真摯なる職人の挑戦


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

真摯なる職人の挑戦

  • 依頼主 :ガイディング・スター(モードゥナ X21-Y6)
  • 受注条件:レベル50~
  • 概要  :レヴナンツトールのガイディング・スターに、「ゾディアックウェポン」の素材を作るための特殊物質について相談してみよう。

ガイディング・スター
「やあ、君か。
 タラン爺の扱っている秘伝書は、見てみたかい?
 ・・・・・・おや、今日は何か別の用件で来たようだな。
 ・・・・・・なるほど。
 その「ゾディアックウェポン」とやらを再創造するために、
 様々な性質を兼ね備えた「特殊物質」が必要と・・・・・・。
 話を聞く限り、ダークマターが最も条件に近いが、
 市場に出回っているような品では、役目に足るとは思えない。
 となれば、未知の物質を作り出す必要がある、か・・・・・・。
 ・・・・・・ふむ、なんとも職人魂がうずく話じゃないか。
 製作と採集の道を極めるためにも、俺に協力させてくれ!
 よし、それではさっそく、
 「特殊物質」の素材集めからはじめよう。
 ・・・・・・大丈夫、心当たりくらいはあるさ。
 お望みのような物質を作り出すためには、
 性質の異なる素材を混ぜていかなければならないが、
 基材とするのは「アラグの樹脂」が最適だろう。
 まずは、この「アラグの樹脂」を集めよう。
 南ザナラーンの地中から出土したという噂があるから、
 現地で取り扱っている商人がいるかもしれないな。」
(2回目以降)
ガイディング・スター
「おお、君か!
 「ゾディアックマター」の件は、礼を言わせてくれ。
 あれほどの物を作ったことは、いい経験になった。
 ・・・・・・「ゾディアックマター」を再び作りたい、だと?
 それは構わないが、素材や道具は使い切ってしまったぞ。
 もう一度、集めなおさなければならないな・・・・・・。
 まずは、基材となる「アラグの樹脂」からだ。
 南ザナラーンの商人から、再び買い付けてきてくれないか?」
ガイディング・スターにアラグの樹脂を渡す
ガイディング・スター
「戻ってきたな。
 それで、「アラグの樹脂」は手に入ったかい?」
(アラグの樹脂を渡す)
ガイディング・スター
「・・・・・・間違いない、「アラグの樹脂」だ!
 こいつは、扱い方によって性質を変える未解明の素材でね。
 目的となる「特殊物質」は、
 武器製作者の意志によって、性質を変えられなければならない。
 そこで、この樹脂が基材に適していると思ったんだ。
 よし・・・・・・続けて、樹脂にかけあわせる素材を集めていこう。
 まずは「黄輝石」と「妖異の魔布」を手に入れてくれ。
 「黄輝石」は、霊銀と硫黄の成分を含む不可思議な鉱石だ。
 噂では「オーラムヴェイル」で、まれに発見できるらしい。
 一方「妖異の魔布」は、一部の妖異が身につけている布で、
 異界ヴォイドに由来する魔力を秘めているといわれるもの。
 多くの妖異が現れる場所なら、見つかるかもしれない・・・・・・。
 ふたつとも、入手には困難が伴うだろう。
 だが、ここで妥協しては「特殊物質」の製作など、
 夢のまた夢になってしまう・・・・・・頼んだぞ。」
(2回目以降)
ガイディング・スター
「・・・・・・ああ、確かに「アラグの樹脂」だ。
 質も悪くない、これなら問題ないだろう。
 次は「黄輝石」と「妖異の魔布」を手に入れてくれ。
 「黄輝石」は「オーラムヴェイル」、
 「妖異の魔布」は多くの妖異が現れる場所で、
 見つけることができるだろう。
 発見、入手は困難だろうが、
 「特殊物質」の製作には欠かせない素材だ。
 ・・・・・・君の帰還を待っているぞ。」
ガイディング・スターに依頼品を渡す
ガイディング・スター
「おお、待っていたよ!
 「黄輝石」と「妖異の魔布」は、入手できたかい?」
(黄輝石と妖異の魔布を渡す)
ガイディング・スター
「「黄輝石」と「妖異の魔布」、確かに受け取った。
 入手困難な素材にも関わらず、君はすごいな・・・・・・!
 必要な素材はまだある・・・・・・この調子で集めていこう。
 次に入手してほしいのは、
 「アムダプール紙片」と「蒼茫玉」だ。
 「アムダプール紙片」は、アムダプール文明で使われた、
 魔力を織り込んで作られた紙だな。
 「古アムダプール市街」を探せば、恐らく見つかるだろう。
 「蒼茫玉」は、サハギン族が支配する蒼茫洋で産出する真珠だ。
 直接探しに行ける場所でもないし、サハギン族に協力する海賊が
 根城にしていたという「サスタシャ浸食洞」を探すか・・・・・・?
 再び困難な素材集めに挑んでもらうことになりそうだが、
 このふたつがそろえば、素材は十分といえるだろう。
 俺も、製作に向けて調べをすすめておくぞ。」
(2回目以降)
ガイディング・スター
「「黄輝石」と「妖異の魔布」、確かに受け取った。
 さすが、君の仕事ぶりは素晴らしいな。
 では、続いて「アムダプール紙片」と、
 「蒼茫玉」を手に入れてきてくれ。
 「アムダプール紙片」は「古アムダプール市街」、
 「蒼茫玉」はサハギン族と関係の深い者がいる場所で、
 見つけることができるだろう。
 このふたつがあれば「ゾディアックマター」の素材がそろう。
 再び困難な素材集めに挑んでもらうことになりそうだが、
 前回も成し遂げた君になら、安心して頼めるよ。」
「腐敗遺跡 古アムダプール市街」を攻略してアムダプール紙片を入手
「逆襲要害 サスタシャ侵食洞(Hard)」を攻略して蒼茫玉を入手
タイディング・スターに依頼品を渡す
ガイディング・スター
「「アムダプール紙片」と「蒼茫玉」は手に入ったか?
 苦労をかけるが、それらの素材が集まれば、
 望むとおりの「特殊物質」を作れるはずだ!」
(アムダプール紙片を蒼茫玉を渡す)
ガイディング・スター
「間違いない、「アムダプール紙片」と「蒼茫玉」だ。
 よし、これで「特殊物質」の素材がそろったわけだな!
 さて・・・・・・次は、集めた素材を混ぜ合わせるため、
 一度、粉々にすりつぶさなければならない。
 ・・・・・・とはいえ、君が懸命に集めてくれた、特殊な素材だ。
 粗悪な乳鉢と乳棒では、作業が困難なばかりか、
 素材をダメにするだけだろう。
 そこで君に、「上質な乳鉢HQ」と
 「上質な乳棒HQ」を調達してもらいたんだ。
 自分で製作しても、誰かに譲ってもらってもかまわない。
 それらの製作に必要な一部の素材は、
 よく使い込まれた既製品から使いまわすといい。
 中古品の集まる、シルバーバザーを見てみてはどうかな?」
ガイディング・スターに上質な乳鉢HQと上質な乳棒HQを渡す
ガイディング・スター
「「上質な乳鉢HQ」と「上質な乳棒HQ」は調達できたかい?
 特殊な素材を、痛めることなくすりつぶすには、
 上質な道具が必要なんだ。」
(上質な乳鉢HQと上質な乳棒HQを渡す)
ガイディング・スター
「ふむ、見事だ・・・・・・。
 一介の職人として、この道具の出来には、
 ほれぼれとしてしまうよ・・・・・・!
 これなら、君の集めてくれた特殊な素材を、
 特性を殺すことなく混ぜ合わせることができるだろう。
 それを焼き上げれば「特殊物質」の完成だ・・・・・・!
 仕上げの作業にあたり、君に最後の調達を頼みたい。
 素材を高温で焼き上げるための「大炎獣の心核」と、
 冷却用の「霊峰の泉水」が必要なんだ。
 いずれも、普通の店で扱いがあるような品ではないが・・・・・・
 経験の豊かな君ならば、心当たりがないだろうか?」
ガイディング・スターに大炎獣の心核と霊峰の泉水を渡す
ガイディング・スター
「「大炎獣の心核」と「霊峰の泉水」はあったか?
 それがそろった暁には、俺の最高の技術をもって、
 君の求めている品を作り上げよう・・・・・・!」
(大炎獣の心核と霊峰の泉水を渡す)
ガイディング・スター
「・・・・・・素晴らしい、必要な品はすべてそろったというわけだ。
 あとは俺が腕をふるうだけか・・・・・・。
 よし、君の努力のすべてを受け取って、
 「特殊物質」を必ず完成させよう・・・・・・!
 ・・・・・・極めて特殊な素材たちが合わさることで、
 新たな反応が生まれ、未知の特性をもった物質となる。
 それは職人の精神に感応し、求められた性質へと変化する物質。
 失われた「ゾディアックウェポン」を再創造するための、
 唯一無二の素材となる・・・・・・!
 究極の精神感応物質!
 ・・・・・・名づけて、「ゾディアックマター」だ!
 俺は職人として、この製作に携われたことに感謝するよ。
 未踏の領域に踏み込むことが、俺の技術を・・・・・・
 そして前へと向かう好奇心を、大いに燃え上がらせてくれた。
 さあ、この「ゾディアックマター」を持って、
 君の求める武器を再創造するといい。
 最後まで気を抜かず・・・・・・素晴らしい品を作ってくれ!」
ガイディング・スター
「前進を続けようとする者の前には、
 新たな課題と発見が訪れるものさ。
 製作と採集の道は、まだまだ先が長そうだ!」
  アラグの樹脂:古代アラグ文明が編み出した魔科学の産物
  黄輝石:オーラムヴェイルにて産する不気味に輝く鉱石
  妖異の魔布:異界ヴォイドに由来すると思われる禍々しい布
  アムダプール紙片:アムダプール文明で用いられていた魔力が織り込まれた紙
  蒼茫玉:サハギン族が支配する蒼茫洋の深海で産する真珠
  上質な乳鉢:ゾディアックマターの製造に必要な乳鉢。耐久性がなく、一度しか使用できない。
  上質な乳棒:ゾディアックマターの製造に必要な乳棒。耐久性がなく、一度しか使用できない。
  大炎獣の心核:かつて出現した大炎獣から採取された心核。非常な高温を発する
  霊峰の泉水:極東の霊峰で採水された清らかな泉水。含有エーテル量が極めて高い
  ゾディアックマター:万物の素になると伝われる精神感応型物質