大迷宮の英雄叙事詩

大迷宮の英雄叙事詩

  • 依頼主 :アリス(モードゥナ X21-Y8)
  • 受注条件:レベル50~
  • 概要  :レヴナンツトールのアリスは、冒険者に用があるようだ。

アリス
「ようこそ、Niuniu様。
 実は貴方様宛に、お言付けがございます。
 その依頼主は・・・・・・御存じ「異邦の詩人」。
 今か今かと、冒険者の体験談を待ち焦がれている様子。
 貴方様の冒険譚を披露して差し上げてはいかがでしょう?」
アリス
「異邦の詩人は、しばらくレヴナンツトールに滞在するご様子。
 冒険者の体験談を聞くには、持ってこいの場所ですからね。」
異邦の詩人と話す
異邦の詩人
「やぁ、君か。
 その後、ずいぶんとご活躍のようだね。
 君の偉業は、風に乗って僕の耳にも届いているよ。
 なんでも、「メテオの陰地」を調査し、
 見事、生還を果たしたそうじゃないか。
 僕もこの地で、微かなエーテルの揺らぎを感じていたよ。
 ・・・・・・なるほど、あれは「白銀の凶鳥」のものだったのだね。
 君に、お願いがある。
 その昏き大迷宮に挑んだ、勇敢なる冒険譚・・・・・・
 是非とも僕に聞かせてくれよ・・・・・・さあ!
 ・・・・・・ふふ、君のお陰で、まるで泉のように
 頭から流麗な詩のフレーズが溢れてくるよ。
 かなりの傑作になりそうだ。
 さあ、聴いてくれ。
 ほかでもない・・・・・・君の物語をね!
 『破滅の翼が穿ちし孔 進むは光を掲げし者
  暗き底にて待ち構えしは 一度は堕ちたる凶鳥なり・・・・・・』
 『銀の翼を折られし鳥は 金の翼で舞い上がる
  さしもの勇者も膝をつき 絶望の淵に追い込まれん・・・・・・』
 やあ、どうだったかな?
 君から聞いたとおりに詠ってみたんだが・・・・・・
 ちゃんと再現できていたかい?
 ・・・・・・まぁ、ちょっとくらいの誇張は勘弁してくれたまえ。
 演出過多は、詩人の職業病のようなものだからね。」