ざわめく街角

ざわめく街角

  • 依頼主 :ミンフィリア(暁の間 X6-Y5)
  • 受注条件:レベル50~
  • 概要  :石の家のミンフィリアは、冒険者に指示を出したいようだ。

ミンフィリア
「アルフィノのお手伝い、ご苦労さま。
 「暁」に協力してくれる組織ができるのは、
 わたしとしても心強いわ。
 設立宣言は、石の家で行うそうよ。
 タタルさんが準備を進めているけれど、それが終わるまで、
 志願者たちはレヴナンツトールで待機しているの。
 急に人が増えて、混乱が起きているかもしれないわね・・・・・・。
 「スラフボーン」さんのところへ行って、
 困ったことがないか聞いてくれるかしら?」
レブナンツトールのスラフボーンと話す
スラフボーン
「おお、どうした?
 何やら新組織ができるとかで、忙しいんだろう。
 はっはっは!
 この程度の人数が増えたところで、そうは困らんよ。
 むしろ、いつもより活気があっていいくらいだ。
 ・・・・・・だが、気遣いには感謝する。
 新組織は「暁」の下につくというから、
 お前の負担が少しでも減ることを願っているよ。」
????
「スラフボーンさん!
 た、た、大変ですっ!」
スラフボーン
「開拓団の・・・・・・物資輸送隊か!
 その傷は、いったいどうしたことだ!?」
ギルド本部の冒険者
「そ、それが・・・・・・。
 私たちは、開拓団宛の支援物資を預かって、
 レヴナンツトールまで運んでくる予定だったんです。
 けれど、モードゥナに入る手前・・・・・・
 クルザスの地で、異端者らしき集団に強襲されました。
 どうにか逃げ出してきたものの、物資は・・・・・・。
 ごめんなさい、物資はすべて、
 異端者に奪われてしまったんです・・・・・・ッ!」
スラフボーン
「・・・・・・事情はわかった。
 まずは、お前たちが無事で何よりだ。
 人を呼ぶから、手当てを受けるといい。
 問題は支援物資だが・・・・・・。
 物資が異端者の手に渡ったとなれば、
 開拓団だけの問題ではなくなるな。
 イシュガルドにも、連絡が必要かもしれん・・・・・・。
 奪われた支援物資は、どこからのものだ?」
ギルド本部の冒険者
「イシュガルドのフォルタン家・・・・・・。
 キャンプ・ドラゴンヘッドから運んできた物資です!」
スラフボーン
「なるほど・・・・・・。
 ならばなおさら、連絡しないわけにはいかないな。
 Niuniu、お前はたしか、
 フォルタン家の騎士とも親交があったな。
 かの地へは、開拓団から今すぐ伝令を送る。
 その上で、お前も現地に赴き、力を貸してやってはくれないか?
 お前が忙しいのは重々承知している・・・・・・。
 だが、ハンパ者を送って被害が広まりでもしたら、
 イシュガルドとの関係が悪化しかねないのだ。
 頼まれてくれるか、ありがたい。
 ・・・・・・では、さっそくキャンプ・ドラゴンヘッドへ。
 キャンプを預かる「オルシュファン」卿を訪ねてくれ。」
スラフボーン
「キャンプ・ドラゴンヘッドの
 「オルシュファン」卿を訪ねてくれ。
 先立って、開拓団からも伝令を送っておく。」
ギルド本部の冒険者
「大事な物資を預かっておきながら、面目ありません・・・・・・。
 異端者が、あれほど手ごわいなんて・・・・・・。」
キャンプ・ドラゴンヘッドのオルシュファンと話す
オルシュファン
「おおお、Nikuqではないか!
 どうした、さらに強靭になった肉体を、
 私に披露しにきたのか!?
 ・・・・・・違う?
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・本当に?
 ふむ、ならば仕方あるまい。
 その顔を見れば、重要な用件だということはわかる。
 盟友たるこのオルシュファンに、何なりと言うがいい。」