目撃者の証言

目撃者の証言

  • 依頼主 :アルフィノ(クルザス中央高地 X26-Y17)
  • 受注条件:レベル50~
  • 概要  :キャンプ・ドラゴンヘッドのアルフィノは、冒険者に同行を求めているようだ。

アルフィノ
「やれやれ・・・・・・。
 せっかくの会談が、このような形で中断されようとは。
 しかし、イシュガルドの輸送隊が襲撃され、
 「レヴナンツトール開拓団」への支援物資が奪われたとなれば、
 我々にも無関係とはいえない。
 ひとまず、状況の確認に向かった「オルシュファン」殿から、
 事の詳細を聞いてみようじゃないか。」
ミンフィリア
「皇都「イシュガルド」・・・・・・
 固く閉じられてきたその扉が、
 開かれることになるといいのだけれど。」
オルシュファンと話す
アルフィノ
「異端者のこの動き・・・・・・いや、まずは状況の把握が先か。
 「オルシュファン」殿から詳細を聞こう。」
オルシュファン
「議場からの退席、失礼した。
 なにぶん緊急事態だったのでな・・・・・・。」
アルフィノ
「それで、状況の方は?」
オルシュファン
「伝令からの第一報によれば、南西の「巨石の丘」付近で、
 輸送隊が「氷の巫女」率いる異端者の一団に襲われたようです。
 襲撃が極めて短時間に行われ、物資も残らず奪われたとなれば・・・・・・
 計画的な犯行とみるべきでしょうな。」
女神殿騎士
「待て・・・・・・今回の輸送計画については、
 襲撃を警戒し、一部の者にしか伝えていなかったはず。
 ・・・・・・・・・・・・ということは、やはり・・・・・・。」
アルフィノ
「騎士殿・・・・・・。
 今は背景を洗うよりも、襲撃犯を追う方が先決でしょう。
 幸い、まだ犯行からさほど時間は経過していない。
 今から追えば、襲撃犯たちの足取りも追えるはず・・・・・・。
 Nikuq、
 先行して犯行現場に向かってくれないだろうか。
 情報を集めたうえで、今後の対応を検討しよう。」
オルシュファン
「それは助かる。
 現場にいる我が配下の騎兵と、密に連携してくれ。
 頼むぞ、Nikuq!」
アルフィノ
「Nikuq、
 君は先行して犯行現場に向かってくれ。
 情報を集めたうえで、今後の対応を検討しよう。」
巨石の丘のフォルタン家の騎兵と話す
アルフィノ
「Nikuq、
 君は先行して犯行現場に向かってくれ。
 情報を集めたうえで、今後の対応を検討しよう。」
女神殿騎士
「・・・・・・何か情報は掴めたか?」
ヤエル
「襲われた輸送隊には、親しい友人がいるんです。
 無事だといいのですが・・・・・・。」
巨石の丘のフォルタン家の騎兵と話す
フォルタン家の騎兵
「なんだ、貴様は・・・・・・
 何、「暁の血盟」の者だと?
 なるほど、確か襲撃された輸送隊は、
 レヴナンツトール向けの物資を運んでいたのだったな。
 それで調査に来たという訳か・・・・・・。
 いかにも、ここが件の襲撃現場だ。
 だが、見てのとおり、異端者どもは逃げ去ったあとでな。
 大量の物資を手際よく運び去っている点からも、
 綿密な計画のもとに、襲撃が行われた可能性が高い。
 我々が救出した「輸送隊の生き残り」が、
 「アドネール占星台」の空き部屋で治療を受けているはずだ。
 詳しい話が聞きたいなら、向かってみるといい。」
輸送隊の生き残りと話す
輸送隊の生き残り
「・・・・・・ええ、確かに私は、輸送隊の一員です・・・・・・。
 襲撃された時の様子が知りたいですって?
 わかりました・・・・・・。
 あれは、あと少しで「七谺」というところでの出来事でした。
 巡礼者風の一団が近づいてきて、道を尋ねてきたのです。
 彼らのリーダーらしき人物は、氷のような淡い青髪の女性でした。
 ・・・・・・今にして思えば、彼女が「氷の巫女」だったのでしょうね。
 そして、護衛の騎士殿が、道を教えようと近づいたとき・・・・・・
 ううっ・・・・・・突然、彼らが襲ってきたのです!
 あっという間のことで・・・・・・。
 私も斬りふせられ・・・・・・大怪我を負いましたが、
 なんとか命だけは助かりました・・・・・・。
 彼らは、去り際にこう言い残しました。
 まもなく「聖女シヴァ」が降臨される、と・・・・・・。」
アルフィノと話す
オルシュファン
「戻ったか!
 さあ、事のあらましを聞かせてくれ!」
ヤエル
「どうやら知人は無事だったようです。
 不幸中の幸いでした・・・・・・。」
アルフィノ
「戻ったか、Nikuq。
 何か情報を得ることはできたかい?」
オルシュファン
「・・・・・・なるほど、やはり襲撃者たちの頭目は、
 「氷の巫女」と考えて良さそうだな。」
アルフィノ
「しかし、「聖女シヴァ」の降臨とは?
 確か、シヴァというのは・・・・・・。」
女神殿騎士
「ああ、「イシュガルド正教」の聖典に記された人物だ。
 もっとも「聖女」ではなく、「魔女」としてだがな。
 「魔女シヴァ」は、史上初の異端者とされる女・・・・・・。
 初めてドラゴン族と情を交わした不浄の存在であり、
 「異端の母」とも呼ばれる大罪人だ。」
オルシュファン
「ドラゴン族に味方する異端者たちにとっては、
 ある意味、「聖女」と呼べるのかも知れぬが、
 「降臨」とはいったい・・・・・・。」
アルフィノ
「まさか・・・・・・彼らは聖女と仰ぐ「シヴァ」を、
 神ならざる蛮神として召喚しようというのか?
 オルシュファン殿、
 もしや、今回の輸送隊が運んでいた物資は・・・・・・。」
オルシュファン
「う、うむ・・・・・・残された目録によれば、
 製作工房向けのクリスタルが大量に含まれていますな。」
アルフィノ
「決まりだな・・・・・・。
 異端者を束ねる「氷の巫女」の目的は、
 聖女・・・・・・いや、蛮神「シヴァ」を呼び降ろすことにある!」
女神殿騎士
「・・・・・・私は、アイメリク様に報告する。
 オルシュファン卿、貴公もこの者ら・・・・・・
 「暁の血盟」と連絡を密にし、「氷の巫女」を追え。」
オルシュファン
「ハッ・・・・・・。
 アルフィノ殿、ご協力願えるだろうか?」
アルフィノ
「もちろんだとも。
 蛮神問題の解決は、「暁の血盟」にとって重要な使命。
 そのためにこそ、我々はあるのだから。
 直ちに、盟主であるミンフィリアに連絡し、
 蛮神召喚の阻止のため、対策を講じることにしよう。
 Nikuq、
 君にも、引き続き働いてもらうことになりそうだ。」
オルシュファン
「ドラゴン族と異端者の陣営に、
 蛮神が加わることなど・・・・・・想像したくもないな。」