リベット打ちの秘訣

リベット打ちの秘訣

  • 依頼主 :ヘッツケスル(低地ラノシア X27-Y33)
  • 受注条件:レベル13~
  • 概要  :ナルディク&ヴィメリー社の造船師ヘッツケスルは、リベット打ち作業に必要な熱源を必要としているようだ。

ヘッツケスル
「俺は、リベット打ちの達人よ。
 水漏れせんように、鉄板をガッチリと接合するにゃ、
 真っ赤に焼けたリベットを打ち込まにゃならん!
 コツは、「ライトニングスプライトの核」を使うことさ。
 こいつでリベットを加熱すりゃ、効果テキメン。
 だが、こいつの在庫が、ちょいと心許なくてね。
 「ライトニングスプライト」を倒して、
 その核を3個ほど集めてきてくれよ。」
ヘッツケスルにライトニングスプライトの核を届ける
ヘッツケスル
「「ライトニングスプライトの核」を3個だぜ。
 リベットの加熱には、そいつがいちばん具合がいいからな。」
(ライトニングスプライトの核を渡す)
ヘッツケスル
「おお、やってくれたか、ありがてえ!
 ライトニングスプライトの核を使う、この工法は
 筆頭造船師のアートビルムさんが考えたんだぜ。
 あの方は、本当に大した器だよ。
 造船師を志したのは、遅い方だってのに、
 あっという間に筆頭造船師に上りつめたからな。」
  ライトニングスプライトの核:リベット打ち用の熱源