極まりし雷神ラムウ

極まりし雷神ラムウ

  • 依頼主 :スカーレト少牙士(グリダニア:新市街 X9-Y11)
  • 受注条件:レベル50~
  • 概要  :双蛇党のスカーレット少牙士は、冒険者に蛮神問題に関する依頼をしたいようだ。

スカーレット少牙士
「おお、貴官は・・・・・・蛮神「ラムウ」を討った冒険者殿か!
 よかった、ちょうど探していたところだったんだ。
 仮宿のシルフ族から、悪い報せが届いた。
 ・・・・・・どうやら、蛮神「ラムウ」が再召喚されたらしい。
 カヌ・エ様から伺った話によれば、
 先の一件では、貴官と蛮神「ラムウ」との戦いはあったものの、
 大局でみれば、平和的な解決をみせたという。
 ではなぜ、この状況で再召喚されたのか・・・・・・。
 いずれにせよ、調査するしかなさそうだ。
 仮宿の長であるフリクシオが、この件で貴官に話があるらしい。
 「デレシア」というシルフ族と話せば、つないでもらえるはず。
 仮宿に向かい、詳しい話を聞いてみてもらえるだろうか。
 ・・・・・・あぁ、それから。
 この件については、「暁」とも情報を共有しておきたい。
 もし、進展があったようならば、
 「暁」の方々にも、ぜひ報告しておいてほしい。
 どうか、よろしく頼む。」
シルフの仮宿のデレシアと話す
デレシア
「あなた! 探していたのでふっち!
 ラムウちゃまのことは、もう聞いてるでふっち?
 それなら、話は早いのでふっち!
 長ちゃまを呼んでくるから、
 ちょっとここで待ってるでふっち~!」
フリクシオ
「冒険者どの、よくいらしたでぶっち。
 ラムウちゃまとの一件では、ご苦労さまだったのでぶっち。
 あの場の状況は、森の気配で伝わっていたでぶっち。
 あのラムウちゃまに、力を認めさせるとは・・・・・・
 まったくもって、お見事なのでぶっち!
 きっとラムウちゃまも、納得してお帰りになったでぶっち。」
デレシア
「仮宿のみんなが、驚いていたのでふっち!
 もっとも、うわさに聞くあなたの腕前なら、
 ラムウちゃまに認められるのも、頷けるのでふっち。」
フリクシオ
「・・・・・・ところがなのでぶっち!
 悪い子シルフたちが、またもや神降ろしをしたのでぶっち!
 しかも今度は、大量のクリスタルを捧げたようなのでぶっち!
 おそらく、ラムウちゃま自身は、
 グリダニアに攻め込む気はないのでぶっち。
 冒険者どのとの、約束もあるのでぶっち。
 でも、悪い子シルフたちは、そうは思ってないのでぶっち。
 今でもヒトに怯え、憎んでいるのでぶっち・・・・・・。
 それに、ラムウちゃまにその気がなくても、
 神降ろしされて存在し続けるだけで、
 どんどんクリスタルを食べてしまうのでぶっち。
 ・・・・・・このままでは、グリダニアに限らず、
 エオルゼア全体の地が枯れてしまうのでぶっち。
 そうなれば、ラムウちゃまの意思に反して、
 あちこちで食料や資源を巡って、
 争いが起こってしまうでぶっち!
 冒険者どの、お願いでぶっち!
 もう一度、ラムウちゃまと手合わせしてほしいのでぶっち!
 ラムウちゃまに、お前さんの真の力を示してお帰り願うことで、
 悪い子シルフたちに、安易な神降ろしがいかに愚かな行為なのか、
 教えてやるでぶっち!
 ありがとうでぶっち。
 冒険者どのは、いつも頼りになるのでぶっち!
 ラムウちゃまがいる「古木の神判地」に向かうには、
 「シルフ領」の奥にある「シルフランド・エーテライト」を
 使うといいのでぶっち。
 ワチシらは、ここでラムウちゃまの気配が消えるのを、
 心待ちにしているのでぶっち!」
デレシア
「ラムウちゃまがいる「古木の神判地」に向かうには、
 「シルフ領」の奥にある「シルフランド・エーテライト」を
 使うといいのでふっち!」
砂の家のウリエンジェに報告
ウリエンジェ
「これはこれは、Nikuqさん。
 遠路はるばる、ご苦労さまです・・・・・・。
 ・・・・・・何か、憂慮する事態でも起きたのですか?
 なるほど、蛮神「ラムウ」が・・・・・・。
 サハギン族に続き、シルフ族までもが、
 この短期間のうちに、再び神降ろしを成そうとは・・・・・・。
 話を聞く限り、蛮神「ラムウ」もまた、
 恐るべき究極の力を宿していた様子・・・・・・。
 やはり、血に濡れた儀式を成したのでしょう・・・・・・。
 となれば、闇の使徒アシエンの介在は必定・・・・・・。
 闇を払わぬ限り、蛮神問題は解決し得ぬということですね。
 ともあれ、ご苦労さまでした・・・・・・。
 さすがは、「神狩る白き剣」たる光の戦士です。
 今後も、蛮神への対応を、よろしく頼みますよ・・・・・・。」
ウリエンジェ
「去る者あれば・・・・・・来たる者あり・・・・・・。
 私に何かご用でしょうか・・・・・・?」
(何を聞く?)
(蛮神について)
ウリエンジェ
「焔神、嵐神、岩神、水神、雷神・・・・・・。
 かねてよりエオルゼアに顕れし蛮神は、
 闇の導きによりて、極まりし力を得ん・・・・・・。
 未曾有の危機を退けるは、輝き増したる「神狩る白き剣」。
 あなたの功績には目を見張るばかりですが、
 少々、気がかりなことがあるのです・・・・・・。
 闇の使徒は邪悪なれど、愚者にはあらず。
 この戦いの連鎖は、果たして何処へ行き着くのでしょう・・・・・・。」