情熱と夢を込めて

情熱と夢を込めて

  • 依頼主 :アドキン(中央ザナラーン X23-Y13)
  • 受注条件:レベル50~
  • 概要  :狼煙の丘のアドキンに、特殊なスフィアスクロールについて相談してみよう。

アドキン
「あーーーーっ!!!
 お、お前、ウベールタンと一緒に、
 「スフィアスクロール」を試してた奴だろ!
 オレは、アドキン!
 ここ「狼煙の丘」きっての、マテリア研究家だ!
 いずれミュタミクス先生の右腕になる男だから、ヨロシクな!!
 ・・・・・・なに、特殊な「スフィアスクロール」を作りたって?
 そのためにウベールタンの知恵を借りに来たわけで、
 オレなんてお呼びじゃないと・・・・・・ふむふむ・・・・・・。
 って、ダメダメ! あいつばっかり活躍させるかっ!
 オレは、ミュタミクス先生の右腕になる男・・・・・・
 どんなに特殊な「スフィアスクロール」だって、作ってやるよ!
 えーっと・・・・・・お前は、その「ゾディアックウェポン」ってのに、
 普通のマテリアとは比にならないほど大きな力を、
 流し込みたいんだよな・・・・・・?
 それほど大きな力を転写する「スフィアスクロール」なら、
 かなりエーテル伝導率の高いインクで描かなきゃダメだ。
 ハイエンチャントインクごときじゃ、性能不足さ!
 ・・・・・・確か、ウベールタンのレシピ案に、
 うってつけのインクの作り方が載ってたな。
 なんでも、いにしえの「王の血」4種を材料とするとか・・・・・・。
 よし! そのインクを完成させて、
 新たなる「スフィアスクロール」を作ろう!
 ・・・・・・材料集めは、お前に任せていいよな?
 最初は、ニーム文明の聖域「ワンダラーパレス」に向かって、
 異形の王の血をとってきてくれ!
 一度でとれなくても、諦めるなよ!」
(2回目以降)
アドキン
「おっ、また来たのか!
 さらに「ゾディアックスクロール」を作りたいなら、
 ミュタミクス先生の右腕を目指すオレが、協力するぞ!
 前回と同じく、まずはインクの材料集めからだな!
 大きな力を転写する「ゾディアックスクロール」は、
 エーテル伝導率の高いインクで描かなきゃならないんだ。
 最初は、ニーム文明の聖域「ワンダラーパレス」に向かって、
 異形の王の血をとってきてくれ!
 一度でとれなくても、諦めるなよ!」
アドキン
「マテリアの技術には、夢がある!
 世界中に渦巻いてる「想いの力」を形にしていけば、
 すーーーっごいことができそうだろ!?
 ミュタミクス先生に、はじめてマテリアを見せてもらったとき、
 意味わかんないけど、感動しちゃってさ・・・・・・。
 今は、先生の右腕目指して勉強中ってわけだ!」
アドキンにトンベリ王の血を渡す
アドキン
「首尾はどうだ?
 ワンダラーパレスに潜むっていう、
 異形の王の血は手に入ったか?」
(トンベリ王の血を渡す)
アドキン
「おおーーーー!?
 なんか、すごくドロドロしてる血だな!?
 気味の悪い感じが、いかにも力を秘めてそうだ・・・・・・!
 ・・・・・・よし、1つ目の「王の血」は確かに預かった。
 オレはインクを作る準備を始めるから、
 お前は「カッパーベル銅山」に向かってくれ!
 あの銅山に閉じ込められているヘカトンケイレス族の中でも、
 岩窟王と呼ばれた「ウラノス」の血・・・・・・
 異常なまでの生命力の源が、次の狙いだ!」
(2回目以降)
アドキン
「おおーーーー!?
 相変わらず、すごくドロドロしてる血だな!?
 気味の悪い感じが、いかにも力を秘めてそうだ・・・・・・!
 ・・・・・・よし、1つ目の「王の血」は確かに預かった。
 オレはインクを作る準備を始めるから、
 お前は「カッパーベル銅山」に向かってくれ!
 あの銅山に閉じ込められているヘカトンケイレス族の中でも、
 岩窟王と呼ばれた「ウラノス」の血・・・・・・
 異常なまでの生命力の源が、次の狙いだ!」
アドキンに岩窟王の血を渡す
アドキン
「ヘカトンケイレス族の岩窟王、ウラノスか・・・・・・。
 いかにも強そうな感じだけど、大丈夫なのか・・・・・・?」
(岩窟王の血を渡す)
アドキン
「うひょぉー!?
 これが、300年以上も地下で耐え忍んできた一族の血・・・・・・!
 無事に戻ってきた、お前の生命力にも驚きだぞ!?
 ともかく、一歩前進だな!
 この勢いで、3つ目の「王の血」も集めてきてくれよ!
 お次は、ロータノ海に浮かぶ「ハルブレイカー・アイル」。
 謎めく「魔の海域」の王者の血が必要なのさ!
 よろしく頼んだ!」
アドキンに大王烏賊の血を渡す
アドキン
「おっ、なんだか潮臭いな。
 「魔の海域」に行ってきたのか?」
(大王烏賊の血を渡す)
アドキン
「うげぇ~~~っ!?
 これが「魔の海域」の王の血だっていうのか!?
 青っつーか、緑っつーか・・・・・・色も匂いもすごいな・・・・・・。
 だが、このオレ・・・・・・錬金術にも造詣が深い、
 ミュタミクス先生の未来の右腕にかかれば、
 ゲテモノだって、素晴らしいインクに生まれかわるのさ!
 さあ、最後の「王の血」も頼むぞ!
 狙うは「カルン埋没寺院」に眠る、古代王の血だ!
 その血には、強力な魔力が秘められていて、
 寺院の守護者たる石像を動かしているらしい・・・・・・。
 石像をブッ壊せば、手に入るかもな・・・・・・!?」
アドキンに古代王の血を渡す
アドキン
「ふふふ・・・・・・今に見てろよぉ、ウベールタン!
 この試みを成功させて、度肝を抜いてやる・・・・・・!」
(古代王の血を渡す)
アドキン
「おお! おおーーーっ!?
 これが「古代王の血」なんだな!?
 すごいぞ、実在してたってだけでも一大発見だ!
 ・・・・・・よしよし。
 これで目的の「スフィアスクロール」にふさわしい、
 高エーテル伝導率のインクを作ることができる!
 だけど、いくらインクが素晴らしくても、
 ほかの素材がダメダメじゃ、最高の成果は得られない・・・・・・。
 そう、インクに釣り合うような、紙が必要なのさ!
 オレがインクを作っている間に、「上質な羊皮紙HQ」と、
 インクを定着させるための「上質な定着剤HQ」を、
 集めてきてくれないか?
 自分で作っても、買ってきてくれてもいいけど・・・・・・
 作るなら、シルバーバザーのよろず屋を見てみるといい。
 いい具合の年代物があれば、素材として再利用できるからな!」
アドキンに上質な羊皮紙HQと上質な定着剤HQを渡す
アドキン
「あ、ああ・・・・・・おかえり!
 「上質な羊皮紙HQ」と「上質な定着剤HQ」は、
 手に入ったのか?」
(上質な羊皮紙HQと上質な定着剤HQを渡す)
アドキン
「うぐぐぐ・・・・・・申し分ない質の羊皮紙と、定着剤だな。
 とてもありがたい・・・・・・ありがたいんだけどさ・・・・・・。
 ご、ごめん・・・・・・!
 ・・・・・・インクの製作が思うようにいかなくて、
 まだ出来上がってないんだよ!
 なあ、後生の頼みだ・・・・・・!
 最後にもうひとっ走りして、インクの製作を助ける品を、
 集めてきてくれないか!?
 高熱を発する「大炎獣の心核」と、
 インクを溶くための「霊峰の泉水」。
 そして、エーテル伝導率をさらに高める「戦神砂」がいる!
 「戦神砂」は、イシュガルドで砦の建造などに使われる合金、
 「戦神鋼」を含んでいる砂なんだ。
 かの地の砦の近隣でなら、出回ってるかもしれない・・・・・・!」
アドキンに大炎獣の心核と霊峰の泉水と戦神砂を渡す
アドキン
「負けるな、オレ・・・・・・!
 この苦境を乗り越えて、ミュタミクス先生の右腕に、
 もう一歩近づくんだ・・・・・・!」
(大炎獣の心核と霊峰の泉水、戦神砂を渡す)
アドキン
「こ、これは・・・・・・!
 頼んでた素材を、そろえてきてくれたんだな!?
 ありがとなーーーっ!
 これさえあれば百人力、インクもチョチョイと完成だ!
 そして、お前が持ってきてくれた羊皮紙と定着剤もある・・・・・・!
 よし、ちょっとだけ待っててくれよな!
 ついに、新たな「スフィアスクロール」の完成だ・・・・・・!
 ふふふ・・・・・・この功績が、ウベールタンの奴を差し置いて、
 オレを先生の右腕へと押し上げる!
 ・・・・・・ま、まあ・・・・・・「スフィアスクロール」の作り方や、
 インクのレシピは、ウベールタンから習ったわけだけど・・・・・・。
 それに、冒険者の力もずいぶん借りたし・・・・・・。
 だけど、こいつを完成させたのはオレだもんな!?
 ミュタミクス先生の右腕となるまで、
 この調子で功績を積み重ねていくぞっ!
 ・・・・・・それじゃ、受け取れ!
 「ゾディアックウェポン」に魂を込めるための、新たな書・・・・・・
 「ゾディアックスクロール」だーーーっ!」
アドキン
「オレがミュタミクス先生の右腕になる日が、
 ちょっとずつ近づいてる気がする・・・・・・!
 最大の障害は、ライバルのウベールタンだなっ!
 ウベールタンの奴、いつも冴えない感じのくせして、
 誰もやったことない試みを、しれっと成功させるんだ。
 すごいけど・・・・・・すごいからこそ、絶対負けられないぞ!」
  トンベリ王の血:トンベリキングの血。怨念が込められている
  岩窟王の血:復讐のウラノスの血。異常な生命力の源と思われる
  大王烏賊の血:クラーケンの血。不気味な色をしている
  古代王の血:アーゼマヴァイスジェレントから採取した古代王の血。石像を動かす魔力の源と思われる
  上質な羊皮紙:丹念に表面を処理した、にじみの少ない羊皮紙
  上質な定着剤:エーテル伝導率を損なうことなく、インクを定着させるための錬金薬
  大炎獣の心核:かつて出現した大炎獣から採取された心核。非常な高温を発する
  霊峰の泉水:極東の霊峰で採水された清らかな泉水。含有エーテル量が極めて高い
  戦神砂:戦神鉱を含有する砂
  ゾディアックスクロール:古の武器・ネクサスに満ちた魂の力を注ぎ込むための新式スフィアスクロール