パパナ借金道

パパナ借金道

  • 依頼主 :パパナ(モードゥナ X22-Y7)
  • 受注条件:レベル50~
  • 概要  :レヴナンツトールのパパナに、「ゾディアックウェポン」にまつわる古文書のことを相談してみよう。

パパナ
「うう・・・・・・はやくノルマをこなさないと・・・・・・。
 絶対、グ・ジュサナ姐さんを自由にするんだ・・・・・・!
 ・・・・・・おっと、お客さんかい?
 古文書を探しにきたなら、姐さんじゃなくて私が相手をするよ。
 私はパパナ・・・・・・グ・ジュサナ姐さんの元舎弟さ!
 旅の途中、数年ぶりにここで姐さんと再会してね。
 まったく、あの姐さんがコキ使われてるなんて、驚いたよ。
 どうも姐さんは、ロウェナとかいう年増女に、
 とんでもない金額の借金をしているらしくてね・・・・・・。
 その返済のために、下働きをしてるっていうんだ。
 ・・・・・・私は、姐さんにいろいろ恩がある。
 だから、ロウェナとかいう金の亡者に頭さげて、
 姐さんがやってる、古文書の管理を手伝うことにしたのさ!
 で、どんな用なんだい?
 ・・・・・・大昔の英雄が愛用した武器についての古文書が欲しいって?
 そういえば、武器の絵が描いてある古文書があったような・・・・・・。
 おっと、もちろん無償で譲るわけにはいかないよ!
 そうだね・・・・・・物々交換でどうだい?
 「大炎獣の心核」と「霊峰の泉水」を持ってきな!
 それから、高地ラノシアの石緑湖の湖底で獲れるっていう、
 「ブロンズクリスタル」もね。
 湖近隣の商人なら扱ってるだろうから、尋ねて回るんだよ!」
(2回目以降)
パパナ
「うう・・・・・・はやくノルマをこなさないと・・・・・・。
 絶対、グ・ジュサナ姐さんを自由にするんだ・・・・・・!
 ・・・・・・あん、なんだ、またアンタか。
 まさか、私に用があるふりをして、
 姐さんを見にきたんじゃ・・・・・・?
 ・・・・・・なんだ、また古文書を探しにきたのか。
 今回も、対価をもらえりゃ譲ってやるよ!
 「大炎獣の心核」と「霊峰の泉水」、
 そして、高地ラノシアで買える「ブロンズクリスタル」を持ってきな!
 ・・・・・・そんじゃ、頼んだよ!
パパナ
「アンタ、何の用だい。
 まさか、グ・ジュサナ姐さんに
 ちょっかいだそうってんじゃないだろうね!?」
パパナに大炎獣の心核と霊峰の泉水とブロンズクリスタルを渡す
パパナ
「どうだい・・・・・・?「大炎獣の心核」、「霊峰の泉水」・・・・・・
 それに「ブロンズクリスタル」は見つかったかい?」
(大炎獣の心核と霊峰の泉水、ブロンズクリスタルを渡す)
パパナ
「どれどれ、ふ~ん・・・・・・あぁ、ダメだねぇこれ。
 ほら、「大炎獣の心核」はちょっと端っこが欠けてるじゃない。
 「霊峰の泉水」も、髪の毛が入っちまってるしぃ~。
 言いがかりのつもりはないんだけどさぁ~、
 これじゃあ、価値ある古文書とは交換できないねぇ~。
 ・・・・・・あ、私は優しいから、ほかの交換物で妥協してもいいけど?
 そうだねぇ・・・・・・例えば、
 「ゼーメル要塞」で取れる「バトラールの角」と、
 「ブレイフロクスの野営地」で取れる「VI号ゴブリ鋼板」だね!
 なぁに、たったのふたつだから簡単だろう?
 ・・・・・・珍品だから、稀にしか手に入らない品だけどね、ククク。
 だからこそ、どちらもマニア垂涎の逸品だ!
 持ってこれりゃあ、古文書を譲ってやってもいいよ!」
(2回目以降)
パパナ
「ふ~ん・・・・・・あぁ、今回も残念だねぇ。
 「ブロンズクリスタル」にホコリがついてるからねぇ~。
 いやぁ、残念だねぇ・・・・・・。
 ・・・・・・というわけで、今回も追加の品を持ってきな!
 「ゼーメル要塞」で取れる「バトラールの角」と、
 「ブレイフロクスの野営地」で取れる「VI号ゴブリ鋼板」だ!
 そのふたつを持ってこれりゃあ、古文書を譲ってやる!
 わかったら、とっとと出かけるんだね!」
パパナに依頼品を渡す
パパナ
「さぁ、どんな按排だい?
 「バトラールの角」と「VI号ゴブリ鋼板」の用意はできたかい?」
(バトラールの角とVI号ゴブリ鋼板を渡す)
パパナ
「・・・・・・んぐぐ、た、たしかに。
 この「ブツ」は非の打ち所がないけど・・・・・・。
 で、でも・・・・・・ちょっと時間がかかりすぎたみたいだねぇ?
 実はアンタを待っている間に、武器についての古文書が、
 とある好事家の目に留まっちまってねぇ。
 そいつが、いくら払ってでも欲しいって言うのさぁ~。
 でも、私って義理堅いほうだろう?
 だから、アンタがさらに「ブツ」を納めるっていうなら、
 好事家の誘いを断ろうかな、って思ってるんだよねぇ~。
 そうだねぇ、例えば・・・・・・
 「ハラタリ修練所」で取れる「ナラシンハの皮膜」と、
 「スノークローク大氷壁」で取れる「フェンリルの牙」だね。
 どっちも、なっかなか手に入らない品物だから、
 市場に全く出まわらねえ希少品でねぇ。
 ・・・・・・でも、アンタなら取ってきてくれるだろう?
 ほーら、私の気が変わらないうちに、
 急いで探してきなっ!」
(2回目以降)
パパナ
「・・・・・・んぐぐ、た、たしかに。
 この「ブツ」は非の打ち所がないけど・・・・・・。
 で、でも・・・・・・今回もちょっと時間が遅かったようだ。
 いやぁ、アンタを待ってたらさぁ、
 前回の好事家が、やっぱり古文書を諦めきれないから、
 言い値で買わせてくれって言ってきたんだよねぇ。
 でも、御存知のとおり、私って義理堅いほうだからさ?
 好事家の誘いは断っておいてあげたのさ。
 ・・・・・・もちろん、今回もアンタの「誠意」が前提だけどねぇ?
 さぁ、もうわかっているんだろう?
 前回と同じ、例の「ブツ」を用意するんだ!
 「ハラタリ修練所」で取れる「ナラシンハの皮膜」と、
 「スノークローク大氷壁」で取れる「フェンリルの牙」だよ!
 さぁ、急いで探してきなっ!」
「剣闘領域 ハラタリ修練所」を攻略してまれに得られるナラシンハの皮膜を入手
「氷結潜窟 スノークローク大氷壁」を攻略してまれに得られるフェンリルの牙を入手
パパナに依頼品を渡す
パパナ
「・・・・・・どうだい?
 「ナラシンハの皮膜」と「フェンリルの牙」を、
 手に入れられたんだろうね。」
(ナラシンハの皮膜とフェンリルの牙を渡す)
パパナ
「お、おう・・・・・・やるじゃないか。
 ・・・・・・だが、私もロウェナ商会の端くれ。
 姐さんのために、こんな適切な価値で渡すわけにはいかねぇんだ!
 ・・・・・・えーっと・・・・・・そうだ! 実は、急にロウェナから、
 不要な古文書の処分を頼まれちゃってね。
 これが終わるまで、ほかの仕事は引き受けられないんだよぉ~。
 数が多いから、全部終わるまでに・・・・・・3年はかかりそうでねぇ。
 ・・・・・・でも、もし「炎の指輪HQ」と、「上質な薪HQ」があったら、
 一瞬で大量のゴミを燃やせるんだよなぁ~。
 あ~あ、惜しいなぁ~。
 この仕事が終われば、アンタに古文書を渡せるのになぁ~。
 ・・・・・・え~、さっすが冒険者~!
 「炎の指輪HQ」と「上質な薪HQ」を
 持ってきてくれるっていうのかい!?
 製作に必要な素材の一部は、シルバーバザーで流通している、
 古い品を再利用するといいかもしれないね。
 そんじゃ、がんばっておくれよ!」
パパナに炎の指輪HQと上質な薪HQを渡す
パパナ
「頼んでた「ブツ」・・・・・・
 「炎の指輪HQ」と「上質な薪HQ」はあったかい?」
(炎の指輪HQと上質な薪HQを渡す)
パパナ
「・・・・・・おお、これだ、これ!
 こいつがありゃ、不要な古文書の山を消し去れるよ!
 ・・・・・・私の意地悪な依頼に、よくついてきてくれたね。
 アンタのおかげで、かなりいい賃金が貰えそうだ。
 これでようやく、姐さんの助けができるよ。
 ハハ・・・・・・意気込んで、姐さんの手伝いを始めたものの、
 慣れない仕事で、逆に迷惑をかけまくっててさ・・・・・・。
 足手まといなんじゃねえかって、ヘコんでたんだよ。
 ・・・・・・昔・・・・・・私はある組織で、コソドロをしててさ。
 しょっちゅうドジ踏んで、何度も捕まりかけてたんだ。
 でも、先輩だったグ・ジュサナ姐さんが、いつも助けてくれた。
 ・・・・・・姐さんは当時の相方に、
 組織の預り金を持ち逃げされたらしくてね。
 その全額を借金として負い、組織を追い出されたそうだ。
 それから、危険な稼ぎ方をはじめた姐さんは、
 ついに身体を壊しちまった・・・・・・。
 流れ流れて、最終的に、ここロウェナ商会に行きついたらしい。
 ・・・・・・姐さんは、がんばり屋なんだ。
 誰かを信じて、裏切られても・・・・・・前に進んじまう。
 だからこそ、私は・・・・・・姐さんを幸せにしたいんだ。
 ・・・・・・へへ、恥ずかしい話しちまったな。
 それじゃあ、ご要望の「黄道十二文書:星天」だ!
 アンタが勝ち取ったんだ、大事にしろよな!」
パパナ
「・・・・・・もっと、もっと頑張らないと。
 アタシの恩人である、姐さんのために!」
  大炎獣の心核:かつて出現した大炎獣から採取された心核。非常な高熱を発する
  霊峰の泉水:極東の霊峰で採水された清らかな泉水。含有エーテル量が極めて高い
  ブロンズクリスタル:石緑湖の湖底で採掘される、水と風の属性を帯びた結晶
  バトラールの角:バトラールの鋭い角。一部の好事家に珍重される
  VI号ゴブリ鋼板:VI号ゴブリタンクの装甲板。一部の好事家に珍重される
  ナラシンハの皮膜:ナラシンハの強靭な皮膜。一部の好事家に珍重される
  フェンリルの牙:フェンリルの冷たい牙。一部の好事家に珍重される
  炎の指輪:宝珠の力で簡単に火種が作り出せる魔法の指輪
  上質な薪:着火性の高いイトスギの薪。わずかな火種からでも瞬く間に燃え上がる
  黄道十二文書:星天:古の英雄、ゾディアックブレイブの活躍を描いた古文書。英雄の愛器を記した星天の章