パッチ2.4:インスタンスダンジョン


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

氷結潜窟 スノークローク大氷壁



第七霊災による気候変動により、クルザス西部高地に至る街道は巨大
な氷の壁、スノークローク大氷壁によって閉ざされた。しかし、長ら
く踏破不能と考えられていたこの大氷壁に、秘密の坑道が穿たれてい
たことが判明する。その奥に潜む者たちとは……?



逆襲要害 サスタシャ浸食洞



サスタシャ浸食洞の奥深く、かつて伝説的な海賊団「霧髭一味」によって築かれた隠し港があった。一時は、サハギン族に与する海賊団
「海蛇の舌」に占拠されていたこの場所も、今やリムサ・ロミンサの管理下に置かれていた。
だが、突如として異形の敵性集団が海より襲来。現地を警備していたイエロージャケットの兵を蹴散らし、占拠してしまった。ふたたびサ
スタシャ浸食洞を奪還すると共に、謎めいた敵性集団の正体を暴け!


遺跡救援 カルン埋没寺院



冒険者の手で安全が確保されたことを受け、ナル・ザル教団とアマジナ鉱山社は共同で調査隊を組織し、カルン埋没寺院の本格的な発掘作
業に着手した。
しかし、どこからか遺跡に宝が眠るという噂が立ち、無謀な者たちの耳に届いたことで問題が発生。人目を忍んで遺跡に侵入した盗掘者の
不用意な行動により、さらなる魔法仕掛けの罠が作動してしまう。かくして、若手研究者ネネッコを含む調査隊が、危険な遺跡内で孤立す
ることに。