリヌ・ロアユ大闘将
「・・・・・・はて、これは何の騒ぎです?
 私は、ただ森の散策に出ただけ・・・・・・
 そちらの彼とも、たまたま行きがかったのですよ。」
イルベルド
「ほう、知将の呼び声高いロアユ大闘将とは思えぬ、
 愚にも付かない言い逃れをなさる・・・・・・。
 言いたいことが在れば、
 尋問官の前で、じっくりと申し開きしてもらおう。
 大人しく同道を願えるな?」
エリヌ・ロアユ大闘将
「・・・・・・わかりました、ひとまずは従うとしましょう。」
ユウギリと話す
ユウギリ
「エリヌ・ロアユは、槍術の達人と聞いていたからな、
 抵抗されるかとも思ったが・・・・・・。
 思いの外、大人しく捕まってくれたものだ。
 密偵を束ねる「写本師」が拘束されたとなれば、
 不滅隊に張り巡らされた諜報網も、綺麗に掃除できよう。
 ・・・・・・ところで、これからどうなされるおつもりか?
 ・・・・・・ほう、「氷の巫女」を追う方法を。
 そうとなれば、一度、「石の家」に戻るのがよろしかろう。
 「ミンフィリア」殿も、帰りを待っているだろうからな。
 なに、こちらの事は任せてもらって構わない。
 イルベルド殿には私から伝えておこう。
 貴殿は、苦労が絶えない性分のようだ。
 捕虜の引き渡しやら何やら、面倒な後始末くらいは、
 私たちにやらせてくれ。
 この手の役目には、忍びの術が何かと役立つ。
 貴殿も興味があるようなら、いつか学んでみるといい。
 ・・・・・・十分な才を持っているようだからな。」
石の家のミンフィリアと話す
イダ
「へっへーん!
 書類仕事は苦手だけど、
 こういう勝負なら、負けないんだな!」
ホーリー・ボルダー
「ぜぇっ、はぁっ、ぜぇっ、はぁっ・・・・・・、
 ぬおおおおおっ、まだまだぁっ!」
クルトゥネ
「さぁ、ホーリー・ボルダー、
 負けてはいられませんよ!」
ホウザン
「いつみても、この運動の動きは珍妙だな。
 足腰を鍛えられるらしいが・・・・・・。」
ドウワレ
「意地と意地のぶつかり合い。
 大陸の東と西、場所は変われど、
 武人に必要なものは変わらぬものよな。」
パパリモ
「はははっ、見事なもんだね。
 ・・・・・・でも、大道芸って、そんなに儲かるのか?」
ヤ・シュトラ
「ウルダハの歌姫になる野望は、諦めたそうよ。
 今度は、大道芸で一攫千金ですって。」
タタル
「よっ、ほっ、えいっ、やっ!
 この芸で、ウルダハの豪商から、
 お金を巻き上げてみせるでっす!」
サンクレッド
「行く手を阻むは、水神「リヴァイアサン」のテンパード。
 その斧が、うなりを上げて襲ってきたわけです。
 これを避けつつ、投刃で仕留めたのは・・・・・・。」
フ・ラミン
「ふふっ、彼は話題の選択を間違えたようね。
 そういうところは、まだまだ未熟といったところかしら。」
ヒギリ
「さすがは、ユウギリ様!
 改めて憧れてしまいます。」
ミンフィリア
「おかえりなさい・・・・・・。
 アルフィノたちの要件は済んだの?
 ・・・・・・なるほど。
 グリダニアで、そんなことが・・・・・・。
 エリヌ・ロアユ大闘将にかけられた容疑、
 何かの間違いだといいけど・・・・・・。
 ・・・・・・いいえ、感情に流されてはダメね。
 ともかく今は、取り調べによって全容が解明され、
 不滅隊が正常化に向かうことを期待しましょう。
 そうそう、あなたがグリダニアに向かっている間に、
 こちらにも動きがあったわ。
 それを報告しておかないとね。」