木陰に隠れて

木陰に隠れて

  • 依頼主 :イルベルド(グリダニア:新市街 X10-Y11)
  • 受注条件:レベル50~
  • 概要  :グリダニア新市街のイルベルドは、冒険者に力を貸してほしいようだ。

イルベルド
「不滅隊の内部に潜む、ガレマール帝国の密偵。
 俺たちが目星を付けたのは「エリヌ・ロアユ」・・・・・・彼女だ。
 エリヌ・ロアユ大闘将・・・・・・。
 不滅隊の作戦本部長を務めている彼女は、
 ラウバーンに次ぐ、実質的な不滅隊の次席。
 イシュガルド出身の高名な傭兵隊長でもあり、
 ラウバーンも認めるほど、腕は確かなようだ。
 基本的に彼女は表に出ず、裏方として、
 不滅隊やラウバーンを支えてきた。
 ラウバーンは、自身がそうであったように、
 出身や種族に関わらず、実力があれば幹部に登用している。
 だが、当時ウルダハ国内は、
 同盟から脱退したイシュガルドに対する風当たりが強かった。
 そんな中、政敵のラウバーンが推すイシュガルド人傭兵隊長・・・・・・
 いかにも共和派の連中が、噛みつきそうな人材だ。
 ・・・・・・それがなぜ、すんなりと不滅隊の幹部に収まれたのか。
 そして、今回の会合。
 確かに、帝国に対しての今後の対応を考える重要な案件だ。
 ・・・・・・だが、現在のウルダハは、特殊な状況下にある。
 局長不在の作戦本部を空にして、わざわざ作戦本部長までもが、
 グリダニアに来るべきものとも思えん。
 ここに来たからには、何らかの動きを見せるに違いない。
 俺たちで現場を押さえ、
 別動中の第一分隊が調査している裏さえとれれば、
 奴を捕らえることができる。
 俺はこのまま、エリヌ・ロアユの跡を付ける。
 英雄殿、協力してくれるか。
 では、行こう。
 ・・・・・・こちらの動きを悟られぬようにな。」
イルベルドと話してエリヌ・ロアユを追う
イルベルド
「奴め、どこに行くつもりだ?
 この先にあるのは「カーラインカフェ」か・・・・・・。
 いいな、彼女の行動から、目を離すなよ?」
イルベルドと話して再度エリヌ・ロアユを追う
エフィミ
「英雄Nikuqじゃないか!
 あんたも例の会合の件で、グリダニアへ?
 私もこのとおり、警備に駆り出されているのさ。」
イルベルド
「ロアユは、カーラインカフェに入ったまま、出てきていない。
 ・・・・・・まさか、飛空艇を使って?
 「グリダニア・ランディング」をはじめ、
 グリダニアの各門は、部下に監視させている。
 すまないが、中の様子を確認してきてくれないか?
 俺はここに残り、カフェの出入口を見張る。
 内部の様子を見て、奴がいなければランディングに降り、
 第二分隊の「エフィミ」という隊員に確認してくれ。」
エフィミと話す
エフィミ
「英雄Nikuqじゃないか!
 ・・・・・・なになに、イルベルド隊長から頼まれて、
 エリヌ・ロアユを探しているだって?
 いや、彼女なら、こっちには来てないよ。
 循環飛空便に乗り込む客を、しっかり監視してたんだ。
 容疑者らしき人物はいなかったと断言できるさ。」
イルベルドと話す
イルベルド
「・・・・・・カーラインカフェの店内に奴の姿はなく、
 飛空便に乗り込んだ形跡もないだと?
 こちらにも動きはなかったが・・・・・・
 いや、待てよ。
 確か店内から、旅館「とまり木」を利用できたな?
 まさか、宿の中で着替えたうえで、裏口から逃げたのか!
 クソッ・・・・・・俺は宿の中を調べよう。
 英雄殿はグリダニアの各門に出向き、
 張り込んでいる部下たちに話を聞いて回ってほしい。
 グリダニアの門は、新市街の「青狢門」と「白狼門」、
 それから旧市街の「黄蛇門」と「東桟橋」だ。
 各地に「第二分隊の隊員」が配置されている。
 4人の部下たちから話を聞いたら、
 一度、「エーテライトプラザ」まで来てくれ。
 そこで合流しよう。」
グリダニア:新市街の第二分隊の隊員と話す
第二分隊の隊員
「イルベルド隊長からの使いでありますか?
 ・・・・・・いえ、まったく異常はありません。
 容疑者らしい女は来ていませんよ。」
第二分隊の隊員
「「写本師」の疑いがある女は、こちらでは確認されていません。
 そもそも、この門を利用する者自体が、ごく稀でしたしね。」
グリダニア:旧市街の第二分隊の隊員と話す
第二分隊の隊員
「えぇ、例の女なら現れていませんね。
 ・・・・・・暇だからって、寝てませんよ?
 ほ、本当ですから!」
第二分隊の隊員
「・・・・・・えっ、容疑者が変装している可能性があるですって?
 エレゼン族の女性なら、何人か渡し船を使っていましたが、
 うーん、それらしい人はいなかったと思いますよ。」
エーテライト・プラザのイルベルドと話す
イルベルド
「どうだ、隊員たちからの報告は?
 そうか、どこにも姿はなかったか・・・・・・。
 こちらも、客室を含めて宿屋を隅々まで調べたが、
 奴を発見するには至らなかった。
 だが、宿屋の主人いわく、
 ロアユが客室に向かったことは間違いないようだ。
 変装して抜けだしたのは確実だが、どこへ消えたのだ?」
商人らしい男
「お客人・・・・・・。
 グリダニア名物「ムントゥイ豆乳」はいかがかね?」
イルベルド
「行商か?
 ええい、今はそれどころでは・・・・・・
 まて、その首飾り・・・・・・
 ドマの「忍びの者」か・・・・・・?」
忍びの者
「ご明察で・・・・・・。
 旦那方の尋ね人でしたら、旧市街の方へと向かいやしたよ。
 商人のなりに変装しておりやしたが、
 我ら忍びの目は、そう簡単には誤魔化せませんて。
 奴さんが東桟橋より、渡し船を使ったのを確認しておりやす。
 手の者が尾行を続けておりますゆえ、
 旦那さん方も「東部森林」に向かってくだせぇ。
 ・・・・・・それでは、失敬。」
イルベルド
「・・・・・・まんまとしてやられたな。
 だが、ドマの民がいてくれて助かった。
 さすがは、忍びの者といったところか・・・・・・。」
第二分隊の隊員
「お務め、ご苦労さまであります。
 我々クリスタルブレイブ第二分隊は、
 現在、特別警戒を実施しているのであります!」
第二分隊の隊員
「特別警戒を実施中です。
 ・・・・・・といっても、この門は人通りが少ないのですがね。」
第二分隊の隊員
「先行統一組織といっても、
 華々しい任務ばかりとはかぎりません。
 このとおり、暇な警備任務ばかりですから・・・・・・。」
第二分隊の隊員
「現在、特別警戒を実施中です。
 不審人物を見逃さぬよう、精一杯がんばりますよ。」