星芒祭は笑顔のために

星芒祭は笑顔のために

  • 依頼主 :アム・ガランジ(ラベンダーベッド X10-Y14)
  • 受注条件:レベル15~
  • 概要  :ラベンダーベッドのアム・ガランジは、冒険者に再び頼みたいことがあるようだ。

アム・ガランジ
「まぁ、冒険者さん! 各都市の実行委員からお話は伺いました。
 多大なご協力、心より感謝いたします!
 ご報告くださり、ありがとうございました。
 実は、わたくしも冒険者さんにお伝えすることがあるのです。
 例の「死んだお父様を連れてきてほしい」とカードに書いた、
 子どもの居場所がわかりました。
 ・・・・・・冒険者さんにお願いがあるのです。
 その子に、「聖人の従者」に扮装して「紛れていたカード」を見せ、
 事情を聞いてくださいませんか?
 「星芒祭」実行委員長をしているわたくしよりも、
 冒険者さんが話を聞いたほうが、語りやすいと思うのです。
 その子は、旧市街の「ミィ・ケット野外音楽堂」にいます。
 どうか、よろしくお願いいたします。」
アム・ガランジ
「「ミィ・ケット野外音楽堂」にいる少年に、
 「紛れていたカード」を見せ、事情を聞いてください。
 どうか、よろしくお願いいたします。」
スターライトチュニックを着て、グリダニアの影のある少年に紛れていたカードを見せる
母親らしき女性
「あら、あなたは・・・・・・
 もしかして、この子に会いに来てくださったの?」
(条件未達成)
影のある少年
「姉ちゃん、オレに何か用か?
 用がないなら、放っておいてくれよ・・・・・・。」
影のある少年
「うわっ、聖人の従者様!?
 オレに何か用かよ・・・・・・。」
(紛れていたカードを渡す)
影のある少年
「・・・・・・それを書いたのはオレだよ。
 だって、本当のことじゃないか!
 星神様も、聖人様も、従者様もいやしないんだ!
 いるなら、贈物を届けてくれるんだろ!
 じゃあ、父ちゃんを連れてきてくれよ!
 父ちゃんのくれた腕輪を失くしちゃったオレに、
 それぐらいしてくれたっていいだろ!」
母親らしき女性に紛れていたカードを渡す
母親らしき女性
「息子が失礼な真似をしてすみません。
 ・・・・・・ところで、先ほどあの子に見せたカードは何でしょう?
 よければ見せていただきたいのですが・・・・・・。」
(紛れていたカードを渡す)
母親らしき女性
「このカードは、あの子の書いたものですね・・・・・・。
 ・・・・・・従者様、少しだけ私たち親子のことを聞いてください。
 私たち親子は霊災で故郷を失った、いわゆる霊災難民です。
 長い旅を経て、ようやく、ここグリダニアに辿り着きました。
 息子は、その旅の最中に、大切にしていた腕輪を紛失しました。
 彫金師であった夫・・・・・・あの子の父親の形見であり、
 あの子のために作った夫の最後の作品である腕輪を、です・・・・・・。
 形見の腕輪は、息子にとって父親との絆そのもの・・・・・・。
 それだけに、紛失は再び父を亡くしたのに等しく、
 息子から笑顔が消えてしまって・・・・・・。
 ・・・・・・紛失した場所の心当たりですか?
 そういえば道中、獣に襲われたことがありました。
 もしかしたら、その時に落としたのかもしれません。
 だとすると、落とした場所は、中央森林に入った直後から、
 ベントブランチ牧場に入る直前でしょう。
 しかし、正確な場所までは・・・・・・。」
ラベンダーベッドのアム・ガランジと話す
アム・ガランジ
「お帰りなさいませ、冒険者さん。
 どうでしたか、事情を聞くことはできたでしょうか?
 なんと、そのようなことが・・・・・・。
 ・・・・・・冒険者さん、もうひとつお願いしたいことができました。
 その子の腕輪を探すのを手伝っていただけませんか?
 わたくしにも似たような思い出があって、
 他人ごととは思えなくて・・・・・・なんとかしてあげたいのです!
 探してくださるのですね!
 ・・・・・・ありがとうございます、冒険者さん!
 ベントブランチ牧場に入るまでの道でしたら、
 落とした可能性があるのは、鏡池桟橋付近でしょうか・・・・・・
 その辺りを探っていただけませんか?」
3箇所目の指定地点を調べる
????
「ホゥ・・・・・・こちらにいましたか。
 ようやく見つけましたぞ、冒険者殿!」
白髭の紳士
「ご無沙汰・・・・・・ではなく、初めましてですな!
 私はエオルゼア最強の彫金師・・・・・・ではなく、
 「偶然」通りがかった流れの聖人ですぞ!
 おっと、言葉にせずとも理解しております。
 冒険者殿の探し物はこちらでしょう。
 さあ、「形見の腕輪」をお受け取りください!
 ホッホゥ・・・・・・なぜ、ことを知ってるか不思議そうですな。
 なに、この腕輪を偶然発見した時に、すべてを理解したのですよ。
 ・・・・・・なにせ私は、流れの聖人ですからな! ハッハッハ!
 腕輪は壊れていましたからな、ちょちょちょいっと、
 素敵なアレンジを加えて、大胆かつ繊細に修復し、
 従者たる冒険者殿を探しておったというわけです。
 この腕輪なら、あの子の・・・・・・持ち主の笑顔も戻ることでしょう。
 冒険者殿の手でお渡しください。
 ・・・・・・おっと、その際は「聖人の従者」の扮装をお忘れなきよう!」
スターライトチュニックを着て、グリダニアの影のある少年に形見の腕輪を渡す
アム・ガランジ
「さすが冒険者さん、もう発見されたのですか!
 さあさあ、腕輪をあの子に届けてあげてください!
 「ミィ・ケット野外音楽堂」にいると思います。」
(条件未達成)
影のある少年
「姉ちゃん、オレに何か用か?
 用がないなら、放っておいてくれよ・・・・・・。」
影のある少年
「なんだよ、姉ちゃんか。
 また来るなんてしつこいな・・・・・・それで、今度は何の用?
 ・・・・・・えっ、父ちゃんの腕輪を探してきてくれたって!?」
(形見の腕輪を渡す)
影のある少年
「・・・・・・なんだよこれ、嘘つくのやめてくれよ!
 父ちゃんの腕輪はもっと質素で・・・・・・いや・・・・・・待ってよ・・・・・・。
 この腕輪、どこで手に入れたの・・・・・・!?
 ・・・・・・これって、父ちゃんがいつか作ってみせるって言ってた、
 「エオルゼア最強の彫金師」の腕輪にそっくりじゃないか!
 緋色の服に、白いお髭の紳士様が、
 父ちゃんの腕輪を修復して、これに・・・・・・?
 すごいや・・・・・・星神の聖人様って、本当にいたんだな!
 父ちゃんは、きっと天界でこの腕輪を作り上げたんだよ。
 それを、星神の聖人様に頼んで、オレに教えてくれたんだ!
 離れてても、大丈夫だって伝えるために・・・・・・・・・・・・。」
明るい笑顔になった少年
「ありがとう、それから、わがままを言ってごめんなさい・・・・・・。
 姉ちゃんは、本物の従者様だったんだな!」
ラベンダーベッドのアム・ガランジに報告
アム・ガランジ
「お帰りなさいませ、冒険者さん。
 ふふふ、その様子ですと、
 あの子の問題は無事に解決したようですね。
 ・・・・・・そうですか、ありがとうございます、冒険者さん。
 あの子の笑顔が戻ったのは、あなたのおかげです。
 それにしても、流れの聖人様とは懐かしいです・・・・・・。
 わたくしも幼いころ、流れの聖人を名乗る方に、
 助けていただいたことがあるのです。
 その御方は、形見の指輪をなくして泣いているわたくしに、
 新たな指輪と、笑顔になるきっかけをくださいました。
 今のわたくしがあるのは、流れの聖人様のおかげです。
 わたくしが「星芒祭」の活動を始めた理由も、
 その御方の恩に報いるためだったのです。
 ・・・・・・ひとりでも多くの子に、笑顔を取り戻したいと。
 もしかしたら、わたくしを助けてくださった方と、
 あなたがお会いした方は、本物の聖人様だったのかも・・・・・・。
 ふふふ・・・・・・悲しむ子どもを助けるためにやってくる、
 とても優しい聖人様・・・・・・なんて、夢みたいな話ですね。
 さて、聖人様ばかりにお任せするわけにはいきません。
 子どもたちの笑顔のため、わたくしたちもがんばらないと!
 冒険者さんも引き続き、「星芒祭」に協力をお願いいたしますね!」
アム・ガランジ
「冒険者さん、もう一度お礼を言わせてください。
 「星芒祭」が順調なのも、あの子が笑顔を取り戻したのも、
 全てあなたのおかげです・・・・・・ありがとうございました。」
  紛れていたカード:星の贈物の中に紛れ込んでいた星神のカード
  形見の腕輪:大胆かつ繊細な意匠が施された腕輪