疑惑の騎兵を追え

疑惑の騎兵を追え

  • 依頼主 :ドリユモン(クルザス中央高地 X12-Y17)
  • 受注条件:レベル50~
  • 概要  :ホワイトブリム前哨地のドリユモンは、冒険者に協力を求めているだ。

ドリユモン
「こうしてまた、異端者の影を追うことになろうとは。
 ゆくゆく我らは、奴らに因縁があるようだ。
 ・・・・・・実はな、先ほどは話題に出さなかったが、
 異端者に関する有力な手がかりがあるのだ。
 貴公は覚えているな?
 偽の異端審問官、ギイェームのことを・・・・・・。
 私は、あの一件の後、再び同じ過ちが繰り返されぬよう、
 異端者が我が前哨地に紛れ込んでいないか、
 秘密裏に調査させていたのだ。
 その捜査線上に、ひとりの容疑者が浮かび上がった。
 未だに確証までは掴めていないのだが・・・・・・
 「氷の巫女」を追う今だからこそ、動き出す可能性がある。
 そこで、貴公の力を借りたい。
 偽の異端審問官の正体を曝いた「眼」を活かし、
 異端疑惑のある兵を見張ってほしいのだ。
 ちょうど問題の兵が任地から戻り、
 我が部下、「ジャントルモン」に報告をしているはずだ。
 気付かれぬように「異端疑惑の騎兵」を尾行し、
 異端者どもとの繋がりを探ってほしい。
 頼んだぞ・・・・・・。」
アルフィノ
「現在、クリスタルブレイブの第三分隊が、
 神殿騎士団と共同で異端者を追っている。
 朗報を待とう。」
アイメリク
「「氷の巫女」の目的が蛮神召喚にあるとわかった以上、
 ただの強盗の類いと見るわけにはいかなくなった。
 捜索には全力を尽くさせてもらうよ。」
女神殿騎士
「クルザスの天候は厳しく、そして不安定だ。
 なるべく、早期に決着をつけたいものだな。」
指定地点で待機して騎兵を監視する
ジャントルモン
「休める時に休んでおけ。
 いざという時に、全力で戦えるようにな。」
異端疑惑の騎兵
「・・・・・・冒険者風情が何の用だ。」
ジャントルモン
「ドラゴン族と異端者の陣営に、
 蛮神まで加わったとしたら・・・・・・。
 考えるだに恐ろしい。」
尾行先の指定地点で待機して騎兵を監視する
異端疑惑の騎兵
「何だ、道にでも迷ったのか?」
再尾行先の指定地点で待機して騎兵を監視する
異端疑惑の騎兵
「この辺りはデュランデル家の管轄地。
 冒険者風情が、うろうろしていいところではないぞ。」
指定地点で見渡して騎兵を探す
異端疑惑の騎兵
「おい、いるか!?」
異端者らしき男
「・・・・・・遅いぞ。」
異端疑惑の騎兵
「仕方が無いだろう!
 任務で抜け出せなかったんだ!」
異端者らしき男
「おい、少しばかり声が大きすぎるぞ・・・・・・。
 ただでさえ、洞窟内は声が響くんだからな。
 騎士どもに嗅ぎつけられるとやっかいなことになる。」
異端疑惑の騎兵
「す、すまない・・・・・・。
 ・・・・・・実は・・・・・・神殿騎・・・・・・連中・・・・・・追撃部隊・・・・・・
 ・・・・・・・・・・・・氷の・・・・・・・・・・・・壁に向か・・・・・・・・・・・・。」
異端者らしき男
「我らは・・・・・・・・・・・・巨石・・・・・・・・・・・・
 雌伏の時・・・・・・・・・・・・持ち場に・・・・・・・・・・・・。
 ・・・・・・・・・・・・己が務めを・・・・・・果たせ・・・・・・・・・・・・・・・・・・。」
ドリユモンと話す
ドリユモン
「「異端疑惑の騎兵」は、何か動きを見せたか?
 ・・・・・・なるほど、聖ダナフェンの旅程で、
 怪しい風体の男と密会していたか。
 やはり、黒であったようだな・・・・・・。
 件の騎兵については、部下に身柄を押さえさせよう。
 それにしても、貴公が断片的に聞いたという、
 「異端者らしき男」の言葉が気になるな・・・・・・。
 「巨石」、そして「雌伏の時」という言葉から推察するに、
 「巨石の丘」に、異端者の別働隊が潜んでいるのやもしれん。
 複雑な地形を有す彼の地は、潜伏にもってこいだからな。
 よし、我が配下の部隊を、差し向けるとしよう。
 貴公にも、その助力を頼めるだろうか?
 準備が整い次第、声をかけてくれ。」