サスタシャを暴く者

サスタシャを暴く者

  • 依頼主 :ブルーツング(モードゥナ X22-Y8)
  • 受注条件:レベル50~
  • 概要  :レヴナンツトールのブルーツングは、冒険者に頼みごとがあるようだ。

ブルーツング
「Niuniuだったよな・・・・・・?
 あんた、ひとつ頼みを聞いてやってくれないか?
 調理師としての修業時代に知り合った友が、
 有能な冒険者を求めてるようなんだ。
 友の名はレイナー、今はイエロージャケットの司令をやってる。
 急いで「レイナー」のもとに行ってやってくれ。
 リムサ・ロミンサの「コーラルタワー」に勤めているはずだ。」
リムサ・ロミンサのレイナーと話す
レイナー
「Niuniuじゃないか・・・・・・。
 ブルーツングが、まさか君をよこすとは。
 なんとも心強い。
 ・・・・・・実は、以前、君が奪還した「サスタシャ浸食洞」が、
 またしても、海賊らしき勢力に占拠されてしまったのだ。
 襲撃を受け、撤退してきた部下の中には、
 あれは海賊などではなく、別の化け物だという者もいる。
 海から「見るもおぞましい化け物」が上陸してきたとな。
 すでに冒険者の一団を雇い、送り込んだのだが・・・・・・
 これが期待外れでな、すぐに逃げ帰ってきたようなのだ。
 ・・・・・・どうか、急ぎ浸食洞を奪還してほしい。
 詳しい状況は、サスタシャ浸食洞前にいる、
 「デ・ページャ」から聞いてくれ。」
サスタシャ浸食洞のデ・ページャと話す
顔面蒼白の剣術士
「くうっ、あやうく殺られるところだった・・・・・・。
 もう少し早めに回復してくれよ・・・・・・。
 ・・・・・・ポーションを買っておいて正解だったな。」
疲れ切った幻術士
「まったく・・・・・・しっかりしてよ、リーダー!
 こっちも化け物に追い回されて、回復どころじゃなかったの!
 ろくにフラッシュもできない剣術士を助ける身にもなって!」
無責任な弓術士
「ぎゃはははは、アンタたちはノロマね!
 楽しくやりましょうよ、楽しく!」
飄々とした呪術士
「任務には失敗しちまったが、
 生きて帰ってこれただけ、ありがたいってもんだ。
 さすがはリーダー、ツイてるな。」
デ・ページャ
「おお、レイナー司令があなたを派遣してくださるとは!
 この浸食洞を奪還した実績を持つあなたなら、成果は確実。
 そこにいる一団を先行して派遣したのだが・・・・・・
 早々に逃げ戻ってきたのだ・・・・・・まったく、情けない。
 よって、敵勢力が何者なのかは未だ不明だ。
 あなたには、敵勢力を掃討することはもちろん、
 その正体が何者なのかも確認してきてもらいたい。
 正確な報告を待っているぞ。」
「逆襲要害 サスタシャ浸食洞」の攻略
マディソン元船長
「お、お前は、いつぞやの冒険者!?
 こんな姿になったのは、お前のせいなんだぞ!」
「こ、こっちにくるんじゃねぇ! 離れやがれッ・・・・・・!」
「イタタタ・・・・・・クソッ、狙いが外れた!? やってくれるぜ!」
「はやく手を貸すんだ、野郎ども!
 また水神様のお仕置きを受けたくないだろ!」
「また負ける訳には、いかねぇんだよ!」
「イタ、イタタタタ・・・・・・
 これまた洒落にならんぞ!」
「やべぇ、本当にやべぇ・・・・・・
 野郎ども、後はまかせたぜ!?」
「またまた大事な用を、
 思い出しちまったぜッ!」
ヘールスティム副長
「船員どもめ、不甲斐ない奴らだ!
 水神様から授かったこの力で、粉砕してくれる!」
「おい、オメェら、シャキっとしねぇか!」
「オメェらも、はやく戦いやがれ!」
「くそぉぉぉ、腑抜けちまいやがって、
 海賊根性を見せてみろやぁぁぁ!」
「せ、船長・・・・・・すんませ・・・・・・ゲフッ・・・・・・」
サスタシャ浸食洞のデ・ページャに報告
顔面蒼白の剣術士
「くっ・・・・・・先を越されてしまったか・・・・・・。
 せめて、もう少し気の利く回復役がいれば・・・・・・!」
疲れ切った幻術士
「今度こそ、落ち着いて行動しなさいよね。
 功を焦ったって、ろくなことがないんだから!」
無責任な弓術士
「ぎゃはははは!
 だから、楽しくやりましょうよ、楽しく!
 ついでに適当に!」
飄々とした呪術士
「おお、君が浸食洞を奪還したのか!?
 おかげで、僕らは危険な任務とはオサラバだよ。
 さすがはリーダー、ツイてるな。」
デ・ページャ
「よくぞ、戻った!
 それで・・・・・・占拠していた敵の正体はわかったか?
 ・・・・・・クラゲのような皮膚を持つ人だって!?
 しかも、その化け物の正体は、先に浸食洞を占拠していた、
 マディソン船長の成れの果てだというのか・・・・・・?
 信じがたいが・・・・・・あなたが嘘を言うとも思えない。
 今後の対策を検討するため、遺体を回収して、
 専門家に調査を依頼するとしよう。
 あなたには、至急、「レイナー」司令に報告願いたい。
 司令は、本件の対応のために「エールポート」に来ておられる。」
エールポートのレイナーに報告
レイナー
「・・・・・・任務の達成、ご苦労だった。
 さすがは熟練の冒険者といったところか。」
イエロージャケット警備兵
「レイナー司令!
 化け物の遺体搬送が完了しました!」
レイナー
「・・・・・・これが、マディソン船長のなれの果てだと?
 見る影もないな・・・・・・。
 いったいなぜ、こんな変わり果てた姿に・・・・・・。」
????
「うわー、なにそれーキモーい!
 ゲロゲローっ!」
イエロージャケット警備兵
「これは、ご足労ありがとうございます!
 レイナー司令、こちらが遺体の調査を依頼した、
 エーテル学の研究者、シアーナ女史です。
 ・・・・・・こ、こう見えて、
 エーテル学の権威、ランベルタン先生の一番弟子・・・・・・だとか。」
シアーナ
「このお化けクラゲ、間違いなく元は普通の人だよー。
 水属性のエーテルを過剰に摂取した結果、
 皮膚が軟質化しちゃってるけどー。
 普通、生き物って、クリスタルを食べたりして、
 エーテルを過剰摂取すると死んじゃうんだけどねー。
 どうやって、生きたままでいられたのかはわからないけどー。」
レイナー
「蛮神は、祝福と称し、エーテルを浴びせることで、
 人々を「テンパード」にすると聞いたことがあるが・・・・・・。
 まさか・・・・・・。」
シアーナ
「ずずーん! もしかして、この人・・・・・・
 もともと水神「リヴァイアサン」のテンパードだったのに、
 二度目の祝福を受けちゃったのかもー。
 一度の祝福でも精神が壊れて、人はテンパードになっちゃうのに、
 それを二度も受けたら、身体だって耐えきれないよー!?」
レイナー
「・・・・・・あまりにもむごい。
 だが・・・・・・サハギン族に良心など期待するだけ無駄か。
 浸食洞を奪われたマディソン船長への罰だったのかもしれない。」
シアーナ
「そ、そ、そんな残虐なのが、
 近くをうろついてると思うと、こわいーっ!
 ああ、もう故郷に帰りたくなってきた・・・・・・。」
レイナー
「シアーナ女史、ご安心ください。
 我々イエロージャケットが、サハギン族の脅威から、
 エールポートを守り抜いてみせましょう。」
シアーナ
「さっすがーっ! それじゃあ、心置きなく研究できるわね!
 このお化けクラゲは引き取らせてね!
 今回の報酬ってことで!」
シアーナ
「じゃじゃじゃじゃーん!
 私は、報酬のお化けクラゲの研究で大忙しなのでーす!
 でも、でも~!
 シアーナちゃんの笑顔が恋しくなったら、
 いつでもエールポートに来ていいからね!」
ブルーツング
「レイナーとは、修行時代からの仲でな。
 今でもやりとりしてるんだが、ヤツは相当忙しそうだ。
 俺の料理を食わして、労ってやりたいもんだぜ。」