別働隊を叩け

別働隊を叩け

  • 依頼主 :ドリユモン(クルザス中央高地 X12-Y17)
  • 受注条件:レベル50~
  • 概要  :ホワイトブリム前哨地のドリユモンは、冒険者にさらなる協力を求めているようだ。

ドリユモン
「状況を再確認するぞ。
 貴公が耳にした言葉から察するに、
 異端者の別働隊が、巨石の丘に潜んでいる可能性が高い。
 このまま奴らを放置すれば、スノークローク大氷壁に向かった、
 捜索部隊の背後を突かれかねん。
 ・・・・・・そうか、案外、それが目的なのやもしれんな。
 大氷壁の秘密坑道から脱出を試みる一方、
 追撃された場合は、別働隊が背後を急襲する・・・・・・。
 そうとわかればグズグズしておれん!
 我が配下の部隊にも、出撃を命じるゆえ、
 貴公も「巨石の丘」に向かい、索敵に協力してくれ!
 徹底的に索敵を行い、
 異端者どもの別働隊を見つけ出すぞ!」
デュランデル家の騎兵と合流
(ヘイトフル・ハリアー
「竜と融和せよ!」
「よくも同志を!」)
ドリユモンに異端者の羊皮紙を渡す
ドリユモン
「戻ったようだな。
 さっそくだが、報告を聞かせてくれ。」
(異端者の羊皮紙を渡す)
ドリユモン
「な、なんだと・・・・・・!?
 貴公が「巨石の丘」に辿り着いたときには、
 すでに我が配下の兵たちが倒されていただと?
 ・・・・・・なんということだ。
 Nikuq、貴公が異端者たちを退け、
 仇を討ってくれたことだけが救いか・・・・・・。
 ・・・・・・ええい、感傷に浸っている場合ではないな。
 貴公が持ち帰ってくれた、この羊皮紙だが・・・・・・
 ここに記されている数字と文字の羅列は、
 「異端疑惑の騎兵」の当直の日時を示しているようだ。
 奴は、スノークローク大氷壁の前に設営された、
 調査隊キャンプの護衛を担当していた。
 つまり、奴が見張りを行う日は、調査員さえ寝てしまえば、
 自由に大氷壁に出入りできたということになる。
 ・・・・・・もはや、秘密坑道の存在は確定的だな。
 だが、貴公の話を聞くかぎり、
 捜索部隊の背後を襲うつもりにしては、兵力が少なすぎる。
 ほかの場所にも潜伏している可能性が高いか・・・・・・。
 よし、これより、デュランデル家の騎兵団の総力を挙げ、
 周辺に潜む異端者狩りを行うとしよう。
 感謝するぞ、Nikuqよ!
 異端者どもの好きにさせずに済みそうだからな。」
  異端者の羊皮紙:異端者が持っていた羊皮紙。文字と数字が羅列されている