ふたつの欠片

ふたつの欠片

  • 依頼主 :ウリエンジェ(砂の家 X6-Y4)
  • 受注条件:レベル50~
  • 概要  :砂の家のウリエンジェは、大迷宮バハムートの調査について告げたいことがあるようだ。

ウリエンジェ
「未だ秘めたる謎の多き、第七霊災・・・・・・。
 真実を求め進むほどに、苦難と悲哀に苛まれん・・・・・・。
 ・・・・・・それでも、アリゼー様は進み続けるおつもりです。
 この険しき道に、あなたという「剣」の与えられんことを・・・・・・。」
アリゼー
「・・・・・・あら、あなたも来ていたのね。」
ウリエンジェ
「これは、アリゼー様・・・・・・。
 此度はどうしてこちらへ・・・・・・?」
アリゼー
「次の「拘束艦」に突入するための準備が難航していてね・・・・・・。
 たまには、あなたの意見を直接聞こうと思ったのよ。
 Niuniuもいてくれるなら、ちょうどいいわ。
 ・・・・・・本題に入る前に、今の状況を確認しましょう。
 知ってのとおり、私たちの倒すべき敵は「バハムート」・・・・・・
 第七霊災の折、月の衛星「ダラガブ」より出でて、
 地上を焼き尽くした蛮神よ。
 奴は、カルテノー平原の地中深くで、まだ顕現し続けているわ。
 今は深手を負って修復中だけれど、
 いずれ完全な姿となれば、地上に出てくるかもしれない。
 そうなってしまう前に、私たちは、
 「バハムート」を修復している古代アラグ文明の機構・・・・・・
 「拘束艦」を、すべて停止させなければならないの。」
ウリエンジェ
「「バハムート」の復活を阻止するには、もうひとつ・・・・・・
 蛮神に祈りを捧げる者、すなわち信者の排除が必要です・・・・・・。
 彼の蛮神はすでに、第七霊災で散ったはずの、
 ガレマール帝国第VII軍団長「ネール」を
 己が信者として取り込んでいました・・・・・・。
 ネールはあなたが討ちましたが・・・・・・
 その言葉からは、さらなる信者の存在が予見されています。」
アリゼー
「・・・・・・すくなくとも、テンパードがもうひとりいるのは確実よ。
 そう・・・・・・賢者「ルイゾワ」・・・・・・私のお祖父様がね・・・・・・。」
ウリエンジェ
「アリゼー様・・・・・・。
 我が師ルイゾワは、第七霊災の到来を防がんと、
 命を懸けて「バハムート」と戦われた・・・・・・。
 信者となって現れしは、昔日を映す幻影にも等しく・・・・・・
 囚われの魂が語るは、真を歪めし・・・・・・虚実の言葉・・・・・・。」
アリゼー
「・・・・・・わかっているわ。
 相手が何であれ、私は絶対に歩みを止めたりしない。
 お祖父様に代わって、エオルゼアを救済することこそが、
 私にできる、唯一の弔いなのだから・・・・・・!
 だけど、実際の調査は、手詰まりになっていてね・・・・・・。
 残り2つの拘束艦に繋がっていると思われる、
 「ダラガブの破片」への突入口が見つからないのよ。」
ウリエンジェ
「一度・・・・・・Nikuqさんとともに・・・・・・
 ダラガブの破片を、訪ねてみては如何でしょうか・・・・・・。
 たとえ道が開かずとも、いずれは挑む艱難・・・・・・。
 目前にすることで、得られるものもあるかと・・・・・・。
 私はここに残り・・・・・・異なる解の来訪を待ちましょう・・・・・・。」
アリゼー
「異なる解・・・・・・?
 ・・・・・・まあいいわ、私も現地にはしばらく行ってなかったしね。
 それじゃあ、同行をお願いできるかしら?
 目的となるダラガブの破片は、
 東ザナラーンとモードゥナにあるの。
 まずは、東ザナラーン・・・・・・
 「バーニングウォール」の破片に行ってみましょう。
 私の派遣した調査員がいるはずだから、訪ねてみて。」
バーニングウォールのルヴェユール家の使用人と話す
ルヴェユール家の使用人
「あなたは、もしや・・・・・・
 お嬢様に協力してくださっている、
 Niuniu殿ではありませんか?」
アリゼー
「ダラガブの破片の調査は進んだかしら。
 内部への突入口は見つかりそう?」
ルヴェユール家の使用人
「お嬢様・・・・・・申し訳ございません。
 全力で調査にあたっているものの、内部への道は、まだ・・・・・・。
 ダラガブの破片は、ここからでも十分見える距離にあります。
 しかし、この地の特性が、調査を困難にしているのです。
 この一帯には、おそらく大規模な地脈がある・・・・・・。
 そのため、ダラガブの破片が突き刺さった際に、
 特に多量のエーテルが噴出したのでしょう。
 噴き出たエーテルは「偏属性クリスタル」となり、
 破片の周辺に複雑な地形を作り上げました。
 ・・・・・・結果、破片への到達が、大変困難になっているのです。
 どうにか接近できる箇所から探ってはいるものの・・・・・・
 内部への突入口を見つけるには至っておりません。」
アリゼー
「そう・・・・・・もどかしいけれど、仕方ないわね・・・・・・。
 一刻も早く突入口を見つけられるよう、
 調査を続けてちょうだい。
 ・・・・・・ここから破片を眺めていても、収穫はなさそうね。
 このまま、もうひとつの破片を見に行きましょう。
 モードゥナの「唄う裂谷」にあるはずだわ。」
ルヴェユール家の使用人
「僭越ながら、お嬢様・・・・・・。
 実は、彼の地を担当している調査員との定時連絡が、
 先刻から途絶えているのです。
 「唄う裂谷」は、オーガが跋扈する危険な地。
 もしかすると、調査中に何かあったのかもしれません・・・・・・。」
アリゼー
「なんですって!?
 だとしたら、なおさら急いで行くべきだわ・・・・・・!
 Niuniu、力を貸してちょうだい。
 モードゥナの「唄う裂谷」で、調査員を探しましょう。」
ルヴェユール家の使用人
「「唄う裂谷」は、オーガが跋扈する危険な地。
 もしかすると、調査中に何かあったのかもしれません・・・・・・。
 どうか、仲間とお嬢様を、よろしくおねがいします。」
唄う裂谷のルヴェユール家の使用人を救助する
ルヴェユール家の使用人
「ありがとうございます・・・・・・!
 オーガに襲われて、こんな場所で動けなくなってしまい・・・・・・。
 冒険者さんが来てくださって、助かりました。」
アリゼー
「危険な調査を任せてしまって、すまないわね。
 ・・・・・・それで、破片の内部へは突入できそうかしら?」
ルヴェユール家の使用人
「どひゃぁ! お、お嬢様・・・・・・!
 わたくしめが不甲斐ないばかりに、こんな場所までご足労を!?
 も、もも、申し訳ございません!
 わたくしが調査しているダラガブの破片は、
 この先にあるのですが・・・・・・。
 ご覧のとおり、破片は鋭く大地に突き刺さっているものの、
 地上に露出しているのは、外郭のごく一部だけ・・・・・・。
 突入できるような場所がないのでございます。
 破片のたもとを掘ってみるという手もありますが、
 このクリスタルの大地を、何ヤルム掘ればいいやら・・・・・・。
 帝国製の掘削機があったとしても、途方もない作業です。
 ・・・・・・調査員として結論を出すのであれば、
 ここからの突入は、ほぼ不可能と言えるでしょう。」
アリゼー
「参ったわね・・・・・・。
 こうしている間にも、蛮神「バハムート」の修復は進んでる。
 ぐずぐずしている時間はないというのに・・・・・・。」
ウリエンジェ
「ウリエンジェです・・・・・・聞こえますか・・・・・・?
 「暁」のリンクシェルで失礼します・・・・・・。
 待望せし、異なる解がもたらされました・・・・・・。
 残る拘束艦へ、突入できるかもしれません・・・・・・。
 詳しくは、直接ご説明いたしましょう・・・・・・。
 アリゼー様をつれて・・・・・・
 北ザナラーンの「青燐精製所」へお越しください・・・・・・。」
アリゼー
「拘束艦への突入方法が見つかった・・・・・・!?
 いったい、どういうことなの?
 ・・・・・・とにかく、「青燐精製所」で合流すればいいのね。
 Niuniu、急いで行ってみましょう!」
ルヴェユール家の使用人
「わたくしのことは、心配なさらないでください。
 本当に突入方法が見つかったのなら、すぐに撤退します。
 あなたは、お嬢様と「青燐精製所」へ・・・・・・。」
青燐精製所のウリエンジェと話す
ウリエンジェ
「彼方よりの来訪・・・・・・お手間をおかけしました・・・・・・。
 残る拘束艦へ突入するための秘策は、
 この地でのみ為せる技ですので・・・・・・。」
アリゼー
「この地って・・・・・・北ザナラーン・・・・・・?
 ここには、突入できるようなダラガブの破片はなかったはずよ。」
ウリエンジェ
「されど、見えざる道は繋がる・・・・・・。
 過去、拘束艦から脱出してきた際に・・・・・・
 必ずこの地へと転送されていたことを、覚えておいでですか。
 転送とは、大地を巡りしエーテルの奔流・・・・・・
 すなわち地脈を用いて、目的地へと運ぶ術・・・・・・。」
アリゼー
「・・・・・・そうか、出口となっていた「ダラガブの爪」と拘束艦は、
 エーテルの奔流で繋がっているのね。
 だったら、「ダラガブの爪」へと流れるエーテルをさかのぼれば、
 残る拘束艦にも転移できるかもしれない・・・・・・!」
ウリエンジェ
「はい・・・・・・先立って調査をしたところ・・・・・・
 見えざる道は2つのみにあらず、幾筋かに分岐していました。
 残る拘束艦とも繋がってるのは、疑う余地もなき事実・・・・・・。
 そこで、シャーレアンのエーテライト技術を応用し・・・・・・
 拘束艦への簡易転送網を形成したのです・・・・・・。」
アリゼー
「すごいわ・・・・・・!
 これで、残る2つの拘束艦へ突入できるのね!
 ・・・・・・でも、この方法のこと、どうして今まで黙っていたの?
 そこまで段取りが進んでいるなら、
 ずいぶん前に思いついていたんじゃない?」
ウリエンジェ
「・・・・・・・・・・・・この解は、我が身が導いたにあらず。
 私はただ、真実と真実を繋ぐ、使者にすぎません・・・・・・。」
アリゼー
「どういうこと・・・・・・?
 だって、「バハムート」の調査を進めているのは、
 私とあなた、それにNiuniuだけでしょう・・・・・・?
 ・・・・・・とにかく、「ダラガブの爪」に行ってみましょう。
 どういう経緯があったにせよ、
 「バハムート」の復活を止められるなら構わないわ。」
アリゼーと話す
アリゼー
「転送網の調整をしているのね・・・・・・。
 でも、どうして不滅隊が・・・・・・?」
????
「あれは、不滅隊に所属するルヴェユール家の者だ。
 ・・・・・・君だって、いつも同じ手を使うだろう?」
アリゼー
「アルフィノ・・・・・・!
 あなた、どうしてここに・・・・・・!」
アルフィノ
「ここにいるのは当然さ。
 ウリエンジェには黙っていてもらったが・・・・・・
 拘束艦への転送を提案し、準備を整えたのは、私だからね。
 ・・・・・・先に断っておくが、メテオの傷跡の調査に、
 君の嫌いな「政治」を介入させるつもりはない。
 混乱を避けるため、各国を遠ざけた君の判断には賛成だ。
 一方で、蛮神「バハムート」の復活が進んでいるのであれば、
 何としてでも、それを退けなければならないだろう・・・・・・。
 だから、転送網を整えたのは、
 私個人からできる最大限の支援だとでも思ってほしい。」
アリゼー
「ウリエンジェ・・・・・・!
 あなた、調査のことをアルフィノに話したのね!?」
ウリエンジェ
「申し訳ありません・・・・・・。
 ですがアリゼー様は、ルイゾワ様を討たんとしている・・・・・・。
 それが、たとえ傀儡とされた幻影であれ・・・・・・
 同じように魂をわけたアルフィノ様だけは、
 知っておくべき事実と思ったのです・・・・・・。」
アリゼー
「・・・・・・私たちは、テンパードとなったお祖父様を討って、
 蛮神「バハムート」の復活を阻止するわ!
 止めようとしても無駄よ!
 私は私のやり方で、エオルゼアを救済する。
 お祖父様が遺した意志を、私がやりとげるの・・・・・・!」
アルフィノ
「お祖父様のために、か・・・・・・。
 君の戦う理由は、いつだってそうだ。
 到底、君自身の「決断」とは、言えないままじゃないか。」
アリゼー
「なんですって・・・・・・!?
 ひとりでわかったような口を利かないで!
 あなただって、エオルゼアの救済を目指しているじゃない!
 お祖父様の守ろうとしたエオルゼアを、私たちが守る・・・・・・
 そのために、ふたりでこの地へやってきたんでしょう!?」
アルフィノ
「ああ、その目的は変わっていないよ。
 だが・・・・・・君はただ、お祖父様を追いかけていたいだけだ。
 自分の守るべき「エオルゼア」が何なのか・・・・・・
 アリゼー、君はきっと答えられない。
 ・・・・・・何にせよ、蛮神「バハムート」の復活阻止が最優先だ。
 テンパードと化した祖父を討つことにも、異論はない。
 ただし、今回の調査には、私も同行させてくれないか。
 ルヴェユール家の子息として、
 結末を見届ける権利はあるはずだ。」
アリゼー
「・・・・・・わかったわ。
 でも、これは私たちの進めてきた戦いよ。
 余計な口出しは許さないから。」
アーケンラッド闘軍曹
「お嬢様、私は拘束艦への転送網の構築を任された、
 アーケンラッドと申します。
 間もなく転送網の準備が整いますので、
 お嬢様とNiuniu様も、突入のご準備を・・・・・・。
 私は「青燐精製所」で待機しておりますので。」
アリゼー
「・・・・・・私も準備をしてくるわ。
 大丈夫・・・・・・これは私自身の「決断」よ・・・・・・。
 あなたと進んできた道は、きっと間違っていないもの・・・・・・。」
アーケンラッド闘軍曹と話す
アーケンラッド闘軍曹
「Niuniu様、お待ちしておりました。
 皆様を拘束艦へ転送する準備は、すでに整っております。
 残る拘束艦は、東ザナラーンとモードゥナにある破片から、
 接続されているはずのものです。
 ・・・・・・現場は、すでにご覧になってきたそうですね。
 我々が設置した転送網により、
 今回は、拘束艦の内部へ、直接転送されることとなります。
 道程こそ省けるものの、危険度は高いとお考えください。
 では、あなた様の準備ができ次第、転送を開始しましょう。
 まずは、東ザナラーンの破片から繋がる拘束艦へ・・・・・・。
 ご健闘をお祈りしております。」
アーケンラッド闘軍曹
「「大迷宮バハムート」の最深部たる拘束艦へ、
 皆様を転送いたします。
 くれぐれもお気をつけて・・・・・・そして、ご健闘を!」
(どうする?)
(「大迷宮バハムート:真成編」の開始条件について聞く)
アーケンラッド闘軍曹
「残る拘束艦は2つ・・・・・・。
 いずれも、あなた様の力なくしては踏破の叶わない、
 エオルゼア屈指の危険地帯でしょう。」