羊と酒と降神祭


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

羊と酒と降神祭

  • 依頼主 :羊奉行(リムサ・ロミンサ:上甲板層 X11-Y13)
  • 受注条件:レベル15~
  • 概要  :リムサ・ロミンサの羊奉行は、ザナラーンでの任務に協力してほしいようだ。

羊奉行
「ウルダハに配下の者を派遣し、
 「導眠の術」の力を知らしめるに適した者を、捜索させておる。
 貴殿には同志の証として「未形兜」を被り、
 「ウルダハ」で、我が配下の「黒羊与力」から、
 任務の指示を受けていただきたい。
 「タイニーラム」は、現地で貸しだそう。
 「黒羊与力」に預けておくからな。
 それでは、よろしく頼むぞ!」
未形兜を被りウルダハの黒羊与力と話す
(クエスト受注前)
黒羊与力
「ふむ・・・・・・この地で羊を飼育する場合は、
 砂埃を定期的に除去しなければ、毛に絡まってしまうな。
 む・・・・・・そなた羊は好きか?
 もし羊に興味があるなら、リムサ・ロミンサにいる、
 私の上官、羊奉行様に話しかけてみるといい。」
(条件未達成)
黒羊与力
「その身なり・・・・・・聞き及んでおった同志とはそなたか?
 いやしかし、ならば「未形兜」を被っているはず・・・・・・。」
黒羊与力
「おお、その兜・・・・・・そなたが同志であるな!
 それでは早速、任務の説明をいたそう。
 ・・・・・・この地に、銅刃団なる自警団があるのは知っておるか?
 銅刃団は、ウルダハ各所の防衛を担う武装組織・・・・・・。
 私は、彼ら現場の者に「羊隊」を宣伝し、外堀を埋めたうえで、
 国家に売り込みに行く方法を探っておったのだ。
 ・・・・・・その銅刃団の衛兵の一小隊が、酒を飲んで騒いでおる。
 これは好機・・・・・・そ奴らを「導眠の術」で治めれば、
 戦や事件が起こらずして、「羊隊」は方々に称えられよう!
 衛兵が騒いでいるのは、酒房「コッファー&コフィン」だ。
 中心になって騒いでいるという「小隊長」を、
 「導眠の術」で静まらせることができれば、効果は抜群であろう。
 ただし、酔漢に対する術の実験結果は無いのが懸念だが・・・・・・
 とにかく、まずは「タイニーラム」を連れ、
 現地に向かってもらいたい!」
(タイニーラムがいない場合)
黒羊与力
「おお、同志よ。
 「タイニーラム」は戻ってきているぞ。
 連れていくか?」
(タイニーラムを預かりますか?)
(いいえ)
黒羊与力
「銅刃団で「羊隊」が話題になれば、
 後々、ウルダハ国家への売り込みにも繋がる・・・・・・。
 この好機を逃さぬよう、なるべく任務にあたってもらいたい!」
(はい)
黒羊与力
「「羊隊」計画は我らの悲願・・・・・・。
 「導眠の術」を使い、ぜひとも計画を推進させてもらいたい!」
黒羊与力
「衛兵が騒いでいるのは、酒房「コッファー&コフィン」。
 「タイニーラム」を連れて現地に向かい、
 「小隊長」を「導眠の術」で静まらせるのだ。」
タイニーラムを連れ酒房「コッファー&コフィン」の銅刃団の小隊長に「応援する」をする
ロジャー
「ああ、外の連中か・・・・・・常連客なんで大目に見てたんだが、
 やかましくなる一方だ……。
 苦情が来る前に、静かにさせないとな。」
銅刃団の衛兵
「ん・・・・・・なんだ、テメエ、あっち行きな!
 せっかく盛り上がってんだから、邪魔すんな!」
銅刃団の衛兵
「さあ~、飲みましょう!
 「降神祭」なんだ・・・・・・今日も、飲むぞ~!」
(条件未達成)
銅刃団の小隊長
「んあ~? なんだ、お前も飲みたいのかあ?
 そういや・・・・・・さっきも変な兜のヤツが話しかけてきたな。
 「タイニーラム」がどうとか言ってたが・・・・・・。」
(応援する以外のエモートをした場合)
銅刃団の小隊長
「んあ~? 俺をからかってんのかあ?
 ・・・・・・お前ら、まだまだ飲むぞお!」
銅刃団の小隊長
「今日も飲むぞお~、まだまだ飲むぞお~!
 これが飲んでられずにいられるかってんだ!」
(応援する)
銅刃団の小隊長
「おぉ? な~んか急に眠くなってきたような・・・・・・。
 ・・・・・・いやいや、俺の昂りは、この程度じゃ冷めないぜ~!?」
どうやら、「導眠の術」の効き目が薄かったようだ。
小隊長は、眠気には襲われたものの、まだ寝る様子はない・・・・・・。
銅刃団の小隊長
「よ~し、まだまだ飲むぞ~!
 ・・・・・・って、ありゃ、頼んだ酒が来てねえな?
 なぁ、「ロジャー」に持ってくるよう言ってきてくれよ~。」
銅刃団の小隊長
「・・・・・・ありゃ、頼んだ酒が来てねえな?
 なぁ、「ロジャー」に持ってくるよう言ってきてくれよ~。」
タイニーラムを連れロジャーと話す
(条件未達成)
ロジャー
「見間違いかもしれねえが、外を羊が歩いていたような・・・・・・。
 ありゃ、お前さんの羊なのかい?
 魔物に襲われないうちに、探しに行ってやんなよ。」
ロジャー
「・・・・・・酒を持って来いだって?
 あいつら、酒を出してないことに気づいたか。
 出さねぇと、さらに騒ぎやがるな・・・・・・。
 あいつらは常連客なんだが、一度飲みだすと大騒ぎだ。
 ここ最近は特に酷くて、困ってるんだよ。
 ・・・・・・ん? あんたのその羊、鼻をひくつかせて何してるんだ?」
タイニーラムは、酒房のカウンターを見つめている・・・・・・。
ロジャー
「カウンターに何かないかって?
 悪いが、その羊のエサになりそうなものなんて・・・・・・。
 ・・・・・・いや待てよ、そういえば。
 そうだ、その辺に眼鏡がないか?
 ひと月くらい前に、小隊長の嫁さんが忘れてったんだ。
 すぐ取りに来るだろうと思って忘れてたぜ・・・・・・。
 あの小隊長は、嫁さんに一途だったからな!
 その「忘れられた眼鏡」を見せれば、
 少しはシラフに戻るかもしれねぇぞ。」
タイニーラムを連れ銅刃団の小隊長に忘れられた眼鏡を渡す
(条件未達成)
銅刃団の小隊長
「どうせ、家に帰ったってよお・・・・・・。
 ん~、さっきの羊はどうしたんだ~?
 おじさんがナデナデしてやるから連れてこいよ~。」
銅刃団の小隊長
「おお、さっきの姉ちゃんかあ。
 頼んだ酒はどうなったんだ~。
 ん・・・・・・何を持ってるんだ・・・・・・?」
(忘れられた眼鏡を渡す)
銅刃団の小隊長
「な、こ、この眼鏡は・・・・・・あいつ・・・・・・あいつの!
 ・・・・・・・・・・・・うう、うおお・・・・・・うおおおん!!
 なんで、なんで俺を残して逝っちまったんだよお!!
 う、ううううう・・・・・・うおお・・・・・・ひっく。
 ・・・・・・ああ、確かにこれは女房のだ。
 俺の・・・・・・俺の、病気で死んだ女房の眼鏡だ・・・・・・!
 ふたりで「降神祭」を迎えようって約束してたのに・・・・・・
 ほんの少しだけ、間に合わなくてよお・・・・・・。
 ・・・・・・へっ、これを見てたら、少しは落ち着いてきたぜ・・・・・・。
 女房が死んでから、全然眠れてねえんだ・・・・・・。
 だから、酒で忘れようとして、酔っ払って、迷惑かけて・・・・・・
 いったい俺は、何やってんだろうな・・・・・・」
銅刃団の衛兵
「テメエ、なんて・・・・・・なんて物を持ってくるんだよ!
 いいじゃねえか、酔うくらいよお・・・・・・。
 忘れさせてやりたかったんだよ・・・・・・。」
銅刃団の衛兵
「ここ最近の小隊長・・・・・・正直、見ちゃいられなかったよ。
 「降神祭」の間だけでも、
 なるべく一緒にいてやらなきゃ、って思ったんだ。」
タイニーラムを連れ銅刃団の小隊長に「応援する」をする
(条件未達成)
銅刃団の小隊長
「ダメだ、昂りが収まらねぇ、せめて少し寝ることができれば・・・・・・。
 そういや・・・・・・さっき変な兜のヤツが話しかけてきたな。
 「タイニーラム」が眠らせてくれるとかどうとか・・・・・・。」
(「応援する」以外のエモートをした場合)
銅刃団の小隊長
「む・・・・・・なんだ、今はそれどころじゃないんだ・・・・・・。
 せめて少し寝ることができれば・・・・・・。
 ・・・・・・俺が寝られるように「応援」してくれよ・・・・・・。」
(応援する)
銅刃団の小隊長
「む・・・・・・こ、これは・・・・・・さっきより眠気が、強く・・・・・・。
 その羊が眠らせてくれているのか、ありがとうよ・・・・・・。
 ・・・・・・ああ、ようやく寝られそうだ・・・・・・。」
銅刃団の小隊長
「ほら、お前、「降神祭」だよ・・・・・・見てごらん。
 綺麗だなあ・・・・・・ウルダハもお前も、輝いているよ・・・・・・。」
銅刃団の衛兵
「小隊長、もしかして・・・・・・奥さんの夢を?
 う、ううう・・・・・・小隊長が起きたら伝えよう。
 奥さんのことは残念だったけど、小隊長には俺たちがいますって!」
銅刃団の衛兵
「すまないが「ロジャー」に、伝言をしてくれないか?
 小隊長が起きたら支払いと謝罪に行くから、って。
 私たちも、すっかり酔いが覚めたよ。」
(銅刃団の小隊長
「おまえ・・・愛し・・・Zzz」)
タイニーラムを連れロジャーに報告
(条件未達成)
ロジャー
「・・・・・・俺に用かい?
 おや、あの羊はどこいったんだ?
 探してきてやんな、話ならそのあとに聞くからよ。」
ロジャー
「・・・・・・なるほど、そういうことだったのか。
 知らなかったとはいえ、俺は形見を渡しちまったわけだな。
 そうかあいつ、嫁さんを・・・・・・。
 ・・・・・・よし、せっかくの「降神祭」なんだ!
 あいつらの飲み食いした分・・・・・・
 いや、今日来たヤツのメシ代は全部タダだ!
 なんだかんだいって、お得意様だからな・・・・・・。
 常連客が泣き顔じゃあ、店の中まで湿っぽくなっちまう。
 早く元気になってもらわないとよ!
 ・・・・・・しかし、その羊・・・・・・ごった返してる店内から、
 よく眼鏡に気づいたもんだぜ。
 お前の相棒、すごいんだな!
 羊といやあ・・・・・・「黒羊与力」とか名乗る変な奴が
 さっきウロウロしてたんだが、あれはお前のお仲間かい?
 なら、そいつにも礼を言っといてくれよ!」
タイニーラムは、冒険者に微笑んでいるようだ・・・・・・。
三国をまわり、人々を「応援」してきたことで、
冒険者とタイニーラムの絆が、ものすごく深まった!
黒羊与力に報告
黒羊与力
「おお同志よ、任務を達成したようだな、ご苦労だった!
 さて・・・・・・「導眠の術」の反応は如何ほどであった?
 ・・・・・・なに、酔っていた小隊長には効き目が弱かったと。
 大人に対する効力は検証済みであるゆえ、
 これは酔いの影響か・・・・・・なかなか、興味深い結果である。
 しかし、その場の者がシンミリしてしまったのは、
 予想外であったな。
 こう、大々的に評判になることを期待したのだが・・・・・・。
 ・・・・・・とはいえ、銅刃団に「羊隊」のお披露目はできたのだ。
 いずれ噂も広まることであろう。
 うむ、この任務、成功といたそう! ご苦労であったな!
 そなたの功績を評し、この飾り兜を贈呈いたす。
 もしなくしてしまったら、各国の「羊商人」に話しかけるとよい。
 買い求められるように命じておいたからな。
 同志よ、引き続き宣伝任務を行い、
 羊奉行様に成果を報告してくれ!
 今後もよろしく頼むぞ!
 さて、預けていた「タイニーラム」は、こちらで受け取ろう。
 ウルダハでの任務、協力に感謝する!」
(タイニーラムを連れていない場合)
黒羊与力
「おお同志よ、任務を達成したようだな、ご苦労だった!
 タイニーラムも、ちゃんと戻ってきておるぞ!
 さて・・・・・・「導眠の術」の反応は如何ほどであった?
 ・・・・・・なに、酔っていた小隊長には効き目が弱かったと。
 大人に対する効力は検証済みであるゆえ、
 これは酔いの影響か・・・・・・なかなか、興味深い結果である。
 しかし、その場の者がシンミリしてしまったのは、
 予想外であったな。
 こう、大々的に評判になることを期待したのだが・・・・・・。
 ・・・・・・とはいえ、銅刃団に「羊隊」のお披露目はできたのだ。
 いずれ噂も広まることであろう。
 うむ、この任務、成功といたそう! ご苦労であったな!
 そなたの功績を評し、この飾り兜を贈呈いたす。
 もしなくしてしまったら、各国の「羊商人」に話しかけるとよい。
 買い求められるように命じておいたからな。
 同志よ、引き続き宣伝任務を行い、
 羊奉行様に成果を報告してくれ!
 今後もよろしく頼むぞ!」
黒羊与力
「銅刃団からの問い合わせを待っているのだが・・・・・・
 一向に連絡が来ない!
 これは、こちらから売り込みに行くべきか・・・・・・
 いやしかし、交渉を有利に進めるには・・・・・・ううむ。」
  忘れられた眼鏡:小隊長の奥さんの忘れ物。とても大切にされていたようだ