星芒祭に救いの手を

星芒祭に救いの手を

  • 依頼主 :グザバリアン(グリダニア:旧市街 X10-Y9)
  • 受注条件:レベル15~
  • 概要  :グリダニアのグザバリアンは、冒険者に協力してほしいことがあるようだ。

グザバリアン
「そこの冒険者さん、今お時間いいですか?
 私は、「週刊レイヴン」の記者、グザバリアンと申します。
 開催中の「星芒祭」について、協力を願いたいのです。
 ・・・・・・「星芒祭」とは、寒さに震える孤児たちを救った、
 イシュガルド衛兵の逸話に由来する祭り。
 今では、子どもたちに贈物を贈る祝祭として定着しています。
 その逸話内で、孤児を救うように命じた「白髭の衛兵隊長」は、
 星神「ニメーヤ」の聖人とも呼ばれ、親しまれているんです。
 そこで今回、「星芒祭」の実行委員会は、孤児を救った衛兵・・・・・・
 つまり「聖人の従者」たちに扮して、
 子どもたちに贈物をプレゼントする催しを始めたんですよ。
 子どもたちに、星神様へのメッセージカードを書いてもらい、
 その代わりに、贈物を渡してあげるといった内容です。
 我々「週刊レイヴン」は、それを記事にしていたのですが・・・・・・
 ・・・・・・どうやら、予想外の事態が起こり、人手が足りないようです。
 「ラベンダーベッド」にいる「アム・ガランジ」に声をかけ、
 どうか、彼女を手伝っていただけませんか?」
ラベンダーベッドのアム・ガランジと話す
アム・ガランジ
「はい、わたくしが、
 「星芒祭」実行委員長のアム・ガランジですが・・・・・・。
 ・・・・・・まぁ、グザバリアン様からのご紹介で。
 ・・・・・・では、簡単に事情を説明させていただきます。
 すでにお聞きになられたかもしれませんが、今回の催しは、
 カードを書いてくれた子どもたちに、贈物を届けるというもの。
 わたくしの活動を「週刊レイヴン」様が記事にしてくださり、
 それを見たある御方が出資を申し出てくださいまして・・・・・・
 今回の「星芒祭」が行われることになったのです。
 ・・・・・・当初の計画では、
 実行委員会が設置した「星芒祭のスターライトツリー」の根元に、
 星神様宛ての「星神のカード」を、置いてもらう予定でした。
 そして、緋色の衣装を着て「聖人の従者」に扮した実行委員が、
 カードを回収し、代わりに、
 子どもたちに贈物をプレゼントする、と。
 ・・・・・・ところが、どこで聞き違いが起こったのか、子どもたちは、
 冒険者さん宅の庭に設置されているスターライトツリーにまで、
 カードを置くようになりまして・・・・・・。
 結果として、カード回収のために見まわる場所が増え、
 そのため、人手不足で困っていたのです・・・・・・。
 すべての子どもたちが、笑顔になってくれるように・・・・・・。
 そんな願いで始めた「星芒祭」を、ぜひ成功させたいのです。
 どうか、ご協力をお願いいたします。」
(クエスト受注前)
アム・ガランジ
「現在、冒険者ギルド主催の「星芒祭」が開催中です。
 多少騒がしくなってしまいますが、どうかご容赦ください。」
グザバリアン
「冒険者さん、話は聞いています。
 「星芒祭」を手伝っていただけるそうですね。
 なんと言えばいいのやら、感謝の言葉もありませんよ!」
星芒祭の広報係
「私は、星芒祭実行委員の広報係です。
 「星芒祭」に関する疑問なら、なんでも聞いてください。」
(何を聞く?)
(あなたたちはここでなにをしている?)
星芒祭の広報係
「私たちは、冒険者ギルドの「星芒祭」の実行委員会。
 グリダニア、リムサ・ロミンサ、ウルダハの三都市にまたがって、
 大々的に「星芒祭」を開催しています。
 実際にどんなことをやっているか、といいますと・・・・・・
 子どもたちに、星神に宛てた「星神のカード」を書いてもらい、
 これを「スターライトツリー」の根元に置いてもらいます。
 そして、置かれたカードを、このように緋色の衣装を着て、
 「聖人の従者」に扮装した我々実行委員が回収。
 その後、子どもに贈物を届けているのです。
 これは、実行委員長である「アム・ガランジ」が行っていた、
 慈善活動を元にしているんですよ。」
(「星芒祭」とは?)
星芒祭の広報係
「かつて、エオルゼア各都市が争っていたころ・・・・・・。
 イシュガルドの街路にて、戦災孤児たちが星を数え、
 寒さを紛らわせていました。
 それを見かねたイシュガルドの衛兵が軍規を破り、
 孤児に自分たちの緋色の外套を着せて、
 兵舎へ招き入れたといいます。
 この話が形を変え、今日の「星芒祭」となりました。
 寒さの厳しくなる季節、子どもが星神へ祈りを捧げ、
 大人が星神からの贈物を、子どもに配るという祝祭ですね。
 「星芒祭」には、イシュガルドの衛兵も形を変えて現れます。
 白い髭を蓄えた衛兵隊長は「星神の聖人」となり、
 子どもの祈りを星神に届ける存在として登場するのです。
 そして、部下の衛兵は、緋色の衣装を着た「聖人の従者」となり、
 祈りの礼として渡される星神からの贈物を、
 子どもたちに配る者として親しまれているのですよ。」
(「スターライトストーン」とは?)
星芒祭の広報係
「今回の「星芒祭」を手伝っていただいた方には、
 感謝の印として、「スターライトストーン」をお渡ししています。
 「スターライトストーン」は、
 各地の「マメット012P・プレゼンター」に渡すことで、
 「星芒祭」にちなんだ品物と交換できます。
 なお、「スターライトストーン」は複数の種類があります。
 「マメット012T・トレーダー」に渡すと、
 別種の「スターライトストーン」に交換することもできますよ。」
(「スターライトツリー」とは?)
星芒祭の広報係
「「マメット012P・プレゼンター」と交換できる品物に、
 3種類の特別な「スターライトツリー」があります。
 ・・・・・・予定では、子どもが「星神のカード」を置くのは、
 我々が設置した「星芒祭のスターライトツリー」だけでした。
 しかし何故か、交換できる3種類のスターライトツリーにも、
 子どもたちがカードを置くようになってしまって・・・・・・。
 「聖人の従者」に、カードの回収をお願いしている次第です。」
(「聖人の従者」の扮装とは?)
星芒祭の広報係
「「星芒祭」を手伝ってくださる方には、
 私が着ているものと同じ衣装を支給して、
 「聖人の従者」に扮装してもらっています。
 もし、あなたが手伝ってくださっている最中に、
 衣装を紛失された場合は、私に声をかけてください。
 その時は、同じ衣装をもう一度お渡しします。」
マメット012P・プレゼンター
「ワタシハ、星芒祭交換管理用ノまめっとデス☆
 「星芒祭」ノ詳細ニツイテハ、
 各冒険者居住区ノ担当者ニオ尋ネクダサイ。」