ヘンシンと森都の守護天節

ヘンシンと森都の守護天節

  • 依頼主 :ゴドリクラン(グリダニア:旧市街 X10-Y8)
  • 受注条件:レベル15~
  • 概要  :グリダニアのゴドリクランは、冒険者に手伝ってほしいことがあるようだ。

ゴドリクラン
「その姿・・・・・・よかった、君も冒険者ですね?
 突然ですみませんが、僕の仕事を手伝ってくれませんか?
 君は「コンチネンタル・サーカス」って知っていますか?
 「守護天節」を盛り上げるためと称し、エオルゼアの三都市で、
 出し物をしている旅芸人の一座なのですが・・・・・・。
 ・・・・・・大きな声じゃ言えませんが、実は、彼らは人ではありません。
 スキンチェンジャーという能力で姿を変えた、
 インプを始めとする魔物の集団なのです。
 この「守護天節」を盛り上げるだけならいいですが、
 相手は魔物・・・・・・悪さをしないとはかぎりません。
 そこで冒険者ギルドから、一座を監視する任務を請け負いました。
 ですが、どうも警戒されてしまったようで、
 これ以上、彼らに近づくことができません。
 ・・・・・・そこで、君に潜入捜査を手伝ってほしいのです。
 聞けば彼らは、出し物の協力者を募っているそうです。
 ミィ・ケット野外音楽堂にいる「面妖な奇術師」に話しかけ、
 彼らに協力するフリをしてみてくれませんか?」
面妖な奇術師と話す
面妖な奇術師
「やあやあ冒険者さん、暇そうだね!
 「守護天節」を盛り上げる出し物のため、ワタシたち・・・・・・
 「コンチネンタル・サーカス」を手伝ってくれないかな?
 昔のヒトにとって「守護天節」は、
 街で魔物が大暴れする、恐怖の時期だったらしいね・・・・・・。
 でも、大丈夫!
 ワタシたち「コンチネンタル・サーカス」は、
 ミンナを楽しませるためにやってきたのだから!
 今回の「守護天節」は、ズバリ仮装のお祭り!
 「変身の奇術」で、キミを恐ろしい姿に変えてあげるから、
 その姿で、ヒトビトを驚かせてほしいのさ!
 それじゃあ、変身の奇術をかけちゃうよ!
 変身したら「グリダニア:旧市街」のヒトを驚かせてね!
 さぁ変身だ、ホーレホレ!」
面妖な奇術師
「変身が解けたら、また奇術をかけてあげるよ!
 さあ、「グリダニア:旧市街」のヒトを驚かせてきてね!」
ゴドリクラン
「潜入捜査の方は順調でしょうか?
 ひと区切りついたら、僕に声をかけてくださいね!」
変身してグリダニア:旧市街の人と話す
面妖な奇術師
「あら、変身が解けちゃったのかな?
 それじゃもう一度、奇術をかけてあげよう!
 「グリダニア:旧市街」のヒトを驚かせてきてね!!」
ゴドリクラン
「うわっ!? ぼ、僕を驚かせてどうするんです!?
 ・・・・・・変身しているってことは、順調のようですね。
 潜入捜査がひと区切りしたら、僕に声をかけてください!」
(条件未達成)
メレヌ
「「守護天節」のお祭りで賑わっているようだな。
 皆が楽しい思いをして終わるよう、精霊様に祈るとしよう。」
メレヌ
「これは・・・・・・人ならざる姿だが、お前は本物の魔物ではないな?
 幻術で姿を変えている・・・・・・ようには見えないが・・・・・・。」
(カヌ・エ・センナに変身している場合)
メレヌ
「これはカヌ・エ様・・・・・・。
 いや、お前はカヌ・エ様ではないな?
 幻術で姿を変えている・・・・・・ようには見えないが・・・・・・。」
メレヌ
「ほう、旅芸人にかけられた、変身の奇術か・・・・・・。
 姿を偽る妖異の類いかと疑ってしまったよ。
 妖異の中には、スキンチェンジャーという変身能力を持つ、
 やっかいな者も存在するからね。
 それに匹敵する変身の奇術・・・・・・実に見事だ。」
(条件未達成)
パルセモントレ
「なにやら鬼哭隊の動きが騒がしいのう。
 「守護天節」の人出に紛れ、シルフ族でも入り込んだか。」
パルセモントレ
「ぬお、魔物じゃと!?
 なぜ都市の中に魔物が・・・・・・いや。
 もしや、幻術の類で姿を偽っておるのじゃな?」
(カヌ・エ・センナに変身している場合)
パルセモントレ
「ふぉっ、カヌ・エ様!?
 いらっしゃるとは伺っておらず・・・・・・いや。
 もしや、幻術の類で姿を偽っておるのじゃな?」
パルセモントレ
「奇術で変身した姿じゃと?
 ほほう、若いころに見たシルフ族の幻術を思い出すわい!
 それにしても・・・・・・ううむ・・・・・・
 本当に見事な変身ぶりじゃのう!
 なかなかいいものを見せてもらった、礼を言うぞ。」
パルセモントレ
「それにしても、本当に見事な変身ぶりじゃったのう。
 若いころに見たシルフ族の幻術を思い出すわい。」
(条件未達成)
セイングレド
「おかしな旅芸人の一座が来ているとかで、
 都市内の警備を厳重にしろと、お達しがあった。
 鬼哭隊に用があるのであれば、手短に頼む。」
セイングレド
「・・・・・・ッ!? 魔物だと!?
 都市内への侵入を許したか・・・・・・!
 だが、民は私が守る!」
(カヌ・エ・センナに変身している場合)
セイングレド
「カ、カ、カヌ・エ・センナ様!?
 どど、どうしてこちらに・・・・・・何か御用でしょうか?」
セイングレド
「・・・・・・奇術を使った変身、だと?
 そういえば旅芸人の一座が来ていると聞いたな・・・・・・。
 まったく、悪戯もほどほどにしろ!
 ・・・・・・いや、悪いのは変身を見抜けぬ私の眼の未熟さか。
 恩にきるぞ、自分の至らぬ点に気がつけた。
 技だけではなく、眼も鍛えなくてはな。」
セイングレド
「本物の魔物か、変身か・・・・・・。
 とっさに見分けるのは難しいな。
 もっと眼を鍛えなくては・・・・・・。」
面妖な奇術師と話す
面妖な奇術師
「お疲れさま、冒険者さん!
 ひと仕事終わったことだし、まずは奇術を解いてあげよう!
 やあやあ、街のミンナの、驚いた後の反応はどうだった!?
 ウフフ・・・・・・きっと恐怖にむせび泣いて・・・・・・。
 え、ミンナ喜んでいたって・・・・・・?
 なんで? なんで恐怖しないの・・・・・・?
 まいったなぁ・・・・・・これじゃ、恐怖の力が集まらないよ。
 恐怖の力が魔物を呼び寄せ、「魔人の夜」が再現するって、
 「カボチャ頭の女」は言ってたのに・・・・・・。
 ありゃ、声に出てた!?
 今のはそのぅ・・・・・・そう、お祭りを盛り上げる物語さ!
 物語にそって演出するなんて、なかなかニクイでしょう!?
 と、ともかく、キミのおかげで、お祭りは盛り上がったよ!
 それじゃ、次は「リムサ・ロミンサ」での協力をお願いするよ!
 今度こそ「魔人の夜」の再現をして、恐怖の・・・・・・
 じゃなくて、楽しい「守護天節」を盛り上げてきてね!」
カボチャ頭の女?
「クス・・・・・・クスクス・・・・・・楽しい楽しい「守護天節」・・・・・・。
 心ゆくまで遊びましょう・・・・・・。」
面妖な奇術師
「グリダニアでのお手伝いは十分、ありがとね!
 次は「リムサ・ロミンサ」での協力をお願いするよ!」
ゴドリクランに報告
ゴドリクラン
「おかえりなさい!
 潜入捜査で、有意義な情報は得られましたか?
 なんと、「魔人の夜」の再現ですって・・・・・・?
 ・・・・・・想像以上に刺激的な言葉がでてきたものですね。
 魔人の夜とは、「パンプキンヘッドの魔人」に率いられた魔物が、
 縦横無尽に都市を暴れまわるという、
 混沌と破壊に満ちた、恐怖の夜のことだといわれています。
 彼らの真の目的は、それを引き起こすこと?
 しかし実際には、彼らは祭りを盛り上げただけ・・・・・・。
 言動がちぐはぐですが、これは次への布石なのでしょうか・・・・・・。
 ふむ、次は「リムサ・ロミンサ」での協力を頼まれた、と。
 それなら僕たちも、当地に赴いて捜査を続行しましょう。
 先に「アフトカースル」付近に行って、待っていますよ!」
リムサ・ロミンサのゴドリクランと話す
ゴドリクラン
「よく来てくれましたね、それでは捜査を続行しましょう。
 準備がよければ声をかけてください!」
(クエスト開始前)
面妖な奇術師
「旅芸人一座「コンチネンタル・サーカス」がお贈りする、
 「とっても怖い守護天節」!
 驚きと恐怖を、思いっきり楽しんでちょーだい!!」
不気味な奇術師
「守護天節を彩るカボチャのランタンは、
 この時期に現れるという、伝説のカボチャお化けを模したもの。
 正確には、カボチャお化けの頭部を模したもの・・・・・・だな。
 フフフ、勉強になっただろう?」
胡散臭い奇術師
「旅芸人一座「コンチネンタル・サーカス」による、
 仮装パレードが始まります~!
 どなた様もお気軽に参加してくださいね~!」
面妖な奇術師
「やあやあ冒険者さん! 手伝ってくれてありがとね!!
 この調子で、ほかの都市でも協力をお願いね!」
旅芸人一座の広報係
「ワタシは「コンチネンタル・サーカス」の広報係。
 わからないことは、聞いテ! 聞いテ!」
(何を聞く?)
(「コンチネンタル・サーカス」とは?)
旅芸人一座の広報係
「ワタシたち「コンチネンタル・サーカス」は、
 大陸を横断しながら各地で公演している旅芸人の一座なノ。
 この時期になるとエオルゼアに来て、
 「守護天節」が盛り上がるような出し物をしているのヨ。
 きっと、アナタのような冒険者も気に入ると思うノ!
 魔物退治なんて忘れて、「守護天節」を楽しみまショウ!」
(「守護天節」とは?)
旅芸人一座の広報係
「「守護天節」の時期は、聖人たちが天上の宮殿に招かれ、
 夜ごと盛大な宴に興じるというワ。
 だかラ、この時期の夜は、聖人の加護が弱まって魔物が大暴レ。
 ヒトビトは家に閉じこもって門扉を閉じる習慣ができたノ。
 でも・・・・・・それも昔の話ヨ。
 今では毎日、魔物相手に冒険者が大暴レ!
 聖人の加護に代わって、冒険者が都市を守っているノ!
 こうして安全になった都市では、
 「守護天節」は、ただの楽しいお祭の季節になったワケ。
 マッタク不愉快・・・・・・じゃなくて、不思議な話よネ!」
(「変身の奇術」とは?)
旅芸人一座の広報係
「「守護天節」に向けて、とっておきの奇術を用意したノ。
 その名も・・・・・・「変身の奇術」!
 ヒトの姿を「都市の人々が畏れる姿」に変身させるのヨ~!!」
妖しい奇術師
「ぼくは、「変身の奇術」を使う奇術師・・・・・・。
 奇術のことは、「旅芸人一座の広報係」から聞いて・・・・・・。
 ・・・・・・・・・・・・きみも「変身」する?」