カボチャと海都の守護天節


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

カボチャと海都の守護天節

  • 依頼主 :ゴドリクラン(リムサ・ロミンサ:上甲板層 X11-Y12)
  • 受注条件:レベル15~
  • 概要  :リムサ・ロミンサのゴドリクランは、「コンチネンタル・サーカス」の捜査を開始したいようだ。

ゴドリクラン
「準備はよろしいですか?
 それでは、捜査を再開しましょう。
 どうやら「コンチネンタル・サーカス」は、
 この都市でも、悪しき陰謀を企てているようです。
 「不気味な奇術師」が協力者を探していましたからね。
 「不気味な奇術師」は、この辺りにいるはずです。
 前回と同じく彼らに協力したフリをして、企みを暴きましょう。
 ・・・・・・まったく、大事がなければよいのですが。」
不気味な奇術師と話す
不気味な奇術師
「ほう、お主はグリダニアで仲間に協力してくれた冒険者か?
 一座の仲間から話は聞いておるぞ。
 ぜひ、ワシにも手を貸してほしい。
 「守護天節」にはカボチャのランタンがつきものなのだが、
 この都市には、どうにもランタンが足りておらん!
 これでは「守護天節」の盛り上がりも欠けようというもの!
 ゆえに、今から渡す「守護天節のランタン」を、
 都市内に置いてきてはくれんか?
 そうだな・・・・・・置く場所は「溺れた海豚亭」、
 「コーラルタワー」、「黒渦団:軍令部」の3ヶ所でいいだろう。
 必ずこの順番で「守護天節のランタン」を置くのだぞ!
 ・・・・・・なに、なぜ順番が決められているのかって?
 それは魔法陣を・・・・・・ごにょごにょ・・・・・・ゴホン!
 と、ともかく、伝えた順に置いてくれればいい。
 では、今からお主に、変身の奇術をかける。
 「恐ろしい姿」をしていれば、
 都市民どもが、あえて邪魔をしてくることもないだろうからな!」
不気味な奇術師
「最初は「溺れた海豚亭」に
 「守護天節のランタン」を置いてくるのだ。」
ゴドリクラン
「大変だと思いますが、捜査をお願いします。
 僕が彼らに近づけない以上、
 「守護天節」の平和を守れるのは君だけなのです!」
変身して守護天節のランタンを溺れた海豚亭の指定地点に置く
不気味な奇術師
「ぬう、変身が解けているではないか!
 仕方ない、変身の奇術をかけ直してやるから、
 とっとと「守護天節のランタン」を置いてくるのだ!」
ゴドリクラン
「わわわっ!?
 ・・・・・・って、君でしたか。
 大変だと思いますが、捜査をお願いします。」
バデロン
「メルウィブ提督の来店に合わせて、仕込みをしておかねえと・・・・・・。
 ・・・・・・さて、何から手を付けたものか。」
(守護天節のランタンを置く)
バデロン
「・・・・・・!?
 ちょっと、お前さん何を置いて・・・・・・
 って、魔物だと!?
 魔物がランタンを置くなんて、何の冗談だ!?」
(メルウィブに変身している場合)
バデロン
「って、メルウィブ提督!? もうお越しで!?
 それにしても、なぜ提督が店にランタンを・・・・・・?」
バデロン
「・・・・・・ははぁ、さては変身の奇術を使ってるのか。
 酔ってもいねえのに、悪い夢でも見たのかと思ったぜ。
 とりあえず、お前さんの事情は了解した。
 せっかくの「守護天節」だ、ランタンを置くのは構わねえが・・・・・・
 さすがにコイツは大きすぎじゃねえか?
 近々、メルウィブ提督も来るってのにどうするかねえ・・・・・・。
 おっと、とりあえずご苦労さん。
 邪魔にならない方法は、こっちで考えておくぜ。」
バデロン
「うーん、形は悪くないんだがなぁ・・・・・・。
 この大きさが邪魔だな、どうしたもんか。」
変身して守護天節のランタンをコーラルタワーの指定地点に置く
不気味な奇術師
「ふむ、「溺れた海豚亭」に置いてきてくれたか!
 次は「コーラルタワー」に、
 「守護天節のランタン」を置いてきてくれ。」
レイナー
「すまないが、忙しいので後にしてくれ。
 メルウィブ提督の視察に備えなければ・・・・・・。」
(守護天節のランタンを置く)
レイナー
「・・・・・・!?
 君、勝手に何を・・・・・・
 なに、魔物・・・・・・ッ!?
 くっ、私の銃の腕前を見せるときがきたようだな!」
(メルウィブに変身している場合)
レイナー
「メ、メルウィブ提督!? こ、これは失礼いたしましたッ!
 いや、しかし・・・・・・雰囲気がいつもと違うような・・・・・・。」
レイナー
「・・・・・・ふむ、なるほど。
 変身の奇術を使っていたのか。
 「守護天節」の余興というわけだな。
 私個人としては、この飾り付けに異論はないが・・・・・・
 警備の都合で、撤去することになるかもしれない。
 間もなくメルウィブ提督が視察に来られるということで、
 我々も常時より慎重になっているのだ。
 ・・・・・・撤去するか、悩むところだな。」
レイナー
「君には悪いが、やはり撤去するか・・・・・・?
 いや、案外このままで悪くない気もするな・・・・・・。」
変身して守護天節のランタンを黒渦団:軍令部の指定地点に置く
不気味な奇術師
「「コーラルタワー」にも置いてきてくれたか。
 よくやってくれた、感謝する!
 残る場所は「黒渦団:軍令部」だけだ、頼んだぞ。」
ル・アシャ大甲佐
「えっと、視察の項目は・・・・・・。
 メルウィブ提督がいらっしゃるのは、何時だったっけ・・・・・・。」
(守護天節のランタンを置く)
ル・アシャ大甲佐
「ちょっとちょっと! ここは黒渦団の軍令部だよ?
 勝手なことしちゃ・・・・・・
 って、魔物じゃないか!
 黒渦団へ殴りこみにくるなんて、いい度胸だね!
 こうなりゃ、全軍出撃でボッコボコに・・・・・・」
(メルウィブに変身している場合)
ル・アシャ大甲佐
「って、メルウィブ提督!?
 お、お、お早いご到着で・・・・・・!
 このカボチャは、ええと・・・・・・あたしたちに特別賞与とか?」
ル・アシャ大甲佐
「・・・・・・・・・・・・なんだ、変身した冒険者だったのか。
 びっくりさせてくれるなぁ、もうっ!
 それで、カボチャのランタンを置いておいてほしいって?
 あたしはぜんぜん構わないけど・・・・・・。
 うーん、軍令部の雰囲気に合ってないなぁ。
 不審物と間違われて、撤去されちゃうかも。
 ・・・・・・そのときはごめんね?」
ル・アシャ大甲佐
「このカボチャのランタン、悪くはないんだけどね。
 設置場所に問題があるかなあ・・・・・・。」
不気味な奇術師と話す
不気味な奇術師
「帰ったか、冒険者よ!
 それでは変身を解いてやろう。
 ランタンは、指示どおりに置いてきたのだな?
 ククッ・・・・・・うむ、実に素晴らしい・・・・・・!
 愚かなヒトでは、到底気付けなかっただろう!
 お主がカボチャのランタンを置いたことにより、
 「カボチャ頭の女」が教えてくれた魔法陣が完成した!
 しばらくすれば魔法陣が「扉」を開き、
 大量の魔物たちを、こちら側に招き入れることだろう!
 そして、我らが目的・・・・・・「魔人の夜」が再現されるのだ!」
イエロージャケット警備兵
「・・・・・・まったく、お祭り騒ぎには困ったもんだ!
 「守護天節」に乗じて、邪魔になるような場所にまで、
 馬鹿でかいランタンを置く奴がいてさ・・・・・・。」
イエロージャケット警備兵
「ああ、すっごい邪魔な「守護天節のランタン」があったわね。
 溺れた海豚亭と、コーラルタワーと、黒渦団の軍令部だっけ。
 ・・・・・・あれ、撤去したのかしら?」
イエロージャケット警備兵
「もちろん、すっぱり撤去してやったさ!
 あんな場所に置かれてちゃ、嫌がらせもいいとこだからな。
 提督の視察もあるし、放置しちゃおけないだろう。」
イエロージャケット警備兵
「あはは、当たり前よね~。」
不気味な奇術師
「・・・・・・ゴホン、か、勘違いしないでほしいのだが、
 ワシが先ほど述べたのは、お主を楽しませるための物語だ。
 ど、どうだ? ハラハラしちゃっただろう?
 しかし、物語を優先して時期と場所を決めたばかりに、
 飾りつけを撤去されてしまうとは!
 アハハ、ハハ・・・・・・この教訓は、次に生かすとしよう・・・・・・。
 う、運悪く失敗したが、お主の働きは十分だった。
 もうこの地にお主の力を活かせる場はない。
 次は「ウルダハ」へ向かってくれ!」
カボチャ頭の女?
「クス・・・・・・クスクス・・・・・・本当に面白い子たち・・・・・・。
 さあ、もっと「守護天節」を楽しみましょう・・・・・・。」
不気味な奇術師
「お主の働きに礼を言わせてもらおう、冒険者。
 次は「ウルダハ」へ向かってくれ!」
ゴドリクランに報告
ゴドリクラン
「やあ君、お疲れさま!
 潜入捜査の結果はどうでしたか?
 ・・・・・・魔法陣を使って魔物を集め、「魔人の夜」の再現を!?
 なるほど、妨害する必要もなく、失敗したんですね。
 いったい、何をしたいのやら・・・・・・。
 次は「ウルダハ」に向かうよう言われたのですね。
 失敗が続いてますから、彼らも本気を出してくるかも・・・・・・!
 「ウルダハ」へ行って、潜入捜査を続行しましょう。
 先に「ルビーロード国際市場」付近に行って、待っています!」
ウルダハのゴドリクランと話す
ゴドリクラン
「待っていましたよ!
 さぁ、一息ついたら、捜査を続行しましょう。」
不気味な奇術師
「ま、まさかランタンが撤去されるなんてなぁ・・・・・・。
 ワシが精魂を込めて作った自信作だったのに。
 ・・・・・・せめて、返却してもらいたかった。」
  守護天節のランタン:守護天節につきもののカボチャで作ったランタン