ゾディアックウェポン

ゾディアックウェポン

  • 依頼主 :ジャルザーン(黒衣森:北部森林 X29-Y19)
  • 受注条件:レベル50~
  • 概要  :ハーストミルのジャルザーンは、「ゾディアックウェポン」の再現について考えているようだ。

ジャルザーン
「我が同志Nikuqよ・・・・・・。
 その後、「古の武器・ネクサス」の具合はどうかな?
 ・・・・・・うむ、快調ならばよい。
 生涯の研究「ゾディアックウェポン」の再現のため、
 「古の武器」に「魂」を込めてきた甲斐があったな。
 思えばこの輝きに至るまで、
 「古の武器」は数々の進化を経たものだ。
 ・・・・・・どうだ、これまでの変化の過程を振り返ってみぬか?
 ことの初め・・・・・・お主は「古の武器・ゼニス」を持ってきた。
 あれはたしか、錬金薬「サベネアの霊薬」を使い、
 「古の武器」に疑似魂を込めたものだったな。
 これに、エオルゼアを駆けまわって手に入れた、
 魂の欠片「アートマ」を使い、
 「古の武器」に「魂の器」としての性能を持たせた。
 そして作成した「古の武器・アートマ」を用い、
 古の英雄の試練を模倣して、武器に魂を込めていった。
 それにより完成したのが「古の武器・アニムス」だ。
 「古の武器」のさらなる強化を模索し、
 見つけ出したのが「スフィアスクロール」だったな。
 「マテリア」の力により、「古の武器・ノウス」ができた。
 最後に、魂の定着度を上げるため、
 絶霊化した「古の武器・ノウス」を使い込んでもらった。
 結果、お主の持っている「古の武器・ネクサス」が生まれた・・・・・・。
 ・・・・・・とても長い間、お主は尽力し、私の研究に協力してくれた。
 「古の武器」の美しい輝きは、お主の努力の証とも言えよう。
 だからこそ、私は妥協をしたくない・・・・・・。
 より「ゾディアックウェポン」に近づけるべく、
 お主の持つ「古の武器」を、完璧なものとしたいのだ。
 だが、現状の「古の武器・ネクサス」は、私が求めている武器・・・・・・
 伝承にある「ゾディアックウェポン」とは、魂の質が異なる。
 ・・・・・・何かが・・・・・・何かが足らぬのだ。
 ううむ、もしや根本的な見落としが・・・・・・?
 ・・・・・・やはり、私の知識では限界があるようだ。
 「古の武器・ネクサス」を作るときは、
 あの男・・・・・・ゲロルトの発想に助けられた。
 二度も奴に頼るのは気分が乗らぬが、ほかに手もあるまい。
 Nikuqよ・・・・・・。
 「ゲロルト」に、相談に乗ってくれんかと、
 頼んできてもらえないだろうか?」
ゲロルトと話す
ゲロルト
「あぁん!? ヤカンなら、まだ出来てねぇつってるだろ!
 納得いく最高のツヤが出せなくて、
 ちっとばかし、手間取ってるンだよ・・・・・・。
 って、まぁたテメェか・・・・・・。
 ・・・・・・なに、ジジイがまだ「古の武器」のことで悩んでるって?
 仕方ねぇな・・・・・・・・・・・・。
 前回、近東仕込みの極上蒸留酒をもらった恩もある、
 ジジイが悩みすぎてハゲる前に、話を聞いてやンよ。
 ククク・・・・・・それに、もう一度助け舟を出してやれば、
 もっとうまい酒が貰えるかもしれねぇからなぁ・・・・・・!」
ジャルザーンと話す
ゲロルト
「・・・・・・おいジジイ、Nikuqに聞いたぞ。
 また「古の武器」のことで悩んでるらしいじゃねぇか。
 しかたねぇ、オレも手伝ってやるよ。
 こいつの持っている武器を見るかぎり、
 魂の定着に問題はねぇ・・・・・・完璧すぎるくらいだぜ。
 コレ以上の性能を目指すっつーなら、大本を変えねぇとダメだ。
 おそらく・・・・・・この「古の武器」はもう、限界だろうよ。」
ジャルザーン
「・・・・・・なんということだ、武器の限界とは・・・・・・・・・・・・。
 「古の武器」は、私が今までに見てきたどの武器よりも、
 素晴らしい潜在能力を持っていたというのに・・・・・・。」
ゲロルト
「確かに、元の「古の武器」は、オレが打った最高傑作だ。
 ・・・・・・だが、ジジイの言う「ゾディアックウェポン」と、
 エオルゼアの「古の武器」は、根本的に打ち方が違うンだろう。」
ジャルザーン
「ううむ、根本的な打ち方、か・・・・・・。
 そうとなると、私の研究は振り出しに戻ってしまう。
 いったい、どうすれば・・・・・・。」
ゲロルト
「・・・・・・クックック、異なる打ち方・・・・・・未知の技法か。
 俄然ノッてきたぜ・・・・・・。
 おいジジイ、「ゾディアックウェポン」に関する文献を出せ!」
ジャルザーン
「むぅ、「ゾディアックウェポン」については、
 その形状や技法について、ほとんどの記録がないのだ・・・・・・。
 私が持つこの書物にも、まともに書かれておらぬぞ?」
ゲロルト
「・・・・・・テメェ、錬金術の勉強ばかりで頭が腐ったかぁ?
 オレはエオルゼアの随一の武具職人、ゲロルトだぜ!?
 この書物があれば、武器の土台くらいは余裕のヨツメウオだ!
 どれどれ・・・・・・ほー、なるほどねぇ。
 まさか、こういった技法があるとは・・・・・・世界は広いな。
 やれやれ、オレもヤカンを作ってばかりで、頭が腐ってたようだ。」
ジャルザーン
「だが・・・・・・この書物に書かれている古代の武器は、
 現存しない古の触媒を使い、魂を蓄積させている。
 ・・・・・・現代の技術では、どうやっても再現できぬぞ!」
ゲロルト
「たしかに、この古代の武器の型を再現したとして、
 そいつにどうやって魂を込めたもンか・・・・・・。
 「サベネアの霊薬」の効果も期待できねぇし・・・・・・。
 ・・・・・・魂・・・・・・思念・・・・・・想い・・・・・・?
 そうだ・・・・・・・・・・・・!
 ヘッヘッヘ、さすがはオレ! 思いついたぜ!」
ジャルザーン
「・・・・・・なんと、では!」
ゲロルト
「ああ、オレの考えが正しければ、
 この「ゾディアックウェポン」とやらの製作・・・・・・
 いや・・・・・・「再創造」ができるぜ!」
ジャルザーン
「おおお・・・・・・!
 ただの飲んだくれの若ハゲではないと思っていたが、
 さすがはエオルゼア随一という武具職人!」
ゲロルト
「・・・・・・おいジジイ、礼にうめぇ酒を寄越すのを忘れンなよ?
 古代の武器「ゾディアックウェポン」を創る・・・・・・。
 そのためには、いくつかの品が必要になる。
 まずは、武器の形状についての記述がある「古文書」だ。
 可能なかぎり正確に、原型を再現する必要があるからな。
 古文書を扱ってる奴なら、何か知ってるかもしれねぇ。
 そのあたりを当たって、なんとか見つけてくれ!
 次に、武器の基礎となる素材だが・・・・・・
 実際に使われていた素材はエオルゼアでは採れねぇ。
 ・・・・・・となれば、近いものを作り出すしかない。
 素材自体を作りだすためには、万物の元となる、
 「特殊物質」が要るだろう。
 これは、製作と採集に詳しい奴に相談してみてくれ。
 さて、このふたつがあれば、
 「ゾディアックウェポン」を模した「器」を製作できる。
 ・・・・・・これに「魂」を込めるには「特殊なマテリアの力」を使う。
 こいつは、心あたりがあるから用意する必要はない。
 ただ、通常のマテリアの数百倍の力を持つ、厄介な代物だ。
 当然、普通の手法で装着することはできねぇ・・・・・・。」
ジャルザーン
「・・・・・・ということは、あれを使うほかあるまい。
 そう、以前「古の武器」を鍛えあげる渦中で使った、
 「スフィアスクロール」という技術だ。
 ただし、特殊なマテリアを転写となれば、
 前と同じものでは上手くいかないだろう。
 ・・・・・・つまり、「特別なスフィアスクロール」を用いねば。
 かの技術を編み出した「狼煙の丘」に行けば、
 何らかの情報を得ることができそうだな。
 ・・・・・・待てよ、特別なスクロールを用いるということは、
 触媒も「特別なアレキサンドライト」を
 用意しなければならんかもしれん。
 そういえば、無名なトレジャーハンターが、
 異質な「アレキサンドライト」を発見したと、風の噂で聞いたぞ。
 その人物を探してみるといいだろう。」
ゲロルト
「うし、つまり必要なのは「4つの素材」か。
 そいつらを揃えたら「再創造」ができるはずだ・・・・・・!
 全部集めたら、オレのところに持ってきやがれ!」
ジャルザーン
「悲願である、「ゾディアックウェポン」の再創造。
 あと一歩という所まできたな・・・・・・!」
ゲロルト
「古代の技術っていうのは、なかなか興味深ぇもんだな。
 「ゾディアックウェポン」か・・・・・・いい勉強になったぜ。
 ・・・・・・オレもそろそろ、ヤカン以外を作ってみるかな。」