真実と決断

真実と決断

  • 依頼主 :アリゼー(北ザナラーン X20-Y17)
  • 受注条件:レベル50~
  • 概要  :アリゼーは、大迷宮バハムート侵攻作戦について報告したいようだ。

アリゼー
「どうにか地上に戻ってこられたようね。
 転移先は前と同じ・・・・・・北ザナラーンだったみたい。
 ・・・・・・さっきは守ってくれてありがとう。
 あなたは、先に砂の家へ戻って、
 ウリエンジェに報告をお願い。
 私も、すぐに後を追いかけるから・・・・・・。
 大丈夫・・・・・・少し疲れたから、休んでいくだけよ・・・・・・。」
アリゼー
「砂の家へ戻って、ウリエンジェに報告をお願い。
 私も・・・・・・すぐに後を追いかけるから・・・・・・。」
砂の家のウリエンジェと話す
ウリエンジェ
「英雄の凱旋・・・・・・よくぞ戻られました・・・・・・。
 その眼は、使命を果たした者の眼・・・・・・。
 「拘束艦」は沈黙したようですね。
 しかして、万事は無事にならず・・・・・・。
 あなたに落ちた影の理由を、お聞かせください。」
ウリエンジェ
「・・・・・・白銀の凶鳥、ネール・ヴァン・ダーナス・・・・・・。
 そして、我が師が・・・・・・。
 ・・・・・・それでは、ルイゾワ様のエーテルは、
 ネールと同様に蛮神「バハムート」に取り込まれ、
 かの蛮神のテンパードになったというのですね・・・・・・。
 なんという・・・・・・ことでしょう・・・・・・。
 ・・・・・・エーテルを束ねし虚構なる幻影とはいえ、
 ルイゾワ様と相対するは、私でさえ耐え難きこと・・・・・・。
 ・・・・・・ましてや、アリゼー様にとっては如何ほどか。
 この戦い、もはや協力を望むべきではないかもしれません。」
????
「余計な心配は不要よ、ウリエンジェ。」
ウリエンジェ
「アリゼー様・・・・・・。」
アリゼー
「私は奴らを倒すと決めた・・・・・・それがすべて。
 それよりも、今回判明した事実を整理させてちょうだい。」
ウリエンジェ
「・・・・・・委細承知しました。
 報告から察するに、今回の要となるのは、
 大迷宮の衛士となったネール・ヴァン・ダーナスです・・・・・・。
 あなたには説明をするまでもない・・・・・・。
 ネールは、あなたが5年前に通称「月下の闘い」で破った、
 ガレマール帝国の第VII軍団長・・・・・・。
 「交信雷波塔」を覚えておいでですか・・・・・・?
 ネールがダラガブを制御するために建設した、
 クリスタルタワーの代用品・・・・・・あなたが打ち砕いた野望を。
 おそらく、あの塔を完成させるべく、
 ダラガブへの交信を試行錯誤するうちに・・・・・・
 その内に眠る蛮神を目覚めさせ、魅入られたのでしょう。」
アリゼー
「・・・・・・そして、数千年の時を越えて、
 蛮神「バハムート」の新たなテンパードが誕生したのね。
 戦いに敗れ、その命はエーテルへと散ったけれど、
 「バハムート」に吸収され、エーテル界には還れなかった。
 ネール・・・・・・哀れな存在よ。
 蛮神「バハムート」のテンパード・・・・・・。
 それが、奴らだけだったのならいいのだけれど・・・・・・。
 ネールが言った「愛し子らを抱くゆりかご」という言葉・・・・・・
 狂言と捨て置くには、妙にひっかかるの。
 もし、ほかにもテンパードがいるのならば、
 「拘束艦」を止めるのと同時に、
 そいつらの排除も必要になるでしょうね。」
ウリエンジェ
「アリゼー様・・・・・・。
 ルイゾワ様にも引導を渡すと・・・・・・そうおっしゃるのですね。
 しかし・・・・・・本当によろしいのですか?」
アリゼー
「・・・・・・何度も言わせないで。
 蛮神「バハムート」と、それに関するすべてを断つこと・・・・・・
 それだけが、お祖父様を救うのよ。
 テンパードの件も含め、しばらくこちらで調査を進めるわ。
 次の作戦が立案されるまで、あなたは休息をとっていて。
 まだ気の抜ける状況じゃないけれど・・・・・・
 おつかれさま、Niuniu。」
ウリエンジェ
「・・・・・・そうですか。
 あれから5年、もう逝ってしまわれたと知っていて尚、
 こんなにも・・・・・・悲しいものなのですね・・・・・・。
 我が師ルイゾワ・・・・・・。
 真理とは、真実とは・・・・・・いったい何なのでしょう・・・・・・。
 これまで、それに至ることこそ、
 私たちシャーレアンの務めと信じてきました・・・・・・。
 ・・・・・・しかし、その真実が悲しみと絶望を呼び、
 他者を傷つけるものであっても・・・・・・
 それでも、明かさねばならないのでしょうか・・・・・・。」
アルフィノ
「・・・・・・それが君の「決断」だとでも言うのかい、アリゼー。
 ならば、次は「鍵」を使うことになるだろう。
 Niuniuでも、暁の血盟でもない・・・・・・
 私たちが持っている「真実の鍵」をね。
 鍵は、扉を閉めるためにもあるんだ。
 ・・・・・・蛮神「バハムート」は、閉じられるべき過去なのさ。」
ウリエンジェ
「去る者あれば・・・・・・来たる者あり・・・・・・。
 私に何かご用でしょうか・・・・・・?」
(何を聞く?)
(メテオの痕跡の調査について)
ウリエンジェ
「世界の秘めた真実は、深く険しき淵にあり・・・・・・。
 人は往く・・・・・・「決断」を胸に抱きて・・・・・・
 されど、剣を持たざれば、想いを成す術もなし・・・・・・。
 ・・・・・・蛮神「バハムート」にまつわる万事を断つには、
 あなたが必要不可欠です。
 どうか・・・・・・その力の冴え渡らんことを・・・・・・。」
アナエル中牙士
「よくぞご無事でお戻りくださいました。
 しかし、ご帰還以来、お嬢様は思いつめている様子・・・・・・。
 どうかこれからも、お嬢様をお支えください。」