天下無双の再戦者

天下無双の再戦者

  • 依頼主 :ヒルディブランド(ウルダハ:ナル回廊 X8-Y11)
  • 受注条件:レベル50~
  • 概要  :ヒルディブランドは、オルトロスについて考察しているようだ。

ヒルディブランド
「・・・・・・ううむ、オルちゃん殿に怪しいところはありませんなぁ。
 調査は、ほかをあたったほうがよさそうです。」
エリー
「素直に、「アヴィラ」を尾行するのがいいんじゃない?
 彼女の居場所は「ダワー・メドー」に聞けばいいわ。」
ヒルディブランド
「ふむ、それもそうですな。
 それでは、ダワー・メドー氏のところに向かいますぞ!」
オルトロス
「・・・・・・気づいてたぞ、気づいてたぞ~。
 なんでコソコソ、わいのことを尾行してたんや~?
 ・・・・・・まさか、あの事件屋とかいう奴、
 わいが「剣闘士殺し」だと疑ってるんじゃぁ・・・・・・?
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・なんでバレたんやろ?
 うーん、うーん。
 わいがアヴィラちゃんと手を組んでるってバレたら、
 優勝賞金を山分けする計画が、台無しになっちゃうぞ~!
 ・・・・・・こうなったら、あいつらを大会前に始末しちゃうもんね~!
 ライバルも減らせて、一石二鳥なのだ~!!」
ウルダハ:ザル回廊のダワー・メドーと話す
ダワー・メドー
「・・・・・・ったく、この忙しい時に。
 お前さんたちは、アヴィラを探しているって?
 試合前はいつも、古巣の仲間と一緒に、
 酒房「コッファー&コフィン」で一杯やってるらしいぜ。
 追いかけるなら、気をつけろよ。
 彼女の私生活を取材しようとしてたガネロンなんかは、
 いつも、こっぴどく怒鳴られてたからな!
 ・・・・・・どうも彼女は、私生活を人に見せたくないみたいだぜ。
 まぁ、自分の出自を気にしてるのかもしれんな!
 わかったらさっさと行きな。
 俺はいろいろと忙しいんだからな、ガッハッハ!」
ヒルディブランド
「仲間との酒の席なら、口も軽くなるというもの・・・・・・!
 酒房「コッファー&コフィン」に向かい、
 こっそり会話を盗み聞きしてみましょう!」
ダワー・メドー
「アヴィラは、酒房「コッファー&コフィン」にいるはずだ。
 古巣の仲間と、景気酒でもしてるんじゃないか?」
酒房「コッファー&コフィン」のヒルディブランドと話す
ヒルディブランド
「向こうにいるのが、アヴィラ殿ですな・・・・・・。
 彼女を怒らせないためにも、ここで耳をすませますぞ!」
アヴィラ
「・・・・・・ああ、次の戦いで決まるんだ。
 ・・・・・・・・・・・・もちろんさ、優勝するのは「私に決まって」いる。
 アラミゴの民は、長らくウルダハで冷遇を受けてきた!
 しかし、ラウバーン様のようにコロセウムで活躍をすれば、
 生きる道は切り拓けるんだ!
 アラミゴの民の誇りにかけて、勝利を獲得するさ・・・・・・。
 ・・・・・・じゃあ「ナナワ銀山」にいって、妹に会ってくるよ。」
ヒルディブランド
「・・・・・・ふむ、やはり勝利を確信していますな。
 いったい、その根拠は何なのでしょう。」
エリー
「妹に会いに行くって言ってたわね・・・・・・。
 ひとまず、彼女を追ってみましょう。」
オルトロス
「うひょひょ・・・・・・。
 アヴィラちゃんの尾行はさせないぞー!
 だって、ここがお前らの墓場になるんだもんねー!
 あの草むらに、こっそり爆弾をしかけたのだ!
 これで事件屋どもはドッカン、決まりや~!」
ヒルディブランド
「・・・・・・むむ、火薬の臭いがしますぞ。
 ナシュ、また爆弾を持ち込みましたな?」
ナシュ・マカラッカ
「あれ~、おかしいですね~。
 今日は、お薬持ってきてないのに~。」
オルトロス
「き、き、気づきよったー!?
 火薬の僅かな臭いを嗅ぎ分けるなんて、かなりの熟練者や・・・・・・
 あの筋肉男・・・・・・ただのアホやない!?」
ヒルディブランド
「放っておくと、またブリ殿がひっかかってしまいますぞ。
 この爆弾は遠くに投げておきましょう・・・・・・そぉれ!」
オルトロス
「うっそ~~~~~~~~~~~~~~~~~ん!!」
ヒルディブランドと話す
ヒルディブランド
「あの採掘師が、アヴィラ殿の妹さんですかな?
 なにか、彼女の勝利に関する秘密がわかるといいのですが・・・・・・。」
アヴィラ
「・・・・・・また無理をして仕事をしていたのか。
 足の怪我は、治りきっていないんだろう?
 ヘジェリナ・・・・・・姉を心配させないでおくれ。」
ヘジェリナ
「えへへ、大事な仕事だからね、このくらいへっちゃらだよ。
 そんなことよりお姉ちゃん、次は決勝戦なのでしょう?
 優勝はできそう!?」
アヴィラ
「ああ、そのために「準備」をしてきたからね。
 優勝賞品の「日神の指輪」を持ち帰ってみせるさ。
 売れば、3000万ギルにはなるだろうって品だ。
 エシュテムの首飾りも、サンシルクの外套も、
 好きなだけ買ってあげられるよ。
 ・・・・・・そしたらもう、私たちは見下されることはないんだ!
 貧乏人を見下す側に、本物の勝者になれるんだ!」
ヘジェリナ
「・・・・・・私は、大舞台で活躍するお姉ちゃんを見ると、
 不遇な生まれでも、努力をすれば夢は叶うんだなって思うの。
 お姉ちゃんのおかげで、私は充分に幸せだよ。
 だから、かっこ良く戦ってくれれば、私は賞品なんて・・・・・・。」
アヴィラ
「まったく、ヘジェリナは謙虚すぎるんだ。
 ・・・・・・さて、そろそろ戻るよ。
 こんな所を記者や追っかけに見つかったら赤っ恥だ。」
ヘジェリナ
「あはは、相変わらずお姉ちゃんは恥ずかしがり屋だなぁ。
 行ってらっしゃい、今日は応援に行けないけど・・・・・・がんばってね!」
ヒルディブランド
「・・・・・・ううむ、勝利の秘密は謎のままですなぁ。
 それにしてもアヴィラ殿は、とても優しいお姉さんなのですな。」
エリー
「勝利への執念は、妹さんのためなのね・・・・・・。
 ・・・・・・まぁ、私も家族は妹だけだから、気持ちは少しわかるわ。」
ナシュ・マカラッカ
「むむ~?
 あっちの方で、何か音が・・・・・・?」
オルトロス
「うう~、さっきのミスのせいで、タンコブができてもうた・・・・・・。
 でも、今度は先回りして、
 落とし穴をいっぱい作っておいたもんね!
 うひょひょ、落とし穴にハマった音がしたで!
 いくら光の戦士とはいえ、怪我をしてるに違いないもんね~!
 かわいい女の子の冒険者にも、容赦しないのだ!
 な、なんやて~~~~~~~!?」
ヒルディブランド
「こ、ここに落とし穴があるのは私の計算どおりですが・・・・・・。
 怪しい者はいないようですな。」
エリー
「あっそ・・・・・・。
 それじゃ、そろそろウルダハに戻りましょう。
 「アマジナ杯闘技会」の決勝戦が始まる頃合いだわ。」
オルトロス
「かわいい女の子の冒険者をかばって、
 事件屋が罠にかかったやって~!?
 周りの奴らも全然動揺してないし、
 本人も計算どおりと、余裕しゃくしゃく・・・・・・。
 なんて紳士なんや・・・・・・。
 事件屋・・・・・・かなりできる奴みたいやな・・・・・・。
 ・・・・・・こうなったら最終手段や!
 コロセウムの危険な魔獣をつかっちゃうもんねー!
 あれ? そういや、わい・・・・・・。
 ここら辺にも、落とし穴つくったような・・・・・・。
 うっそ~ん~~~~~~~~~~~~~~!」
ナル大門に向かったヒルディブランドを追う
エリー
「なぜか、急にヒルディが立ち止まったんだけど・・・・・・。
 どうしたのかしら?」
エリー
「・・・・・・どうしたの?
 こんなところで立ち止まっちゃって。」
ヒルディブランド
「・・・・・・な、なにかおぞましい気配をキャッチしましたぞ!
 これはもしや、「剣闘士殺し」の・・・・・・!?」
オルトロス
「うひょひょ!
 わいに、ふたつもタンコブを作った罪は、おっきいぞ~!?
 今度こそ、ここをお前らの墓場にしてやるけんね~!
 さぁ、わいがコロセウムで手なづけた、凶悪キマイラちゃん!
 あの事件屋と、かわいい女の子の冒険者をやっつけちゃえ~!
 ・・・・・・・・・・・・あれ、キマイラちゃん遅いでぇ?
 わ、わいの凶悪キマイラちゃんがぁ~!!
 な、な、なんや、あのおっさん~~~~~~~~!!」
ヒルディブランド
「むっ、さっきの気配は、父上の殺気でしたか・・・・・・。
 噂の「剣闘士殺し」かと思いましたぞ。」
ゴッドベルト
「ホーウ、我が愛息子、ヒルディブランドではないか!
 パパは今、新作のマンダヴィルリングを創作中でな、
 素材狩りをしながら、イマジネーションを膨らませていたのだ。」
ヒルディブランド
「そうでしたか・・・・・・。
 では、我々は、「アマジナ杯闘技会」に出場するため、
 お先に失礼しますぞ。」
ゴッドベルト
「ホゥ! 我が息子がコロセウムに出るとは感慨深い。
 パパも後で観戦に向かいますぞ!」
オルトロス
「お、親父やて~~~!?
 あの筋肉ムキムキおっさんの息子だなんて、
 先祖代々の血統レベルで不味そうや・・・・・・。
 それにしても、事件屋とかいう奴・・・・・・何者なんや・・・・・・。」
????
「・・・・・・ヒルちゃんは、できる男だぜ。」
オルトロス
「だ、だれや!?」
ギルガメッシュ
「ヒルちゃん、そしてNikuq・・・・・・。
 ようやく見つけたぜ。」
オルトロス
「むむ、あんた只者じゃない気配やね・・・・・・。
 まさか、あんたも事件屋連中の仲間?」
ギルガメッシュ
「オレは、旅の剣豪ギルガメッシュ・・・・・・。
 仲間というよりは・・・・・・どちらかというと敵だな。」
オルトロス
「やった~、敵の敵は味方だもんね~!
 あいつらの弱点を、わいに教えたって~な!」
ギルガメッシュ
「ケッ、そんなもんオレが知りたいくらいだ。
 とにかく、Nikuq・・・・・・。
 あいつはマジで、めちゃくちゃ強ぇぜ。」
オルトロス
「あ、あのかわいい女の子の冒険者が、剣豪も認める実力者・・・・・・。
 そんなやつを従えている事件屋も、只者じゃない・・・・・・。」
ギルガメッシュ
「アイツと闘うつもりなら、やめとけ。
 見たところ、そこそこ戦えるようだが・・・・・・
 お前ひとりじゃ力不足だ。
 ・・・・・・さて、オレは追われてる身なんでな。
 こんなところで長話はできねぇ、あばよ。
 Nikuq・・・・・・次は負けねぇぜ・・・・・・!」
オルトロス
「わいひとりじゃあ、力不足・・・・・・。
 むう・・・・・・試合前にあいつらをぶっ倒す作戦は終いや。
 ふっしっし!
 こうなったら、いつもどおり「あの方」に頼むのだ~!」
ゴッドベルト
「軟体生物の揺らぎをイメージしたリング・・・・・・エクセレント!
 ホゥ・・・・・・新作のイメージが湧き出てきましたぞ!」
オルトロス
「ゲゲ~ッ!
 あの変な親父に見つかってもうた~!」
ゴッドベルト
「して・・・・・・どんな素材が取れますかな!?」
オルトロス
「筋肉ムキムキ、嫌いだ~~~~~~~~~~!!!」
コロセウム前のヒルディブランドと話す
ヒルディブランド
「やれやれ・・・・・・。
 久々に父上にあって、冷や汗をかきましたぞ。
 ふむ、だいぶ会場前に人が増えてきましたな。
 決勝戦の開始が近いようです。
 結局、アヴィラ殿の秘密はわからずじまいでしたが、
 「剣闘士殺し」の襲撃は免れたようですな。
 ・・・・・・まあ、私に恐れをなしたのでしょう、ハッハッハ!」