エオルゼアの守護者

エオルゼアの守護者

  • 依頼主 :スラフボーン(モードゥナ X21-Y7)
  • 受注条件:レベル50~
  • 概要  :レヴナンツトールのスラフボーンは、報告したいことがあるようだ。

スラフボーン
「お前がクルザスに行っている間に、
 設立宣言の準備は、かなり進んだようだぞ。
 ・・・・・・だが、まだタタルが忙しそうにしていたな。
 こちらは、もう十分にお前の力を借りた。
 石の家に戻り、「タタル」を手伝ってやってくれ。」
石の家のタタルと話す
タタル
「はわわわ・・・・・・アレをこっちで、コレをそっちで・・・・・・。
 もー、まとめてぽいっとしちゃいたいでっす!
 はっ! な、何かご用でっすか!?
 ・・・・・・私のお手伝いでっす?
 わーい、ありがとうございまっす!
 では、レヴナンツトールで待機している志願者たちに、
 この「群青の制服」を渡してもらえまっすか?
 先行統一組織の一員である証でっす!
 それが行き渡れば、準備はだいたい整いまっすので、
 配り終えたらアルフィノさんに報告してほしいでっす。
 それにしても、おそろいの制服でっすか・・・・・・。
 お金のある組織は、羽振りが違うのでっす!」
タタル
「レヴナンツトールで待機している志願者たちに、
 「群青の制服」を渡してもらえまっすか?
 配り終えたらアルフィノさんに報告してほしいでっす。」
レヴナンツトールで組織の志願者に群青の制服を渡す
スラフボーン
「レヴナンツトールが、これほど賑わう場所になるとはな。
 かつて、「亡者の弔鐘」なんて名づけられたのが嘘のようだ。
 だが、人が増えれば問題も増える・・・・・・。
 最近は、タタルの愚痴と世間話に付き合うのが、
 すっかり日課になってしまったよ。」
イルベルド
「・・・・・・新しい組織で、隊長に就任予定のイルベルドだ。
 第七霊災で、妻子と故郷を失くした。
 長らく塞いでいたが、今日からは平和のために尽くそう・・・・・・。」
(群青の制服を渡す)
イルベルド
「なるほど、利口な策だ・・・・・・。
 同じ服に袖を通せば、他人同士という気はしない。
 ありがたく頂戴させてもらう・・・・・・。」
イルベルド
「・・・・・・第七霊災の直後は、俺も難民同然だった。
 弱者の痛みは、よく知っている。
 だからこそ、この組織に参加する気になった・・・・・・。」
リオル
「おっと、俺を探してたのか?
 なんなら前みたいに、口笛で呼んでくれてもいいんだぜ?
 ここは少し騒がしいけどな!」
(群青の制服を渡す)
リオル
「うっひゃぁ、きちんとした制服!
 こんなもん着たら、息が詰まっちまいそうだ!
 ・・・・・・ま、とにかく着てみるさ。」
リオル
「俺が制服を着てるところ、
 元海雄旅団の奴には見せられないな・・・・・・。
 絶対に笑うぞ、あいつら!」
アリアヌ
「お爺ちゃんなら、無事に実家へ送り届けたわ。
 ふたりで旅をするのは楽しかったけれど、
 これからはわたしの意思で、みんなのために頑張るの!」
(群青の制服を渡す)
アリアヌ
「制服だね、どうもありがとう!
 わたし、組織らしい組織に入ったことがないから、
 少し緊張しちゃうな・・・・・・。」
アリアヌ
「制服が配られたってことは、
 まもなく集合がかかるってことよね。
 ふぅ・・・・・・お爺ちゃんのためにも、しっかりしないと!」
ローレンティス
「くっそー、こいつら何を見てるんだよ!
 先行統一組織の一員として、
 何も見えませんとは言えないぞ・・・・・・!」
(群青の制服を渡す)
ローレンティス
「おっ、制服の支給だね!
 なんだか、鬼哭隊に入ったときのことを思い出すなぁ・・・・・・。」
ローレンティス
「むむむ・・・・・・どう見ても異常はないじゃないか・・・・・・。
 いや、やっぱり何か・・・・・・・・・・・・・・・・・・ない!」
ウィルレッド
「驚いた・・・・・・モードゥナは貧しい土地なのに、
 どうしてこんなに活気があるんだ?
 リトルアラミゴとは、全然違う。」
(群青の制服を渡す)
ウィルレッド
「・・・・・・ずいぶん布地が多い服だな。
 わかったよ、これを着て石の家へ行く。」
ウィルレッド
「・・・・・・一応、誤解のないように言っておく。
 アラミゴ人が露出好きなわけじゃない。
 ザナラーンが暑かっただけだ。」
エルグムス
「黒渦団の赤い軍服は、自分の誇りです!
 だからこそ、エオルゼアのために立派に働くべく、
 先行統一組織に入りにきましたッ!」
(群青の制服を渡す)
エルグムス
「うおおおぉぉ・・・・・・青い制服・・・・・・ッ!
 今日からは、青い制服も、自分の誇りにします!」
エルグムス
「メルウィブ提督! お許しください!
 赤い軍服を脱ぐ自分を、お許しくださいッ!
 うおおおぉぉぉぉ!」
エフェミ
「もしかして、英雄Nikuqじゃないか!?
 ・・・・・・ああ、やっぱりそうか!
 私、蛮神を倒したあんたに憧れて、ここに志願したんだよ。」
(群青の制服を渡す)
エフェミ
「はは、憧れのあんたから、
 こうして制服を手渡されるなんてなぁ・・・・・・。
 俄然、やる気も出るってもんだね。」
エフェミ
「「暁」の活動には、前々から興味があったんだ。
 こうしてあんたの間近で働けるんだから、
 黒衣森を出てきた甲斐があったよ。」
ユユハセ
「この先行統一組織、儲からないっていう奴は浅はかです。
 情けは人のためならず・・・・・・
 そう思って、志願者になりました。」
(群青の制服を渡す)
ユユハセ
「制服とは、なかなか名案です。
 組織が名をあげたら、この制服のレプリカを作って、
 荒稼ぎしたいものです。」
ユユハセ
「昔は僕、エーテライトの衛兵してたんです。
 いろいろあって、先行統一組織にたどりつきました。
 具体的には、前職より儲かりそうってことですかね。」
石の家のアルフィノと話す
アルフィノ
「そうか・・・・・・制服も行き渡ったのなら、準備は万全だ。
 これで、設立宣言の舞台は整った・・・・・・。
 ここまで、ともに尽力してくれて、ありがとう。
 ・・・・・・おかげで、エオルゼアは新たな一歩を踏み出すんだ。
 実はもう、組織の名前も考えてあってね。
 みんなにも、気に入ってもらえるといいのだが。
 ・・・・・・では、石の家に、志願者たちを集めよう。
 これより、先行統一組織の設立宣言を執り行なう!」
アルフィノ
「皆、聞いてくれ。
 ここに集まったのは、私の思いに賛同してくれた精鋭たちだ!
 我々「暁の血盟」と意思をひとつにし、
 これからのエオルゼアを護っていくために、
 先鋒となることを選んだ勇者たちだ!
 「暁」のもとで国家間の垣根を超えた活動を行う、
 グランドカンパニー「エオルゼア」先行組織、
 「クリスタルブレイブ」の設立を、今ここに宣言する!
 あいつぐ蛮神の顕現、蛮族との確執、アウトロー戦区・・・・・・。
 エオルゼアを取り巻く危機は、何ひとつ去ってはいない!
 だからこそ我々は、先駆けとなって立ち上がる!
 我々は、「暁の血盟」とともに、
 「エオルゼアの守護者」となるのだ!
 すべては、エオルゼアのために!」
クリスタルブレイブ隊員一同
「すべては、エオルゼアのために!」
ミンフィリア
「設立おめでとう、アルフィノ。
 ・・・・・・いえ、クリスタルブレイブ総帥、
 アルフィノ・ルヴェユール殿!」
アルフィノ
「やめてくれたまえ、形だけの称号だよ。
 それ自体に何の意味もないさ。
 我々の目的は同じだ。
 神々に愛されし地、このエオルゼアの救済。
 ・・・・・・ともに、尽力していこう!」
ミンフィリア
「ええ、これからもよろしくね!」
イダ
「パパリモが、アタシとの勝負を受けてくれない!
 負けるのが怖いんだよ、絶対!」
パパリモ
「クリスタルブレイブの隊員の名前を挙げていく勝負・・・・・・
 悪い考えじゃないと思うけど、
 その前に、タタルの名簿作りを手伝うべきじゃないかな。」
ヤ・シュトラ
「リオルの話を聞くにつけ、コボルド族について、
 知らないことが多いのだと思い知らされるわ。
 海雄旅団の知識、頼りにさせてもらいましょう。」
リオル
「懐かしいねーちゃんを見つけたから、
 ナイショの情報交換をしてるのさ。
 仲間同士に秘密はなし・・・・・・だろ?」
サンクレッド
「ヒギリさんの手料理を食べるようになってから、
 体調がすこぶるよくなったんだ。
 ドマの料理が体に良いというのもあるだろうが、
 決め手はやはり、料理に込められた愛だろうね。
 ヒギリさん・・・・・・なんて優しい女性なんだ・・・・・・!」
ヒギリ
「サンクレッドさんが、ドマ料理の感想を、
 とても熱心に語ってくださるんです。
 お口に合ったようで嬉しいです!」
フ・ラミン
「サンクレッドさんったら、
 最近すっかり、ヒギリさんにぞっこんみたい。
 うふふ・・・・・・お若いことね・・・・・・。
 でも私、悔恨と復讐に生きる女性を増やさぬように・・・・・・って、
 ウリエンジェさんから監視を頼まれているのよ。
 これは、そろそろ・・・・・・。」
クルトゥネ
「そういえば、子どもたちの姿が見えませんね。
 何かよからぬことを考えていなければいいのですが・・・・・・。」
ホーリー・ボルダー
「志のある者と話していると、自然と背筋も伸びますな。
 私は「暁」側に属する身ですが、
 彼らの力になれることがあれば、是非やらせていただきたい。」
ホウザン
「新たな組織が結成されたそうだな。
 微力ながら、俺も手伝うつもりだ。」
ドウワレ
「エオルゼアの練兵法を学んでいるところだ。
 新組織を迎えるにあたって、
 知っておくべきこともあるだろうからな。」
ヨウザン
「クリスタルブレイブって、かっこいいよな!
 オレたちも「ドマブレイブ」にしようかな・・・・・・?」
コハル
「「ドマブレイブ」のソースイは、ヨウザンで決まりね!」
シウン
「すべては、エオルゼアのために!
 ・・・・・・だよね!」
ロッカ
「あ、あのね・・・・・・。
 「ドマ冒険者団」の改名をケントーしてるの・・・・・・。」
イルベルド
「・・・・・・どいつも、組織の設立が、よほど嬉しいらしい。
 俺も感慨深くはあるが、最初の任務を果たしてこそ、
 クリスタルブレイブの存在が認められるというものだ・・・・・・。」
アリアヌ
「クリスタルブレイブの設立宣言、ちょっと感動しちゃった。
 今までたくさん冒険してきたエオルゼア・・・・・・
 それを守るため、わたしにできることがあるなんて!」
ローレンティス
「どうだい、制服姿も見れたものだろ?
 ここにくるまでいろいろあったけど、心機一転だ。
 バスカロンの親父に名が届くように活躍してみせるよ。」
ウィルレッド
「お前の名前で集まった奴、結構いるんだな。
 リトルアラミゴだけじゃなくて、
 エオルゼア中で活躍してたのか・・・・・・。
 ・・・・・・尊敬するよ、素直にさ。
 オレももっと見識を広めて、強くなりたい。
 もちろん、クリスタルブレイブの一員としてな!」
エルグムス
「お呼びですか、Niuniu殿!
 自分、すでに気合ばっちりであります!
 すべては、エオルゼアのためにッ!」
エフェミ
「すべては、エオルゼアのために!
 ・・・・・・このモットー、気に入ったよ。
 最初は気恥ずかしかったが、今は誇らしく感じるね。」
ユユハセ
「おつかれさまです。
 とっととクリスタルブレイブの名を上げて、
 実入りのいい仕事が集まってくるようにしたいです。」
アルフィノ
「先行統一組織「クリスタルブレイブ」。
 マザークリスタルに導かれた勇士たち、といった意味さ。
 制服の青は、穢れなきクリスタルの色。
 そこに掲げる「クリスタルの剣」の印は、
 苦難と戦う者の証だ。
 いつか、この組織そのものが、人々を導く光となるように・・・・・・
 私もまた、戦い続けよう。」
タタル
「あわわ・・・・・・目が回るでっす・・・・・・!
 しっかり準備したつもりなんでっすが、
 名簿に漏れがあって、作り直しでっす・・・・・・。」
ミンフィリアと話す
ミンフィリア
「「クリスタルブレイブ」も動き出したわね。
 わたしたちも、気を引き締めなおさなきゃ!
 はい、わたしです。
 ・・・・・・やはり、委員会本部は消滅していたのね。
 でも、島ひとつを消し去るなんていったいどうやって・・・・・・。
 ・・・・・・それは本当なの!?
 本当にクルルがみつかったのね!?
 ああ、よかった・・・・・・。
 そう、状況は良くないのね・・・・・・わかったわ。
 ウリエンジェさんには伝えておきます。
 またあとで連絡するわね。
 ええ、それじゃ。
 バルデシオン委員会本部の調査団からの連絡よ。
 友人が見つかったって・・・・・・。
 まだ意識は戻らないようだけど、無事でよかった・・・・・・。
 ・・・・・・消滅したというバル島の周辺海域から、
 未知の魔法の痕跡がでたらしいの。
 以前、北ザナラーンで起きた、
 古代魔法「アルテマ」の痕跡に近いらしいけど・・・・・・。
 ・・・・・・まさかアシエンたちが?
 ガレマール帝国との戦いのあと、
 マザークリスタル・・・・・・「ハイデリン」の声を聞いた?
 そう、あなたにも聞こえないのね。
 ・・・・・・わたしもなの。
 なんだか、とても嫌な予感がするわ・・・・・・。
 ルイゾワ様・・・・・・。
 どうか、「暁」をお護りください・・・・・・。」
オルシュファン
「了解した。
 物資の手配が整ったのは朗報だな。
 ふふ、あいつの喜ぶ顔が目に浮かぶようだ。
 今日は、やけに風が騒がしい・・・・・・。」
守るために立ち上がる者、壊すために振り下ろす者
それぞれの意志が、氷結せし大地を揺れ動かす・・・・・・

  ――汝にクリスタルの導きあらんことを!

つづく
ミンフィリア
「「暁の血盟」が「クリスタルブレイブ」という力を得たことは、
 同時に、大きな責任を負ったということでもある・・・・・・。
 その覚悟をすることは、簡単ではなかったわ。
 でも、こうして設立された今は、とても心強く思っているの。
 わたしたちも、気を引き締めて頑張りましょう!」
  群青の制服:先行統一組織の為に作られた真新しい制服